2012年の鳥 その1

あっという間に大晦日です。
今年も鳥を求めて、ずいぶんあちらこちらを回りました。

ここ数日はまともに鳥の写真を撮れずにいるので、
1年間を振り返ってみることにしました。

オジロワシ (2月)

 タンチョウ (2月)
オオワシ、オジロワシ (2月)
オオワシ (2月)
カワアイサ (2月)
越冬カワセミ (2月)
ウミアイサ (2月)
 ヤマセミ (3月)
 ビロードキンクロ (3月)
 オオハム (3月)
 ウミスズメ (3月)
 クロガモ (3月)
 ハジロカイツブリ(夏羽) (3月)
 ハシビロガモ (3月)
 コクガン (3月)
オシドリ  (4月)
 コゲラ (5月)
イカル (5月)
ハマシギ・ミユビシギ (5月)
後半に続く‥

2012年の鳥 その2

エゾフクロウの雛 (6月)
 ノビタキ(幼鳥) (6月)
ノビタキ(雄) (7月)
ビンズイ (6月)
ギンザンマシコ(雄) (7月)
ノゴマ (7月)
 アカモズ (7月)
 シノリガモ(雌) (7月)
 ホオアカ (8月)
 ベニマシコ(雄) (8月)
 ウグイス(幼鳥) (8月)
 カワセミ (8月)
 バンの親子 (8月)
バン(幼鳥) (8月)
 クイナ (8月)
メダイチドリ (8月) 
 ハヤブサ (9月)
エリマキシギ(9月)
ミユビシギ (9月)
トウネン (9月)
オオソリハシシギ (9月)
 エゾライチョウ (9月)
 マヒワ (10月)
 ハギマシコ (11月)
 コミミズク (12月)
待ちに待ったエゾフクロウの誕生や
憧れていた鳥との初めての出会い
間近に見る生き生きとした鳥の姿は、心躍るものでした。
現場でご親切にして頂いたことも、鳥見の楽しさを広げてくれました。
「私はもう撮り終えたから。」と、場所を譲って下さった方。
写真の撮り方を丁寧に教えて下さった方。
「がんばれよ。」と励まして下さった方。

この場でお礼を申し上げます。
ありがとうございました!

それから‥

1年間 拙いブログにお付き合い下さった皆様、
本当にありがとうございました。

皆様にとって2013年が、素晴らしい年となりますよう 心から願っています。

赤い実

昨日、とうとう最低気温が-20℃を下回りました。
あちらこちらでけあらしが発生し
川に留まるハクチョウ達が、ぼんやりと霞んで見えました。
寒い、寒い。
吐く息で、髪の毛が凍りついてしまいます。
 ダイヤモンドダストのきらめきは、厳しい寒さに耐えたご褒美‥かな。

大地も川も池も森も、吐く息でさえも
なにもかもがすっかり凍りついてしまいました。
モノトーンの世界で
色を失わないでぶら下がっている赤い実が
なんだか愛しく思えました。  
元気に飛び回るハシブトガラが、とても勇敢に見えました。

スズメの気持ち

スズメの群れをよく見るようになりました。
バードフィーダーにも、ちょくちょくやって来ます。
やって来るのはいいのだけれど、
食べもしないのにひまわりの種をまき散らして行くので困っています。
高さのある器をバードフィーダーに入れてみましたが、結局は同じ。
中に入って、種をまき散らします。
‥いったい何の目的で?
スズメが居なくなるとカラ類がやって来ますが
カップにはほとんど餌が残っていません。
下に落ちてるの、見つけて食べてね。
ヤマガラ
ヒガラ
残り少なくなったノイバラの実目当てに、ヒヨドリやツグミもやって来ます。
ツグミは控えめな性格て、ヒヨドリが来るとすぐに逃げます。
弱虫ツグミ
ヒヨドリは、段々大胆になってくるようです。
近い‥。

それにしても、スズメの気持ちが分かりません。

いったい何の目的で、ひまわりの種をまき散らすのでしょう。
ただ遊んでいるのでしょうか?
それとも、食べられる餌が種の下に隠れているとでも思っているのでしょうか?

謎は深まるばかりです。

上手く撮れない

ジュルル、ジュルリと鳴きながら、シマエナガが飛んで来ました。
細い枝先に器用にぶら下がったり、ちょこまかと身軽に飛び回ります。
かわいいな~。と思うのだけれど、
シャッターを押すタイミングがいつも少し遅いみたいで
写っているのは枝だけだったりします。
なんとか撮れていた写真1
写真2
こちらはウソ。
2週間ほど前に恵庭公園で撮りました。
あまり出来がよくないないので、
ちゃんとした写真が撮れたら載せようと思っていましたが、
それ以来さっぱり見かけなくなってしまいました。
仕方ないので、その写真を掲載することにします。
不出来なウソの写真 その1
その2
その3
その4
野鳥を撮るのは難しいです。

透明人間になって、タケコプターがあればもう少しいい写真が撮れるかも。
でも、飛んでいる猛禽はそれでも無理かなぁ‥。

やっぱり地道に腕をみがくしかないか。

シメの大群

突然目の前に現れた鳥の大群。
道を次々に横断して行く、その数のすごいこと。
何、何?いったい、これは何者?
とっさのことに、しばらく茫然と立ち尽くしていましたが
シャッターチャンスを逃しては勿体ないと、慌ててカメラを構えました。
でも‥難しい。
かなりのスピードで、なかなかピントが合いません。
鳥は、シメでした。
こんな大群は、今まで見たことがありません。
北方圏から南下してきたのでしょうか。

