ハクガン

最近の鳥見といえば もっぱら長都沼

沼周辺の畑には ハクガンやシジュウカラガンがいるし

運がよければ タゲリも見られるそうだし

なにより近くてガソリン代がかからない

この日も畑には マガンの群れに混じって餌をついばむハクガンと

30羽前後のシジュウカラガンの姿がありました

ハクガン ・ マガン  カモ目 カモ科

シジュウカラガン

今日の雪で恵庭の積雪量は20cm 近くまで増えました

長都沼周辺の畑はどうなったでしょうか

旅立ちのときが迫ってきました

撮影日 2018/12/11 ・ 撮影地 千歳市








お帰り オジロワシ

今年も 漁川に

オジロワシのつがいが戻ってきました

オジロワシ  タカ目 タカ科

ちょっぴりヘアースタイルが乱れているのは

風のせいかな?

それとも寝癖?

おまえ達が戻って来るのを 心待ちにしていていたよ

お帰り

撮影日 2018/12/10 ・ 撮影地 恵庭市

カワアイサ

今年も近所の公園にカワアイサがやって来ました

カワアイサ  カモ目 カモ科

くちばしを背に埋め トロトロトロ

トロトロ

こちらはマガモのオス

マガモ  カモ目 カモ科

そしてコガモのメス

コガモ  カモ目 カモ科

目覚めたカワアイサは 羽づくろいをしたり

トプン トプンと潜ったり

気ままそのもの

現地ではメスばかりが4羽 と思っていましたが

どうも幼鳥が混じっていたようです

雌雄の判別はつきませんが

写真を拡大して見ると 虹彩が淡い

この個体も 幼鳥かな

こちらのカワアイサは虹彩が暗いので おそらく成鳥

でも 成鳥メスなのか オスのエクリプスなのか

ぽんこつの私には判別できません

難しいです

カワアイサの識別

撮影日 2018/11/17 ・ 撮影地 恵庭市

長都沼 大賑わい

長都沼がにぎわっています

閑散としていた沼に

マガンやヒシクイ ハクチョウが戻ってきました

オオハクチョウ  2018/10/30

オオハクチョウ  2018/10/30

オオハクチョウ  11/13

マガン  11/13

マガン  11/13

この日のマガンの数はかなりのものでしたよ

数千はいたんじゃないかな

それがいっせいに着陸態勢に入り 圧巻の光景に

落雁  11/14

空を切るマガンの羽音で

心臓はもうバクバク

肝心の写真は 近過ぎて撮るのをあきらめましたが

その分 たっぷり感動をいただきました

マガン  11/14

オオハクチョウはパラパラ程度でしたが それでも抜群の存在感

やはり華がありますね

オオハクチョウ  カモ目 カモ科  11/13

オオハクチョウ(幼鳥)  11/13

よーい ドン!

