ノビタキ&アオジ

今日は久しぶりの秋晴れでした。
こんな日は、早朝から鳥見にお出かけ~ ♪
今日こそは、シギをバッチリ撮るぞ~!
でも、目的地にシギは‥居ない。(涙)
仕方ない。
とりあえず、そこのノビタキ夫人。
はい、チーズ!

ノビタキ氏も、チーズ!

あれ、今時期にノビタキのちびっこですか?

 
はは~ん。
それでパパとママお揃いで、近くに来てくれたわけでしたか。
今時期の子育てじゃ大変でしょうけれど、
頑張ってくださいね。

おや、こちらのアオジさんも
心なしか幼く見えます。

南に移動する前に、み~んなしっかり餌を食べて
ちゃんと体力をつけるのだよ。
寒~い日が、すぐにやってくるよ。

ノビタキ&アオジ” への4件のコメント

  1. シギは、ボウズでしたか。
    ままならぬところが、また、挑戦の気力を湧かせるのですね。

    ノビタキ、幼い子を見守って、旅立ちに間に合うのでしょうか・・・・たぶん間に合うでしょうね。
    人間が余計なお世話をしない方が良いのですね。

  2. ジャニーギター様

    実は、この後でシギを見つけました。
    でも、納得のいく写真はまだまだです。
    ジャニーさんの仰るように、
    ままならぬところが闘志を煽ります。
    めげずに頑張ります。

    あちらこちらでチビ鳥を見かけます。
    渡りは厳しいかも‥。と思いますが、これも自然の摂理。
    でもやはり、ちょっと胸が痛みます。

  3. ほんとめっきり寒くなりましたね。
    でもエノコログサは青々としてますねぇ。
    ノビタキの冬羽ってこんなになるとは知りませんでした。
    ほんとあの可愛い姿からは想像もつきません。

    雁達の渡りの声も窓の外から聞こえるようになりました。
    チビッ子達もどうか無事に育って欲しいものです。

  4. sorapuchi 様

    そうなんです。
    赤くなったエノコログサが見たいのですが、
    こちらではまだまだのようです。

    ノビタキの冬羽は、ちょっと怖い。
    体型は相変わらずのチョコボール体型で和みますが、
    顔がチンピラ風です。

    長都沼でも時々、ヒシクイの小さな群れを見るようになりました。
    これから少しずつ水鳥が増えてきそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。