ハロ現象とマガンとハクガンと

写真仲間の誘いで 2度目の宮島沼

前回は雨が降る中の出発にもかかわらず 夕日に恵まれたけれど

今回は晴天の予報なのに 終始どんよりと曇り空

沼に近づくにつれ雲は厚くなり

テンションは下がる一方

それでも宮島沼に向かう途中

薄曇りの中にハロ現象が確認できたのは ちょっと幸運だった

ハロ現象

現地に着いても ハロ現象はまだぼんやりと残っていて

豆粒ではあったけれど マガンの群れも飛んでくれた

ハロ現象とマガンの群れ

ハロ現象とマガンの群れ

周辺の田畑には 採餌中のマガンの群れ

マガン 幼鳥

沼のすぐ近くの畑で 豆粒ではあったけれど

ハクガンの幼鳥2羽も確認できた

ハクガン  カモ目 カモ科

これでもう少し日の光があればなぁ‥

撮影日 2018/10/5 ・ 撮影地 宮島沼








宮島沼

愛媛から遊びに来ていていた妹と姪と一緒に宮島沼へ

宮島沼

初めて見るマガンの大群と 美しい沼の景色に

「うわぁー」が止まらない妹ら

何度見ても薄れることのない感動

宮島沼は やっぱりすごい

撮影日 2018/10/3 ・ 撮影地 宮島沼

ダイサギとトンボ

久しぶりの恵み野中央公園

小さな池に ダイサギが戻って来ました

小魚を見つけてはパクリ

長閑な風景です

ダイサギ  ペリカン目 サギ科

光に透けるくちばしの なんと美しいこと

輝く純白の羽の なんと眩しいこと

君はホントに きれいだよ

ダイサギの頭の上にとまった赤とんぼ

ずいぶん呑気に見えるけれど

食われる心配はないのかしらん

緑の葉を揺らす乾いた風は 秋のそれ

落ちた松ぼっくりの上に イトトンボが1匹

えーとこれは オツネトンボ ?

オツネントンボ?

ゆっくりと進む季節の中で のんびりと日向ぼっこ

好きだな こういうの

撮影日 2018/9/21 ・ 撮影地 恵庭市

キョウジョシギ & ダイゼン

シギ チドリ シリーズの最後を飾るのは

キョウジョシギとダイゼンです

どちらも幼鳥のようで 地味な羽色をしていました

身体のわりに 足が短いキョウジョシギ

親近感 覚えるわー

キョウジョシギ  チドリ目 シギ科

こちらはダイゼン

全長およそ30cm  中型のチドリの仲間です

ダイゼン  チドリ目 チドリ科

白と黒のシックな子

成鳥の夏羽 一度でいいから見てみたいなぁ

ダイゼン

撮影日 2018/9/14 ・ 撮影地 石狩

ミユビシギ

波打ち際を走るミユビシギは

白と黒のシンプルな上着を着た なかなかのお洒落さん

多少の波は平気のようで

トウネンのように慌てて逃げることはしない

ミユビシギ  チドリ目 シギ科

うまうまうま

撮影日 2018/9/14 ・ 撮影地 石狩

メダイチドリ

いろいろあって しばらくぶりの鳥見

お相手をしてくれたのは メダイチドリでした

水たまりで水浴び

私も停電2日目に水浴びをして

あまりの冷たさに 心臓が止まるかと思ったけれど

メダイチドリは気持ちよさそう

やっぱり鳥には勝てないなぁ

メダイチドリ  チドリ目 チドリ科

撮影日 2018/9/14 ・ 撮影地 石狩

アオバトとポンコツカメラ

再び アオバトです

前回あまりにも出が悪かったので 場所を変えて再挑戦してきました

アオバト  ハト目 ハト科

現地に着くや否や いきなり上空に現れたアオバト

おぉ すごい すごい

70羽前後は いたでしょうか

車からカメラを取り出し とりあえず連写です

その後も何度も出て来てくれましたが

なかなか落ち着きません

ハヤブサが何度も現れるし

ハヤブサ

波も高い

それでも何度かは岩場に降りて

写真を撮らせてくれました

家に戻って写真を見たら

あらあら なんだこれは?