オオハクチョウ  11/14

ふわり

オオハクチョウ  11/14

後ろ姿ですら 優雅です

オオハクチョウ  11/14

こちらはシジュウカラガン

30羽ほどの群れが のんびりと

沼を行ったり来たりしていました

左に行って

シジュウカラガン  11/14

右に行って

左に行って

ふわりとやって来たノスリは 突っ立ていた私と目があって

即退散

ノスリ  タカ目 タカ科  11/14

ちなみに長今月都沼で鳥見をしたのは

11/13日と14日の2日間

マガンの大群がやって来たのは午前10時頃でした

私はお昼過ぎまで居ましたが

その間マガンが飛び立つことはありませんでした

撮影日 2018/10/30 11/13 11/14 ・ 撮影地 千歳市

ミソサザイ

鳥のさえずりが聞こえてきます

冬枯れの森に響く この声は

そう ミソサザイ

いました いました

ミソサザイ  スズメ目 ミソサザイ科

お願い 逃げないで

何もしないよ 私は木 私は草 私は空気‥

そろーり そろーり 近づいて パシャ パシャ パシャ

地味なようで 実はなかなかお洒落なミソサザイ

羽色はシックでも 模様は実に複雑で細かです

ピンと立てた尾羽

小さくて丸いボディー

つぶらな丸い瞳

うーん やっぱりめんこい

写真を撮らせてくれて ほんとうに うれしかったよ

ありがとう ミソサザイ

撮影日 2018/11/11 ・ 撮影地 苫小牧市

シルエット

立ち込める霧

早朝のウトナイ湖は神秘的です

ひょっこりと顔を出したウミウも

どことなく いつもと違う感じ

ウミウ  カツオドリ目 ウ科

湖面に上がる水しぶきの 溢れんばかりの光と

漆黒のウミウのシルエット

きれいだ

早起きは三文の徳

たまには こういうのもね

撮影日 2018/11/11 ・ 撮影地 苫小牧市

クロガモ

久しぶりの鵡川漁港で クロガモに会えました

「真黒くろすけ」のオスが1羽だけかと思ったら

クロガモ(オス成鳥)

少し離れた所にメスも1羽いて

あぁ つがいだったんだ と ほっこり

クロガモ(オス幼鳥)  カモ目 カモ科

でも家に戻って 撮った写真をよく見たら

くちばしが まだらに黄色いし

ちょっと隆起もしていて‥

オスの幼鳥だったんですね この子

クロガモ(オス幼鳥)

港は ししゃも漁から戻った漁船で 活気にあふれていましたよ

カモメ達もうれしそう

港猫もうれしそう

道中 むき出しになっているサイロの骨組みや

亀裂が入ったり 陥没したりしている道路を 数え切れないほど見たけれど

通行止めになって 入れない場所もあったけれど

太平洋はとてもきれいだし

空だって文句なし

大好きなむかわ

1日も早く この傷が癒えますように

撮影日 2018/11/7 ・ 撮影場所 むかわ町

渡り鳥 ヒシクイ マガン編

ここ数年 長都沼で羽を休める雁の数が激減しました

沼の環境が変わり 渡りの中継地に適さなくなってしまったのでしょうか

それとも よりよい場所が見つかったのでしょうか

長都沼ファンの1人としては 少々寂しい思いをしています

それでも この日 沼周辺の畑には

けっこうな数の渡り鳥がいました

落雁(マガン)

恵庭岳とマガン

ヒシクイ

ヒシクイ カモ目 カモ科

こちらは マガンの群れに混じっていた1羽のハクガン

豆粒ですが 証拠写真ということで

ハクガン マガン

なにかの拍子にいっせいに飛び立つマガン ヒシクイ

マガン

マガン

マガン

いつまでも続いて欲しいなぁ この光景

撮影日 2018/10/30 ・ 撮影地 千歳 長沼








タンチョウ

あっ タンチョウだ

偶然出会った大物に ドキドキが止まらない

車で移動中 たまにこういうことがあるのだけれど

大抵そういうときにはカメラを持っていない

車を停める場所がない

でも 今回は鳥見中

カメラだってちゃんとあるし 駐車スペースも十分にある

タンチョウ  ツル目 ツル科

驚かさないように 慎重に 慎重に‥

息を止めて パシャ パシャ パシャ

大して警戒するそぶりも見せず

のんびりと餌をついばむタンチョウ

いいね いいね きれいだよ

この個体 右足に318と書かれた黄色いリングがついていた

どこからやって来たのかわからないけれど

根雪になるまでにはまだたっぷり時間がある

どうか ゆっくりしていって

写真を撮らせてくれて ありがとう

撮影日 2018/10/30

ダイサギと紅葉と

鮮やかに色づいた モミジやカエデ

よかった 間に合った

まだ散ってない

写真は 自宅から徒歩5分の所にある恵み野中央公園で

一昨日の午後 撮りました

カエデ

モミジ

ドウダンツツジ

こちらは お馴染みのダイサギ

ダイサギ  ペリカン目 サギ科

のんびりとリラックスのダイサギは

マツの上で羽繕いです

顔は向こうだけれど 羽はきれい

今日は夜明け前から嵐のような悪天候

あのダイサギはどうしているかしら

美しかったモミジやカエデは 散ってしまったかしら

カエデ

撮影日 2018/10/25 ・ 撮影地 恵庭市