カワラヒワ

ブラインドから野鳥を撮るという作戦、これは新米にはありがたいものです。
下の写真は、どれもガラス越しに撮ったカワラヒワちゃんたちです。
野外ではとても、これほど近くからの写真は無理。 
 
キッチンから撮った、我が家自慢のエビフライちゃん‥違う!
カワラヒワちゃんたちを、どうぞ~♪
 

カワラヒワ・トナカイエンシス
 

カワラヒワ・ペガサス・ゴンザレス
 

 
う~、やっぱヒマワリの種は、ホーマックのに限るわねぇ~
 


さあ、いくわよ~!連続前回り!
 

世界のために今、私にできることって‥ 何なんだろう?

アオジ

これだけ精一杯さえずっているのを見ると、実に気持ちがいい。
春が来たことが、嬉しくってしょうがないみたい…。
 
一緒にさえずってみたくなるけれど、さえずり方が分からない。
ん?そういう問題じゃないか…。  
 
…恵み野中央公園…

ハシボソガラス

今まで見たカラスの中で、一番素敵に見えました。
 
強い風のせいで 小さく波立つ水面は、春の光を受けてきらりきらり‥。
公園内の小さな池は、まるで どこか遠くの湖のようです。

お~い、カラス君。ちょっと見直したよ~!

…恵み野中央公園…

私は誰ですか?

当分エゾエンゴサクは見られないかなぁ‥なんて思っていたけれど、
先日訪ねた恵庭公園で、数年ぶりに その群生を見ることができました。
こんな近くで こんなに美しいエゾエンゴサクを見ることができるなんて‥
知らなかった。 

公園内のエゾエンゴサクを見ていて、ちょっとした わだかまりが
す~っと 解けて消えた気がしました。
 


 ♪~♪~♪~♪~♪~♪~♪~♪~♪~♪~♪~♪~
    

下の3枚の写真は、西島松で見つけた野鳥です。
どの野鳥も、〇〇です!と言う自信が今ひとつ。 
新米バードウォッチャーの悲しさです。 
 
 

多分、これはノビタキの雌かと‥。近くにノビタキ君がおりましたので。
でも、なんだか冠羽があるように見えて 確信が持てません。 
風で羽が逆立っているだけなのでしょうか?
 

そしてこれも、正体不明です。
白い眉斑があり、スズメより少し大きく見えました。 
この写真では はっきりしませんが、羽に白いラインが見えました。 
 
もしかして、ニューナイスズメの雌‥でしょうか?

 
こちらは、イソシギではないかと思っていましたが、
「腹の白色が肩に食い込むのが特徴」とある記述と合いませんし、
 飛んでいたときに見た真っ白な尾 も違うようです。
なにしろ写真がこの通りなので、判断が難しい。 
どなたか助けて~! 
 

P.S.その後、図鑑とにらめっこの結果、
最後の写真はおそらく“コアオアシシギ”だろうという結論に‥。
大きさといい、「ピッ、ピッ、ピッ」という鳴き方といい、まさにピッタリ!
数はそう多くないらしいので 遭遇できてラッキーでした。
ただし、判断が合っていればの話ですが‥。

メギとカワラヒワ

このところ毎日庭にやって来るカワラヒワ。
今日は珍しく、“メギ”の木に止まっていました。
 

ん?メギの木?!

それは、大変。メギの木の別名をご存知でしょうか?
「コトリトマラズ」‥そうなんです。
小鳥も止まれないような鋭いトゲをもっている、ということで付いた名前です。

何だか羽を膨らませて厳しい顔つきに見えるのは、気のせい?
 

うわぁ~、痛そうですね。
ていうか、実際かなり痛いです。(経験者は語る)
早速明日、メギの木を移動することにしましょう。


カワラヒワの尾‥どうしても、エビフライを連想してしまいます。

ゴジュウカラ

久しぶりにスッキリと晴れた、気持ちの良い日でした。
朝は薄氷ができるほどの冷え込みでしたが、
日差しの中ではそれも気になりません。

せっかくのお天気なので、恵庭公園に行ってみることにしました。
 

お馴染みのゴジュウカラです。
首周りが太く、まるでラグビーのフォワードのようです。
(私、昔ラグビー部のマネージャーをやっておりました。) 
 
バスト、ウエスト、ヒップ‥いずれも同サイズ!
こうはなりたくないものだ、と思っていたら‥ 
 

羽づくろいの姿を見れば、
ありゃりゃ‥
な~んだ、普通の小鳥と同じ体形なんだ。 
 
でもこの写真だけでは、(駆け出しバードウォッチャーなら)
“見たことのない鳥”となってしまうかも‥。

カワラヒワ

ここ数日、お天気の悪い日が続いています。
昨日は雨の合間をぬってフィールドにでかけることができましたが、
今日は一日中雨でした。
 

バードフィーダーの中身はひまわりの種。
正露丸は入っていません。 
 
 

外に出られないときは、家の中からパシャリ!

野鳥にとっては、この程度の雨なら問題外。
平然とした顔で、ヒマワリの種を食べ続けます。

カラ類などとは違って、口にくわえたまま
ムシャムシャ‥ 器用なもんですね。
 

雄から餌をもらっているところです。
雄は雌よりも全体に色が鮮明で、シュッとした感じ。
雌は餌をもらった後で、ちょっとだけ羽をふるわせていました。

あ~、ラブラブです。
おかげでピントまであまくなってしまいました。

お幸せに‥ 
 

アカゲラ

朝のうち降っていた 雨も、10時くらいには上がったので
待ちきれないようにしてフィールドに‥。
 
沼に向かう途中、アオジ、ノビタキ、カワラヒワ、コチドリ、
ハクセキレイ、ヒヨドリ、キジバト、アオサギ、マガモ、
それに 姿は見えないけれど、
2羽のウグイスの美しい鳴き声を聞くことができました。
 
沼にはコガモが3羽とヒヨドリやアオジが飛び交っていましたが、
猛禽類の姿は今日もなしです。 
 
沼から見えた落葉樹の幹にアカゲラを発見!
その風景がちょっと素敵だったので、そのままの写真をアップしてみました。
 


ダルマさんが転ん‥

‥ だ!

(恵庭市西島松)

アオジ

初めてアオジを見ました。

何処にでもいる珍しくもない鳥だそうですが、
初対面の私にとっては興奮の瞬間でした。
ゆったりとした美しいさえずりで、
思わずにっこり!
待ちに待った、夏鳥の季節が来たようです。 
 
双眼鏡で姿を確認した後、
今日は遠くから少しだけ撮らせてもらいました。
(恵庭市西島松)