冬の風景(小樽編) トビ


冬の小樽のお天気は なかなか気まぐれで、
気持ちの良い天気だと思っていても‥

いつの間にか暗雲が立ち込め‥

薄暗い空から、雪が舞い落ちてきます。

漁港に集まったトビの姿は
降りしきる雪で、あっという間に霞んでしまいます。

この北国の冬の風景が 妙に心を捉えて離さないのは、
もしかしたら 私が暖地育ちだからなのかもしれませんね。

冬の風景(小樽編) トビ” への4件のコメント

  1. 降るしきる雪の中を飛ぶトビ、一瞬、オジロかと思ってしまう力強い写真ですねぇ。
    赤灯台の背景は祝津? 朝里?? 
    しばらく海へは出掛けてません。 海もいいですねぇ、、

  2. sorapuchi 様
    あっ、雪が降り出した!
    と思ったら、あっという間に視界が悪くなるほどの降り方になりました。
    トビもオジロに見えると言われ、さぞかし喜んでいることでしょう。

    赤い灯台は、北浜岸壁あたりで撮ったような気がします。
    高島漁港だったかなぁ‥。
    祝津の展望台からは、楳図かずおさんを連想させる紅白ボーダーの
    日和山灯台がよく見えました。

  3. sorapuchi 様
    穴があったら入りたい‥。
    赤灯台の背景は、朝里でした。(恥)

    見られないかもしれないけれど、一応書いとこっと!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。