アオバトとポンコツカメラ

再び アオバトです

前回あまりにも出が悪かったので 場所を変えて再挑戦してきました

アオバト  ハト目 ハト科

現地に着くや否や いきなり上空に現れたアオバト

おぉ すごい すごい

70羽前後は いたでしょうか

車からカメラを取り出し とりあえず連写です

その後も何度も出て来てくれましたが

なかなか落ち着きません

ハヤブサが何度も現れるし

ハヤブサ

波も高い

それでも何度かは岩場に降りて

写真を撮らせてくれました

家に戻って写真を見たら

あらあら なんだこれは?

なんと私 故障中のカメラでアオバトを撮っていました

あぁ やってしまった

チャンスを活かしきれない私

ホント 成長しないわぁ

※※※ ※※※ ※※※

追記

自動更新されていた Facebook が 何故か消えていました

「いいね!」やコメントを下さった方々

ほんとうに すみません

ちなみに故障のカメラは露出が不安定で

撮った写真の2/3は 真っ白だったり 真っ黒だったり‥

ごまかしごまかし使っていましたが

どうやら限界のです

修理に出さなきゃ(涙)

撮影日 2018/8/20 ・ 撮影地 寿都郡

海とアオバト

1年ぶりのアオバトです

アオバト

この日は どんよりと曇り空

ときおり陽も射しましたが 青空はわずか

ぽつりぽつりと小雨が降るときもあり

傘をさしたり 合羽を着たりと 落ち着かない鳥見となりました

現地に着いて30分を過ぎた頃 最初の偵察隊が現れ始め

1時間ほどで本隊が岩礁に飛来

よし 次は気合を入れて撮るぞ!

と意気込んでいたのだけれど

これが 1時間待っても 2時間待っても

さっぱりアオバトが現れません

同行した写真仲間から

アオバトがやって来てすぐに

ハヤブサが目の前を飛んだと聞き びっくり

えっ そうなの?

じゃあ 当分出て来ないかな

ハヤブサ

結局 その後もアオバトは現れず

テトラポッドの上のウミウやカモメや

オジロワシの幼鳥や

オジロワシ 幼鳥

ハクセキレイの幼鳥などの写真を撮ったりしていたのだけど

光の塩梅がどんどん悪くなっていくので

見切りをつけ早めに退散することにしました

ハクセキレイ 幼鳥

何度も というわけにはいかなかったけれど

それでも出て来てくれたんだから めでたし めでたし

アオバトさん 写真を撮らせてくれて ありがとうねー

撮影日 2018/8/12 ・ 撮影地 留萌郡

在庫から モズ

撮ったまま忘れていたモズの写真

改めて見ると 前回アップしたのより ずっとマシだったので

掲載することにしました

撮った直後は モズに映り込んだ影や

手前のうるさい枝が気になっていたのですが

前回のモズに比べれば‥ね

もしかして私 どんどん下手になってる?

モズ(メス)

モズ(メス)

モズ(メス)

モズ(メス)

モズ(メス)

今年はよくモズを見かけます

逆に キビタキ や オオルリ コサメビタキをあまり見ません

この辺りだけのことかもしれないですけど ‥ なんだか寂しい

8月も そろそろ中旬 シギ・チドリの季節です

今年は どうかな?

撮影日 2018/5/12 ・ 撮影地 恵庭市

勇払の鳥

エゾシカの写真を撮りに 2度ほど勇払へ出かけてきました

野鳥の写真も何枚か撮りましたので

少しですけどアップしますね

先ずは ベニマシコ

ホザキシモツケやガガイモの花の近くにとまってくれたので

大喜びでシャッターを切ったんだけど

よく見るとほとんどの花が枯れていました

茶色~ (笑)

なんだかベニマシコまで 枯れたホザキシモツケに見えてくるような‥

区別つきます?

( 写真をクリックして貰えれば はっきり見えるかも

大して変わらないかぁ)

ベニマシコ(オス)  スズメ目 アトリ科

せめてこれくらい花が残っていればなぁ‥

こちらはカササギの幼鳥

くちばしはよれよれだけれど

カササギ(幼鳥)

羽を広げると おぉ 美しい!

