おんぶカイツブリ

今年も無事に カイツブリのヒナが生まれました

カイツブリ  カイツブリ目 カイツブリ科

葭原そばの浮き巣で くっつき虫のヒナ達

6月にしては寒い日が続いていましたものね

浮き巣

日差しが戻って 少し暖かくなったこの日

お兄ちゃん お姉ちゃんは 懸命にママのあとを追い

弟 妹 達は ママの背中でまったり

パパが捕ってきた魚

チビちゃんには少し大きそうに見えるけれど

両親の愛情に包まれて

ヒナ達はすくすくと育っています

さあ みんな

こっちですよ

ヒナは全部で5羽

欠けることなく みんな大きくなれますように

撮影日 2018/6/15








ハヤブサ水鳥を襲う

ビロードキンクロを見つけた同じ日

ハヤブサの狩り(正確には狩り直後)のシーンに出くわしました

ハヤブサ  タカ目 タカ科

ハヤブサ  タカ目 タカ科

運転席から双眼鏡で海を眺めていたら

突然視界に現れたハヤブサ

慌てて車から飛び降りシャッターを切りましたが

ピントはボケボケです

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ようやく落ち着いてシャッターを切れるようになった時は 既に逆光で

シルエットだけの写真になってしまいました

(写真は画像処理で少し明るくしています)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

突然降って湧いたように現れた カラスとカモメ

それを振り切るようにして ハヤブサは視界から消えてゆきました

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

捕らえらえた水鳥は

カイツブリ類の幼鳥のようにも見えました

力なく垂れた首や足を見ると かわいそうで仕方がありませんが

弱肉強食の自然界

ひとつの命が別の命を支えているのだと 割り切るしかありません

ハジロカイツブリ

おまえも油断してはダメだよ

ハジロカイツブリ

ハジロカイツブリ  カイツブリ目 カイツブリ科

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

撮影日 2017/1/1 ・ 撮影地 苫小牧市

おまけ

ブログをご覧いただいている方から

ハヤブサが捕まえているのはカンムリカイツブリの冬羽のように見える

とごコメントをいただきました

なるほど‥です

どうもありがとうございました

アメリカヒドリ

最近めっきり物忘れの増えた私

おでこに老眼鏡をかけようとしたら

3つめだったりして‥

やれやれ

それに比べ

毎年遙か彼方から 迷わずに渡ってくる野鳥達って

ホントにすごい!

今季もまた

いつもの川に アメリカヒドリがやって来ました

アメリカヒドリ  カモ目 カモ科

アメリカヒドリ  カモ目 カモ科  撮影日 2016/12/31

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

この日は時間がなく

後ろ髪をひかれながら 帰路につき

翌日 改めて出かけたんだけど

アメリカヒドリの姿は何処にもありませんでした

鳥撮りに 「また後で」 は通用しないんですね

その代りと言ってはなんですが

美しいオオハクチョウを間近に眺めることができました

穢れのない 真っ白な羽 濡れた黒い眼‥

溜息が出ちゃいます

オオハクチョウ

オオハクチョウ

そしてこちらは

マガモの疑似交尾

失礼して写真を撮らせて貰いました

マガモ

マガモ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ホオジロガモ(オス)や

ホオジロガモ(オス)  カモ目 カモ科

ホオジロガモ(オス)  カモ目 カモ科

ダイサギ

ダイサギ ペリカン目 サギ科 

ダイサギ ペリカン目 サギ科

カルガモ

カルガモ

カルガモ

キンクロハジロ

キンクロハジロ  カモ目 カモ科

キンクロハジロ  カモ目 カモ科

写真は撮っていませんが

ヒドリガモやカモメの仲間 カワアイサなどもいましたよ

年末年始

街中を流れる川のほとりで のんびりと鳥見

なかなか乙なものでした

撮影日 2016/12/31~2017/1/1 ・ 撮影地 千歳市

ミミカイツブリ

今日もいいお天気だったし

昨日だって日中はよく晴れていたというのに

クリスマス寒波の大雪で

排雪業者のやって来る日まで 車を出すことができなくなってしまいました

で今回は在庫から

今月中旬に撮ったカイツブリの仲間の写真をアップすることにしました

まずはミミカイツブリ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ミミカイツブリ  カイツブリ目 カイツブリ科

