ヒヨドリの子

雨の降る前日だったから、先週の木曜日かな。

放置していたランブラーローズのシュートを切り落としていたら、

ヒヨドリの雛がこっちに向かって飛んで来ます。

余裕もなにもない、必死の飛行です。

きっと巣立ったばかりの雛なのでしょう。

目と鼻の先のユーパトリウム(草丈2m)の中に、バサバサと落ちました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

上手く飛べないせいなのか、人に対する警戒心が薄いせいか、

雛はじっとして飛び立つ様子がありません。

夕方の7時前。 もう写真は無理かも‥。

そう思いながら、カメラを取りに家に戻りました。

数分後、庭に雛の姿は見当たりませんでした。

そうだよな‥。

と次の瞬間、黒い塊がこちらに向かって飛んで来ました。

ヒヨドリの雛です。

私のそばをすり抜け窓枠に向かいましたが、着地失敗。

真下のペンステモンの花茎にとまりました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

尾羽が短いですね。

あどけない顔というより、どちらかというと新生児のようなシワシワ顔に見えます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ゆらりゆらりと揺れる茎の上に、しばらく身を任せていました。

こちらは翌日のヒヨドリの雛。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

この辺にはカラスが多いから、この飛び方じゃ危なくてしようがありません。

巣立ち、早すぎたんじゃないの。

ヒヨドリの雛を見る度、いつもそんなふうに思ってしまいます。

撮影日  2014/7/24  ・  撮影場所  恵庭市

ウグイス幼鳥

ウグイスの幼鳥に縁があるようです。

前回は島松のフィールドでしたが、今回はウトナイ湖。

薄暗い茂みの中から飛び出して、低木の枝にとまってくれました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

黄色みがかった胸や腹、どことなくあどけなさが残った表情。

可愛いですね~。

ウグイス幼鳥

現れた幼鳥は2羽でした。

チャッ、チャッ!と大きな声で鳴きながら、藪と低木を行ったり来たり。

これがウグイスの笹鳴き(地鳴き)かぁ。

来年の春には上手にさえずるようになるのかなぁ。

もし君がオスならの話だけれどね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

撮影日  2014/7/24  ・  撮影場所  苫小牧市




モズの子

2、3日前から「キーキーキチキチ」 とモズの鳴き声がにぎやかです。

いつもご近所のテレビのアンテナの上で鳴いているのですが、

この日は近くから聞こえてきます。

何処だ、何処だ、何処だ?

目を凝らして探しますが見つかりません。

あっ、飛んだ。

庭木から近くの電線にとまりました。

そうか、目の前のシャラの木にいたんだ。

とりあえず電線の上のモズを撮ります。

モズ  スズメ目 モズ科

モズ  スズメ目 モズ科

 モズは、くちばしの黄色い幼鳥でした。

ぽわぽわの羽、幼い顔、チビはみんなめんこいです。

しばらくして今度は裏庭からにぎやかな鳴き声が聞こえてきました。

窓を開けて姿を探します。

ミヤママタタビの葉が風に揺れています。

とりあえず1枚パシャリ。

‥と、撮った枝のすぐそばからモズの子が飛び出しました。

しまった。そこに居たのか‥。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

雑用に追われているうちに風邪をひいてしまいました。

しばらく鳥見にでかけられないでいる私には

庭にやって来たモズが 特別ありがたく思えました。

撮影日  2014/7/21  ・  撮影場所  恵庭市

ナキウサギ

どうやらナキウサギにハマってしまったようです。

しばらく顔を見ないと、会いたくて仕方がなくなります。

ちょっと眼にはネズミにも見えるナキウサギですが

ガレ場で見るそれには、人を引き付ける特別な何かがあるようです。

望岳台のガレ場で‥

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

口に咥えているのはイワブクロ。

もぐもぐもぐ‥。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

コアラにも似た正面顔

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ピィッイ!

