ノビタキ・コウライキジ 見~つけた!

虫しか撮れないのでは情けない。
気合を入れて鳥見に出かけよう~!
と考えていたのだけれど‥
ここ数日はグンと気温も下がり
ゴーゴーと吹く強風続きで
すっかり気合は何処かへ消えてしまっていました。
昨日になって風がおさまってきたものの、お天気が今ひとつ。

3時を過ぎた頃からやっとお日様が顔を出し始めたので
それじゃあ、ちょっと出かけるかと
近くのフィールドまでテクテク‥。
ワスレナグサの仲間でしょうか?
淡い色合いの小花が、風に吹かれてゆらゆらと揺れていました。
シウリザクラ
アカゲラ
つがいのノビタキは、虫をくわえて、こちらを威嚇します。
もう子育てが始まっているのかな‥。
すぐに向こうに行くからね。

ノビタキ(オス)

ノビタキ(メス)
こちらは寂しげなオス1羽
メスはどうした?
大型の多年草‥ 
エゾニュウに似ていますが、断定には自信がありません。

この手の花の上にとまった野鳥、撮りたいんだよなぁ~。

アオジ(オス)
スズメ
久しぶりの再会となった、コウライキジ(オス)
ゆっくりと後を追いながら、パシャ!
パシャ!
コウライキジの姿が草陰に隠れたのを見計らって、猛ダッシュの私。
角からそろりと顔をだしたら‥
コウライキジは一目散に走りだし、
写真はどれもブレブレでした。
驚かしてごめんね。

この日西島松のフィールドにいた野鳥は 写真の他にも
ウグイス、コムクドリ、アカハラ、カワラヒワ、ヒヨドリ、カラ類、
キジバト、カッコー、ムクドリ、センダイムシクイ、ニューナイスズメ、
コチドリ、ハクセキレイ、マガモ、ハシブトガラス等々でした。

ホオアカやオオジュリン、いてもよさそうなのに何故か見たことがありません。
不思議~!

マルハナバチ

最近は身近な鳥ばかりを撮っていましたが、
ここに来てついに鳥が1羽も撮れず
今日の収穫はマルハナバチと毛虫だけとなってしまいました。
そのマルハナバチが、これで‥
 毛虫が、これです。
ヤバイ‥
明日は真面目に鳥を探すかな‥。

売却済み

さわら~、何見てるの?
ほうほう、スズメさんを見てたのかぁ‥ 
 あはは‥スズメさんも巣箱を見てるんだ‥。
そこは売却済みですよ~。
ほらほら、シジュウカラさんが怒ってるよ。
別の物件をお探しあそばせ。
さわら、そろそろ鳥見 終わりにしようよ。
うん、もうちょっとだけ‥。
あのね、さわら。
巣箱の中じゃ、シジュウカラさんが卵を温めてるんだよ。
もう少ししたら、ヒナが生まれるからね。
だからおまえも、
驚かさないようにそっと見るんだよ。
そう、そっとね‥

新緑を歩く 北大研究林

今回は、新緑の北大研究林から‥
いつもの池には、キンクロハジロが2番いと‥
お馴染み、マガモ(オス)に‥ 
マガモのメスが少数おりました。
よちよちと歩く姿は、何時見ても可愛いいものですね~。
おっ、さすが女の子!
 椅子に腰かけていると、シマエナガがやって来て‥
愛嬌を振りまいてくれました ♪

 迫力満点の 花後のミズバショウ
ヤマガラさんや‥
ミヤマカケスにも会えました!
もう山に帰ったかと思ったけれど、まだ居てくれたんだね ♪ 
そして‥アカハラ
この子の頭には、瘤があるみたい‥
こっちの子は、普通
 アカゲラさんは、のけぞって新芽を食べておりました~
コゲラさんは、背伸びをして新芽を狙っておりました‥
そうそう、横着しないで移動しましょ♪
 久しぶりに見た北大研究林のエゾリス
この日は初夏の陽気でした。
吹く風が心地よく、小鳥のさえずりがまるで子守唄のように聞こえてきました。