そしてお馴染み ハジロカイツブリ

ハジロカイツブリ  カイツブリ目 カイツブリ科

ハジロカイツブリ  カイツブリ目 カイツブリ科

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

最後は カンムリカイツブリ

カンムリカイツブリ  カイツブリ目 カイツブリ科

カンムリカイツブリ  カイツブリ目 カイツブリ科

明日は日中気温が上がり 午後から雨の予報になっています

排水溝は山積みにされた雪の下

このまま放置していていいものかどうか‥

どうするかなぁ

撮影日 2016/12/15・18 撮影地 苫小牧市

カイツブリ

まるで親鳥の背におんぶされているように見える カイツブリの子

ホントは 頭を親鳥の背中に乗っけているだけなんですけどね

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

カイツブリ  カイツブリ目 カイツブリ科

江別のカイツブリの子供(2番子かな?)は

既にかなり大きく育っていました

これじゃあどう頑張ったって背中に乗るのは無理ですね

おんぶしたら ブクブクと沈んじゃいそう

でも ちびっこは まだまだ甘えん坊です

OLYMPUS DIGITAL CAMERA親にまとわりつき

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ベタベタ すりすり

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

頭や顔には トレードマークの白と黒の縞模様も くっきりと残っているし

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

羽だってまだこんなに小さい

左)カイツブリ幼鳥 右)バン若鳥

左)カイツブリ幼鳥 右)バン若鳥

餌の魚も まだ親鳥からから貰っています

坊や~ ごはんよ

ママー

って感じでしょうか

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

それでも何度か 親鳥がちびを追い払っている場面を目撃しています

自力で魚を捕る時期が迫ってきたのかもしれません

まだ夏羽のカイツブリさん

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

2番子の渡りは大丈夫でしょうか

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

心配性のおまさおばさんは

この時期になるといつもハラハラしてしまうのです

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

どうかみんな揃って 無事に渡ることができますように

撮影日 2016/9/19 9/22 ・ 江別市

ハジロカイツブリ

強風で波立つ鈍色の海に

50羽ほどのハジロカイツブリの群れを見つけました

図鑑には「大きな群れをつくる傾向がある」と書かれていますが

これほどの群れを見たのは初めてです

群れの中に2羽のミミカイツブリがまじっていました

下の写真 左から2番目の個体がそれです

拡大してみてくださいね

カチッ!

ハジロカイツブリ

ハジロカイツブリ ・ ミミカイツブリ  カイツブリ目 カイツブリ科

思いっきりトリミング

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ハジロカイツブリ  カイツブリ目 カイツブリ科

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

1羽が潜るのを皮切に 次々と海に飛び込むハジロカイツブリ

あっという間に群れ全体が視界から消えてしまいます

ちなみに両端はミミカイツブリです

カチッ!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ミミカイツブリ ・ ハジロカイブリ  カイツブリ目 カイツブリ科