小さな体に似合わない、鋭く大きな声で鳴きます。

この声が、またいいんですよね~。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

冬毛が生える前なので、毛並みは今ひとつ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

でも子供の毛はふわふわで、まるでシャンプーしたてのようです。

めんこいですね~。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ガレ場に咲くイワブクロの蜜を、エゾシロチョウが吸っていました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

撮影日   2014/7/13  ・  撮影場所  上川郡

旭岳

2泊3日で望岳台、旭岳と旅してきました。

早朝こそ晴れていましたが、流れてきた雲に阻まれてあっという間に曇り空。

 時折陽が射しますが、旭岳の山頂は雲に隠れほとんど見ることができませんでした。

イワブクロ

イワブクロ

旅の目的はギンザンマシコ。

第三展望台で現れるのをひたすら待ちました。

稜線にオスが見えますが、ちょっと遠すぎます。

メスが1度だけ近くに現れてくれましたが、

立ち込めたガスでぼんやりと霞んでしまいました。

ギンザンマシコ(メス)

ギンザンマシコ(メス)   スズメ目 アトリ科

出が悪いのでちょっと浮気。

展望台を離れ付近を散策することにしました。

背景に白く写っているのは、残雪です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ビンズイがハイマツの上で鳴いていました。

ビンズイ

ビンズイ   スズメ目 セキレイ科

もしかして運よくギンザンマシコに出会えるかも‥。

欲を出したのが裏目に出ました。

展望台に戻って、近くにギンザンマシコが出たことを知りがっくり。

気を取り直してその後も粘りましたが、結局まともなギンザンマシコの写真は撮れずじまい。

人間、欲張ってはいけませんね。

哀れに思ったのか、ノゴマがすぐそばで愛嬌を振りまいてくれました。

きれいなノゴマでした。

ノゴマ

ノゴマ(オス)   スズメ目 ヒタキ科

撮影日  2014/7/14  ・  撮影場所  上川郡

飛べない鳥

なんやかんやで、ほぼ1か月ぶりの鳥見となりました。

舞台は苫小牧の北大研究林。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

池で、かわいいマガモのヒナを見つけました。

マガモ

マガモ

ヒナはみんなで10羽。

マガモ

マガモ

 岩の上に立って、はいポーズ!

マガモ

マガモ

マガモ

マガモ

 下のちびっこは夢中で餌を食べていて、みんなと はぐれてしまいました。

大慌てのちびっこガモ。

鳴きながらみんなの後を追いかけます。

マガモ

マガモ

 母さんガモも鳴いて居場所を教えます。

無事、近くの草地で合流。

1、2、3‥10羽。

大丈夫、みんな揃っています。

マガモ

マガモ

マガモ

マガモ

 こちらは、別の場所にいたマガモの幼鳥。

先ほどのヒナと比べるとずいぶんお兄さんですね。

マガモ

マガモ

 どうやら下の子は、右の羽を痛めてしまったようです。

飛ぶことを知らないまま一生を終えるのでしょうか。

せっかく羽を持って生まれてきたのに。

マガモ カモ目カモ科

マガモ カモ目カモ科

撮影日  2014/7/12  ・  苫小牧市

オオジュリン

母の手術に合わせて4日ほど実家(愛媛)に戻っていました。

北海道に帰った翌日には花関係のイベントがあり、庭の手入れに大わらわ。

無理がたたったのか足は浮腫んでパンパンになり

肩はガチガチ、口腔内には大きなアフター、

喉は真っ赤でヒリヒリと痛み、おまけに微熱が出る始末。

オープンガーデン期間中なので、だましだまし動きながら

なんとか1日1日をこなしてきましたが、年には勝てませんね。

1度だけ気分転換にと、長都付近を車で走りました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

麦畑でオオジュリン(オス)が相手をしてくれました。

オオジュリン(オス)  スズメ目 ホオジロ科

オオジュリン(オス)  スズメ目 ホオジロ科OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

風に揺れる麦の穂とオオジュリンのさえずりが、疲れた心身を癒してくれました。

撮影日  2014/6/30   ・  撮影場所  千歳市