シマエナガ

冬晴れの森で

シマエナガが相手をしてくれました

シマエナガ  スズメ目 エナガ科

ふわふわ もこもこの天使

つぶらな瞳と 黒いおちょぼ口

たまりません

どんどん近づいてくるシマエナガ

近い

近い

近過ぎるぅ

手が届きそうな所までやって来たシマエナガちゃん

近過ぎてシャッターが切れなかったの エゾリス以来でした

幸せな時間をありがとう

撮影日 2018/1/10 ・ 撮影地 苫小牧市








ハクチョウ

みにくいアヒルの子は ほんとうはハクチョウであった

というけれど ハクチョウの子は とても美しくて

みにくいという印象から かけ離れています

ヒナのから成鳥間近の時まで一貫して美しい

そんな印象です

オオハクチョウ 幼鳥

今季はあまりハクチョウを見ていません

長都沼に飛来するハクチョウの数が格段に減った気がするのは

私だけでしょうか

寂しい限りです

撮影日 2017/12/30 ・ 撮影地 千歳市

川霧

明けましておめでとうございます

2018年 最初に登場する鳥はマガモとオナガガモ

冷え込んだ去年の暮れに 近所の公園で撮りました

川霧を朝日が照らして それはそれは神秘的でしたよ~

マガモ ・ オナガガモ  カモ目 カモ科

こちらの2羽はオナガガモのオス

仲良く並んで お食事中です

夜が明けて 明るくなってくると

まるで温泉みたい(笑)

湯加減は どうかな?

マガモ(メス)

枝という枝に 氷の結晶

美しいですねぇ

カルガモさんや

カルガモ

ヒドリガモさん

ヒドリガモ

コガモさんに

コガモ

オナガガモ君

オナガガモ(オス)

豆粒でしたが ウソ君や

ウソ(オス)  スズメ目 アトリ科

ダイサギさんの姿も ♪

ダイサギ  ペリカン目 サギ科

 ヒヨドリ ツグミ ハシブトガラ ヤマガラ

シジュウカラ アカゲラ カワアイサ

珍しい鳥というわけではないけれど

たくさんの野鳥が憩う公園は なんとも平和で心癒されました

みんな ありがとうね~

撮影日 2017/12/31 ・ 撮影地 恵庭市

おまけ

さわら (アメショー メス 7才)

本年もよろしくお願い申し上げます

恵庭の野鳥 オジロワシ

地元で見ることのできる野鳥の中で 一番迫力のある鳥は

なんと言ってもオジロワシだろうと思う

美しいフォルム するどい眼光

気高く威厳に満ちた美しさは いつも私を圧倒する

毎年冬が来るたびに 今年も見られるだろうかと

不安と期待が入り混じった気持ちになるが

今年も恵庭に来てくれた

それも 3羽で!

オジロワシ 成鳥  タカ目 タカ科

3羽とも尾羽が白い

ということは 親子ではない?

オジロワシ 若鳥

横殴りの風と一緒に舞い上がる雪

踏ん張って レンズをオジロに向ける

成鳥かと思っていた個体は

下から見上げると 白いごまだら模様だった

若鳥だ

オジロワシ 若鳥

オジロが成鳥になるには6年かかると言われているけれど

若鳥の羽色は実に多彩で個体差も大きいから

この若鳥が生まれて何年目なのか推測するのは

へなちょこな私には難しい

2羽が3羽になったのはいつからなのか?

この日見た3羽が親子なのか どうなのか?

謎は謎のままだけれど

まぁ ともかく 個体数が増えて嬉しい

今季もここに来てくれてありがとう

恵庭のオジロワシ がんばれ~!

撮影日 2017/12/26 ・ 撮影地 恵庭市

追記

その後 同じ場所で 2羽の幼鳥を確認しました

オジロワシ 幼鳥

成鳥2羽に幼鳥2羽

あの若鳥を加えれば 5羽のオジロワシを見たことになります

やった~!

オジロワシ 成鳥

撮影日 2017/12/30 ・ 撮影地 恵庭市

ヤマセミ

久しぶりのヤマセミです

川縁の枝にとまって キョロキョロと小魚を探しておりました

ヤマセミ  カワセミ目 カワセミ科

待ちくたびれて集中力が途絶えた頃

予兆もなく急降下

慌ててシャッターを切りましたが

飛び込んだ先の川面は草の陰

ついていません‥

ヤマセミの狩りは成功し 新たな枝の上で小魚を丸のみです

よかった! よかった!