なかなかです

カササギ

下の写真はモズのお母さん

モズ(メス)

モズ(メス)

華麗な舞いで昆虫を捕まえては

巣立ったヒナに与えていました

あまりにもポンコツだったので写真は掲載しませんでしたが

他にも アリスイ や ウグイス アオバト ノビタキ アオジ

コヨシキリ カワラヒワ カラ類

ハイタカ(オオタカだったかも) トビ と

勇払はなかなかの賑わいでした

撮影日 2018/8/2、5 ・ 撮影地 勇払

小さな池の小さなバン

昨日は 庭仕事をすませた後で 近場で鳥見

シジュウガラ ハシブトガラ センダイムシクイ

カワラヒワ コゲラ アオジにヒヨドリ

 珍しいのは見当たらないけれど なかなかの賑わいです

今年生まれた幼鳥も元気いっぱいでした

シジュウカラ(幼鳥)

池の周辺には エゾミソハギやサワギキョウ

緑にとけ込んで とてもきれいでした

エゾミソハギ サワギキョウ

ピィー ピィー ピィー

小さな鳴き声が池から聞こえてきます

いました いました バンの赤ちゃんです

バン  ツル目 クイナ科

しばらく様子を窺っていましたが 親が現れる気配はありません

鳴き声も聞こえないし

兄弟も見当たりません

バン(ヒナ)

おかしいなぁ

こんな赤ちゃんが1羽だけでちょろちょろしていて 大丈夫?

何度か池の周囲を歩きましたが

親鳥の気配も兄弟の気配も皆無です

ヒナの ピィー ピィーという鳴き声だけが

静まり返った池に響いていました

バン(ヒナ)

幸い 池の近くにはカラスもアオサギもいませんでしたが

カルガモ

1度だけ 背後からカルガモに追っかけられて

ちょっぴり水草の上を走ったヒナ

( なんとかギリギリ ヒナが写ってたのでアップしました  笑わないでね)

カルガモとバンのヒナ

でもご安心ください

親鳥はちゃんといました

父さんバンも母さんバンも健在です

兄弟も元気でした

みんなと合流できたヒナに胸をなで下ろした私でしたが

独立心旺盛なこのヒナは またすぐに1羽で別行動

いるんですね鳥の世界にもこういうの

どうかヒナ達がみんな無事に大きくなれますように

撮影日 2018/8/4 ・ 撮影地 恵庭市

ナキウサギ

先月下旬 望岳台に行ってまいりました

目的はナキウサギ

ナキウサギ

この日は暑い1日で 標高1000mに近いこの場所でも

日向だと汗が吹きだし 長くは留まれないほど

イソツツジ

イソツツジ

そのせいなのか 待てど暮らせどナキウサギの姿が見えません

鳴き声もわずかで 惨敗の予感が漂い始めた頃

シマリスが1匹 出て来てくれました

シマリス

その30分後には ハシブトガラスの親子が現れ

ハシブトガラス

この頃からナキウサギの鳴き声が頻繁に聞こえ始め

20分後に お待ちかねの真打登場

近っ!

ナキウサギ

毛並みのいい美しい個体だー

ナキウサギ

コヒオドシ?

コヒオドシ

次のナキウサギが現れたのは それから1時間後で

ナキウサギ

ナキウサギ

ナキウサギ

ナキウサギ

イワブクロ

イワグクロ

更に10分後 もう1匹が登場

ナキウサギ

ナキウサギ

結局この日は 3時間で3度

もぐもぐタイムにこそ遭遇できませんでしたが

3匹のナキウサギに会うことができたわけですから

これはやはり幸運だったと言うべきでしょう

ナッキー 出て来てくれてありがとう

写真を撮らせてくれてありがとう

暑い夏ももう少し

がんばれ!

撮影日 2018/7/27 ・ 撮影地 美瑛町