ツル目ツル科

タンチョウ 318番

更新日:

昨日の夕方 久しぶりに地元で タンチョウに会えました

タンチョウ 撮影日 2019/2/22

タンチョウ

見れば 足に黄色いリングをつけています

番号は318

おそらく以前見た個体と同じでしょう

念のため 以前の写真を確認してみました

下の写真は去年の秋に撮ったもの

タンチョウ 撮影日 2018/10/30

えぇと番号は ‥ 318

間違いない 同じ番号です

この個体(318) 調べてみて

2017年に むかわで生まれた幼鳥だとわかりました

同じ年の7月 幼鳥が飛べるようになる前に

NPO法人(タンチョウ保護研究グループ)の手によって

装着されたもののようです

去年12月 ただただ邪険にしていると思ったつがい

きっとあれは親鳥だったんですね

つがいは 2011年に飛来してきたようで

その後 4羽のひなの子育てに成功しているそうです

タンチョウ 撮影日2018/12/13

1羽でやって来たちびっこ318番

なにはともあれ 元気でなによりでした

タンチョウ

こちらは舞鶴遊水地

雪原には たくさんのハクチョウとマガモの群れ

ちらほらとヒシクイらしき姿も見えます

オオハクチョウ

ダイサギや

ダイサギ

ノスリ

ノスリ

キタキツネ

キタキツネ

キタキツネ

雪どけの進む遊水地には たくさんの生きものの姿がありました

撮影日 2019/2/22 ・ 撮影地 長沼町

追記

親鳥だと思っていたタンチョウ まだ若鳥だということです

もしかしたら 318の兄弟なのかもしれませんね

-ツル目ツル科

Copyright© おまさのこっそり野鳥日記 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.