新緑を歩く

今の季節は、何処を歩いても気持ちがいい ♪

若葉には命の力がみなぎっているし、
吹く風はどこまでも心地いい。

ニョキニョキと成長したフキノトウとスズメ
葉の縁にとまる小さな虫
フレンドリーなノビタキ
ふわふわと風に舞うフキノトウの綿毛
丸い目をしたコムクドリ
緑に溶け込むヤマガラ
水浴びで濡れた体を‥

‥丹念に羽づくろいするヒヨドリ

さわさわと 風に揺れる若葉

森の中のキビタキ

何もかもが輝いていて
何もかもが愛おしい‥

石狩浜のシギ達

5月が終わってしまわないうちにと、
先日 シギを探しに出かけて来ました。

海岸をとことこ歩いて探すけど、な~んも居ない。
惨敗か‥と諦めかけたとき

4羽の野鳥が、砂浜から飛び立ちました。
おぉ‥居た、居た。
大きいの1羽と小さいの4羽。
シギだな‥。

大きなシギは、オバシギ(夏羽)で

小さなシギは、ハマシギ(夏羽)でした。
お腹が真っ黒です。
しばらくして、ハマシギの近くに1羽のシギが居ることに気づきました。
ハマシギと同じくらいのおチビさん。
初見のミュビシギ(夏羽)です。
やがてミュビシギはハマシギと合流。
シギ類って、同じ種じゃなくても結構一緒になりますよね。
下の写真、最後尾がミュビシギです。
ダイゼンとかムナグロにはお目にかかれなかったけれど、
黒いお腹のハマシギを見られたから 
めでたし、めでたし ♪

でもいつか、ムナグロとかチュウシャクシギとか
そうそう、キョウジョシギなんかも見られるといいなぁ~。

できれば、近くで‥

コサメビタキ 営巣

コサメビタキが2羽、チョロチョロしています。
写真を撮ろうとゆっくり接近。
何故か、あまり遠くに逃げて行きません。
よく見れば、嘴に何か咥えています。
虫?‥それとも巣材かな?
それほど大きくないイチイの木の枝に
盛んに何やら運んでは、居心地をチェックしています。
抱卵しているようでもないし、ヒナに餌をやっている様子もないところを見ると
やはり どうやら巣作りの最中のようです。
力を合わせて、りっぱなお家をつくってね。

今森の中、小鳥達は大忙し。
可愛いヒナの姿が見られるのも、そう遠くないことのようです。

ノゴマ

真っ赤な喉と、はっきり くっきりの白いアイシャドウ。
ピ~ンと立った尾羽に、長い足。
ノゴマのオスは、ホント遠目にもよく目立ちますよね~。

お久しぶりです、ノゴマさん。

さえずっていますね~♪
この赤い喉から「日の丸」の俗称があるとか‥
申し分のない順光のノゴマは、電線の上でした~。ちょっと残念‥
やっとできた鳥見に気分は最高~!
ノゴマさん、お付き合いありがとうね ♪

在庫から

庭仕事に追われる毎日で、ほとんど外歩きをしていませんでした。
やっと一段落ついたので「鳥見にでかけよう~!」っと思った途端、
雨になっちゃって‥。
しばらくお天気が悪そうなので、在庫写真をズラッと並べてみました。
撮った時期は4月後半から5月上旬にかけて。
場所は、恵庭、長都、苫小牧、札幌などです。
カワセミ(メス)
オオジュリン(オス)
アオジ(オス)
スズメ
エナガ
カワセミ(オス)
ヤマセミ(オス)

コムクドリ(オス)

 ヒガラ
 
エナガ
暗かったり、背景が悪かったり、ピントが甘かったり、
写真は どれも今一つですが、まぁご愛嬌ということで‥。
あ~、早くお天気にならないかなぁ~。