荒波にもまれるハジロカイツブリ

図鑑には「穏やかな水域を好む」とあるから

この日はさぞや大変だったことでしょう

もしかしたら波を避けて港内に入ってきたのかもしれません

とすると 強風のときの鳥見も捨てたものじゃありませんね

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ハジロカイツブリ  カイツブリ目 カイツブリ科

撮影日 2015/12/19 ・ 撮影場所 苫小牧市

バンの子

ヒツジグサが咲く頃になると 三重湖が気になってしかたありません。

葉陰に見え隠れするバンを想像して落ち着かないのです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

で、昨日出かけてまいりました。

家を出たのは早朝5時半。

着いてすぐにバンの幼鳥を見つけました。

ヒツジグサの葉の間から ちょこんと顔を出しています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

大きな葉の上を忍者のように移動。

身軽ですね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

幼鳥は2羽いました。

何処に行くのも一緒です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

湖の奥の方(北西)で 生まれて間もないバンの雛3羽と

親鳥1羽を見つけましたが遠くて豆粒。

何枚か証拠写真だけ撮って、諦めました。

代わりにと言ってはなんですが、

すぐそばにカイツブリがぷかりと浮き上がってくれました。

目と鼻の先に人間が居て、驚いたのしょう。

すぐにまた潜ってしまいました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

水際の草陰にカイツブリの雛がいるのに気づきましたが、

とても写真は撮れそうもないのでこちらも断念。

黒と白の縦じまのかわいい雛。

いつか親鳥におんぶされていた姿を思い出しました。

撮影日   2014/8/17  ・  撮影場所  空知郡

カンムリカイツブリ

いつも遠くから眺めていたカンムリカイツブリ。
この鳥を間近に見る日は永遠に来ないのでは‥
と思っていましたが、
ついにその日がやって来ました。
風のない穏やかな海を ゆっくりと泳ぎながら近づいて来ます。
白とグレーのボディーに、淡いピンクのくちばし。
すらっと伸びた長い首。
ホントに品の良い美しい鳥です。

 手持ちの野鳥図鑑によると
3月中旬頃から飾り羽をもつ夏羽になる
とのこと。
こちらも きれいでしょうね。
なんとしても見に行かねば‥。
撮影日   2014/2/24
撮影場所   小樽市

カンムリカイツブリがいた!

久々にシノリガモを見ました。

色数は多くありませんが、
紺地に白斑が目立つオスはとても華やかです。

手前にいる1羽はスズガモのメスで
奥にいる1羽はホオジロガモのメスです。

シノリガモのメスといい、ホオジロガモのメスといい
メスのほとんどが地味ですが
じっくり見るとなかなかキュートな顔をしています。
(でもこの写真じゃ分かりませんよね。)

こちらはクロガモ(オス)。
遙か彼方に プカプカ漂っている集団を見つけました。
カンムリカイツブリです。
大きな波で 時々姿が見えなくなりますが、
17羽の個体を確認できました。
北海道では単独の観察例が多いそうですから、
1度にこれだけの個体を確認できたというのは 幸運と言えるでしょう。
しかし なんとも遠い。
カイツブリの中では最大級のカンムリカイツブリも
これでは豆粒カイツブリという感じです。
(写真はトリミングしています。)
撮影日   2014/1/6
撮影場所   苫小牧市
ついでにと言ってはなんですが、以前撮って
出しそびれていた水鳥の写真も一緒にアップさせて戴くことにしました。
ホオジロガモ(オス)
キンクロハジロ(メス)
メスが単独でいると、スズガモとの識別が難しく迷います。
くちばしの基部に白斑がありますが小さいので
キンクロハジロかなぁ‥。
間違っているようでしたら、ご連絡戴けるとありがたいです。

撮影日   2013/12/17
撮影場所  苫小牧市

カイツブリ

ここしばらく風邪気味で、
撮った写真を整理できないでいました。
不思議ですね。
少々体調が悪くても鳥見には行けるのに、
写真の整理やブログの更新となると遅々として進みません。
写真は溜まる一方。
これではいけないと、少しずつ整理中です。
撮影日毎のブログの更新は大変そうなので、
しばらくは鳥別に掲載することにしました。

で、今回は長都沼のカイツブリ。

展望台近くがよい漁場らしく、度々漁にやって来ます。
漁の腕は一級品。
トプン、トプンと潜りながら、器用に小魚を捕まえます。
この魚は、まずまずの大物ですね。
カイツブリ君、しばらく咥えていましたが、やがてゴックン。
お魚さんは、全長25cmほどのカイツブリ君のお腹の中に
跡形もなく消えて行きました。

撮影日     2013/12/11
撮影場所   千歳市