ただ写真は 枝かぶりで こちらも不発

抜けた場所に移動しましたが 間に合いませんでした

うまくいかないもんですね

機会があったら その時はまたよろしく

ゆる~い鳥見が続いています

撮影日 2017/12/14

小さな池にやって来た

近所の小さな池に 今季もやって来ました

カワアイサです

カワアイサ メス  カモ目 カモ科

どちらかというと臆病なイメージがあるんだけど

何故かここではフレンドリー

しゃがみ込んでじっとしていると 向こうから近づいて来ます

そうそう 私は空気のようなもの

さあ 気にしないで

気にしないで

この日は寒い日で 池の半分が凍りついていました

残り半分に カルガモやヒドリガモ マガモ コガモの群れ

それに先ほどのカワアイサ1羽と

カルガモ  カモ目 カモ科

ハイブリッドガモ オス( マガモ × カルガモ )

ホオジロガモのつがい1組

左がオスで 右がメスです

ホオジロガモ  カモ目 カモ科

どこに行くのも一緒

ははは

くっつき虫だ

そうそう忘れるところでした

毎年冬にやって来るダイサギが1羽

ダオサギ  ペリカン目 サギ科

夢中で小魚を食べていました

池の周りから カラやヒヨドリの鳴き声が聞こえてきます

あれは アカゲラ

こっちは ツグミ  向こうのは シメ

またみんなに会えて嬉しいよ

厳しい冬だけど がんばろうね

撮影日 2017/12/9 ・ 撮影地 恵庭市

トラツグミ その2

またまたトラツグミ

今回はナナカマドにとまってくれました

トラツグミ  スズメ目 ヒタキ科

こちらは 空抜け

こうしてみると やっぱり背景って大事ですよね

野鳥の背景選びって ホントに難しい

鳥は高い所にいることが多いから

自然に空が背景になることも増えちゃう

動かない被写体なら 回り込むこともできるけれど

下手に移動すれば 逃げてしまう危険もあるわけで‥

まだまだ修行が必要ですねぇ 私

がんばろうっと!

撮影日 2017/12/7 ・ 撮影地 札幌市

ハチジョウツグミ

ハチジョウツグミを初めて見たのは ちょうど去年の今頃でした

アカエゾマツの奥まった枝にとまっていて

撮れた写真はブレブレもいいところ

しばらく待ってシャッターチャンスに恵まれたのですが

走ってきたワンちゃんに驚いてシャッターを切る前にパタパタ‥

※※※ ※※※ ※※※

昨日1年ぶりにハチジョウツグミに出会いました

今回は去年と違い サービス満点です

ナナカマドの実をついばみに 臆することなく姿を見せてくれました

ハチジョウツグミ  スズメ目 ヒタキ科

さあ たんとお食べ

実はまだまだいっぱいあるよ

今年も元気な姿を見られてよかった

写真を撮らせてくれて ほんとうにありがとう

撮影日 2017/12/7 ・ 撮影地 札幌市

トラツグミ

久々のトラツグミ

今年の初めに見てからだから およそ11か月ぶりです

マツの混み合った枝いることが多く

思うように写真を撮ることができませんでしたが

それでも居てくれただけで めっけもの

トラツグミ  スズメ目 ヒタキ科

時々 地面にも下りてくれましたよ

白樺の隙間から こっそりとパシャ

少し前までいたというキレンジャクの大群は見当たらず

ちょっぴり残念でしたが

トラツグミさんに会えたんだから 文句を言ってはバチが当たりますね

写真を撮らせてくれてありがとう トラツグミさん

また会うことがあったら その時はよろしく

撮影日 2017/12/4 ・ 撮影地 札幌市

エゾフクロウ

降りました!降りました!

一気に20cmを超える積雪量です

雪かきで疲れ果ててしまう前に

昨日撮った写真をアップすることにしましょう

久しぶりのエゾフクロウです

エゾフクロウ  フクロウ目 フクロウ科

めんこいなぁ

とろとろとろ‥

きっと今日は おまえも雪の中だね

とうとう本物の冬がやってきた

ふわふわの羽毛があるから平気だろうけれど

なにしろ厳しく長い冬

おまえ達の無事を祈っているよ

撮影日 2017/12/5