シメの大群は更にいくつかの小群(それでも数百~数千)に別れて
畑で採餌していましたが、なにかの拍子に一斉に飛び立ちます。

ノスリです。
シメの群れを狙って、数羽のノスリがやって来ていました。

ノスリのアタックをかわしたシメ達は、豆畑に舞い降りて採餌を続けます。
遠くに、ひときわ大きな翼の鳥を見つけました。
オジロワシでした。
シメの大群を狙う猛禽は、他にも次々とやって来ました。
ハヤブサにオオタカ、チュウヒ(今の時期なのでハイチュウの雌かもしれません)、
それに獲物を横取りしようと狙っているトビ達。
シメは猛禽が近づくたび、ひと塊になって逃げます。
木の枝で、ひと休みするシメ
餌場となった豆畑
ネットの上でひと休み
至近距離で‥パシャ!
初めて見たシメの大群と、それを狙う猛禽との攻防は迫力満点でした。
あ~、ドキドキしたぁ‥。

風邪が治った~!

やっと体調が良くなったので、午前中鳥見に出かけました。
気温は低めですが、青空を見るのは久しぶり。
気持ちがいい~。
ツリバナ
アカゲラ
 枝の向こうに、居ました。居ました。
エゾフクロウです。
ねむねむ‥ 
眩し‥い?
フクロウを見ると、癒されます。
今日も会えたね。
写真を撮らせてくれて、どうもありがとう。

さわら

年の暮れは なにかと慌ただしく、どうも落ち着きません。
あれこれと雑用に追われながらの鳥見でしたが、
無理がたたったか、2日前から風邪でダウンしています。
無情にも今日はかなりの雪が積もり、朝から雪かき。(涙)
お昼過ぎにやっと終わり ベッドでダラダラと過ごしていましたが、
いつまでもじっとしていられない性格の私。
薬を飲んで、流し台と換気扇の掃除だけ片付けました。
期日前投票をしておいて良かった‥。
鳥見にはまだ行かれそうもないので、
今日は、私のパートナーの紹介をすることにしました。
猫に興味のない方はスルーしてくださいね。
さわら(♀) 2才 
 趣味は、鳥見です。
好きな鳥はカラ類全般で、カラスを見ると異常に興奮します。
また明日からは冷え込みが厳しくなりそうです。
皆様もお風邪には気を付けてくださいね。

スズメの日

 昨日は寒い寒い1日でした。
朝の最低気温は-13.6℃。
厚着していても手足の先がジンジンするような寒さでした。
この冷え込みで、外は一面白銀の世界に‥。
まるで氷の国に迷い込んだみたいです。
厳しい寒さのせいか、鳥の声が全くしません。
生きものの気配ゼロです。
これじゃあ仕方ないと場所を移動。 
農家の庭先で、草の種をついばむ スズメを見つけました。
はらはらと落ちる雪に陽が当たって、とても綺麗~。
  
しな垂れた草の先端にとまった2羽のスズメ。
1羽が飛び立った途端、重りをなくした草は勢いよく 跳ねあがって
もう1羽のスズメは、大きく右に左に揺れました。
その様子があまりに可笑しかったので、思わず声をたてて笑ってしまいました。
スズメ、可愛かったなぁ‥。
 でも、早起きして撮れた写真がスズメだけでは寂しすぎますよね。
少し気温も上がってきたみたいだから、もう1度鳥探し頑張ってみようかな~。
 鳥の声がします。
ヒッポ、ヒッポ、ヒッポッポ ♪
あの声は、もしかしてベニマシコ?
居ました。居ました。
間違いなくベニマシコのオスです。
( 写真右下 )
はるか遠く、草の間から撮った写真なのでご覧の有様ですが
証拠までに‥。(恥) 
時々道を横断する鳥がいます。
カラ類が多いですが、シメやアトリの姿も確認できました。
豆粒のアトリ
これは‥あれ?
もしかして、ミヤマホオジロ!?
( 遠く+逆光+枯草+へたっぴのため、これが精いっぱいでした~。)
水路にミコアイサが3羽(オス2、メス1)が泳いでいました。 
この日は他にも、ノスリ、ダイサギ、アオサギ、オオハクチョウ、カイツブリ、マガモ
トビ、ハシブトガラス、ヒヨドリ、シジュウカラ、ヤマガラ、ハシブトガラ
ヒガラ、シメなどを見ました。

でも結局、ちゃんと撮れたのはスズメだけ。
コミミズクの日の翌日は、スズメの日となりました。

コミミズクの日

久々に、カメラを持つ手が震えました。
コミミズクです。
遠くへ飛んで行ってしまわないでと願いながら、
シャッターを切りました。
あっ、飛んだ。
ふぅ~、良かった~。
近くの低木にとまってくれました。
 この時期にコミミズクを見たのは初めてでした。
これだけ近くで写真を撮れたのも 初めてでした。
今日は良い日だと、日めくりカレンダー(大橋さんの)を見たら
なんとコミミズクが載っていました。

追伸
撮影場所は鵡川ではありません。
ここでコミミズクを見たのは、この日と翌日の2日間だけでした。
移動中にちょっと立ち寄っただけかもしれません。
いずれにしろ、ラッキーなことでした。