なんと私 故障中のカメラでアオバトを撮っていました

あぁ やってしまった

チャンスを活かしきれない私

ホント 成長しないわぁ

※※※ ※※※ ※※※

追記

自動更新されていた Facebook が 何故か消えていました

「いいね!」やコメントを下さった方々

ほんとうに すみません

ちなみに故障のカメラは露出が不安定で

撮った写真の2/3は 真っ白だったり 真っ黒だったり‥

ごまかしごまかし使っていましたが

どうやら限界のです

修理に出さなきゃ(涙)

撮影日 2018/8/20 ・ 撮影地 寿都郡

海とアオバト

1年ぶりのアオバトです

アオバト

この日は どんよりと曇り空

ときおり陽も射しましたが 青空はわずか

ぽつりぽつりと小雨が降るときもあり

傘をさしたり 合羽を着たりと 落ち着かない鳥見となりました

現地に着いて30分を過ぎた頃 最初の偵察隊が現れ始め

1時間ほどで本隊が岩礁に飛来

よし 次は気合を入れて撮るぞ!

と意気込んでいたのだけれど

これが 1時間待っても 2時間待っても

さっぱりアオバトが現れません

同行した写真仲間から

アオバトがやって来てすぐに

ハヤブサが目の前を飛んだと聞き びっくり

えっ そうなの?

じゃあ 当分出て来ないかな

ハヤブサ

結局 その後もアオバトは現れず

テトラポッドの上のウミウやカモメや

オジロワシの幼鳥や

オジロワシ 幼鳥

ハクセキレイの幼鳥などの写真を撮ったりしていたのだけど

光の塩梅がどんどん悪くなっていくので

見切りをつけ早めに退散することにしました

ハクセキレイ 幼鳥

何度も というわけにはいかなかったけれど

それでも出て来てくれたんだから めでたし めでたし

アオバトさん 写真を撮らせてくれて ありがとうねー

撮影日 2018/8/12 ・ 撮影地 留萌郡

在庫から モズ

撮ったまま忘れていたモズの写真

改めて見ると 前回アップしたのより ずっとマシだったので

掲載することにしました

撮った直後は モズに映り込んだ影や

手前のうるさい枝が気になっていたのですが

前回のモズに比べれば‥ね

もしかして私 どんどん下手になってる?

モズ(メス)

モズ(メス)

モズ(メス)

モズ(メス)

モズ(メス)

今年はよくモズを見かけます

逆に キビタキ や オオルリ コサメビタキをあまり見ません

この辺りだけのことかもしれないですけど ‥ なんだか寂しい

8月も そろそろ中旬 シギ・チドリの季節です

今年は どうかな?

撮影日 2018/5/12 ・ 撮影地 恵庭市

勇払の鳥

エゾシカの写真を撮りに 2度ほど勇払へ出かけてきました

野鳥の写真も何枚か撮りましたので

少しですけどアップしますね

先ずは ベニマシコ

ホザキシモツケやガガイモの花の近くにとまってくれたので

大喜びでシャッターを切ったんだけど

よく見るとほとんどの花が枯れていました

茶色~ (笑)

なんだかベニマシコまで 枯れたホザキシモツケに見えてくるような‥

区別つきます?

( 写真をクリックして貰えれば はっきり見えるかも

大して変わらないかぁ)

ベニマシコ(オス)  スズメ目 アトリ科

せめてこれくらい花が残っていればなぁ‥

こちらはカササギの幼鳥

くちばしはよれよれだけれど

カササギ(幼鳥)

羽を広げると おぉ 美しい!

なかなかです

カササギ

下の写真はモズのお母さん

モズ(メス)

モズ(メス)

華麗な舞いで昆虫を捕まえては

巣立ったヒナに与えていました

あまりにもポンコツだったので写真は掲載しませんでしたが

他にも アリスイ や ウグイス アオバト ノビタキ アオジ

コヨシキリ カワラヒワ カラ類

ハイタカ(オオタカだったかも) トビ と

勇払はなかなかの賑わいでした

撮影日 2018/8/2、5 ・ 撮影地 勇払