ビッグバード

これで黄色かったら

まるでセサミストリートのビッグバードですね

いつもはスラッとしたイメージのダイサギですが

この日はちょっと違って見えました

ダイサギ  コウノトリ目 サギ科

ダイサギ  コウノトリ目 サギ科

ブルブルブル

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

目先の色はまだ緑だし

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

くちばしの色もまだ黒くなりきっていないけれど

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

足はすでに婚姻色の赤だし

背中の飾り羽 眩しすぎます

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

かきかき

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

もう我慢できない

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

あら失礼‥

コガモ  カモ目 カモ科

コガモ  カモ目 カモ科

いよいよ外壁工事が明日にせまり

鳥見に出かける余裕がありません

で 今回も在庫写真から‥

そうそう 言い忘れていましたが

ビッグバードって カナリアなんですって

身長250cm もあるのにね

撮影日 2017/3/25 ・ 撮影地 恵庭市

モフモフ

モフモフのシマエナガ

この時期は あちらこちらで よく目にします

それにしても この くりくりとした目

かわいすぎだぞ(笑)

シマエナガ  スズメ目 エナガ科

シマエナガ  スズメ目 エナガ科

シマエナガ  スズメ目 エナガ科

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERAこちらはダイサギ

特に珍しい鳥というわけではないけれど

飾り羽のきれいな子でした

この時期でこうなら 繁殖期はさぞかしだろうなぁ

ダイサギ  コウノトリ目 サギ科

ダイサギ  コウノトリ目 サギ科

狙いを定めて‥

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

おっ ちいさ!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

池にはウミアイサが4羽

みんな 頭が爆発しています

しかも赤い目の周りは 真っ黒

パンクです

ウミアイサ(メス)  カモ目 カモ科

ウミアイサ(メス)  カモ目 カモ科

この子の目の周りも‥ あれっ 黒くない

個体差なのかなぁ

それとも‥4羽のうちのどれかがオスの若とか?

難しい‥

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

大食漢のウミアイサ

器用に潜っては 魚を捕まえてパクリ

あれ これは?

一瞬 水草を食べているように見えたけれど

よく見れば くちばしの中にはしっかりと魚が

水草は 魚を捕るときに

一緒に引っかかっただけだったのかもね

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

すっきりと晴れた気持ちのいい日

お目当ての鳥には出会えなかったけれど

歩いているだけで楽しくなるようなお天気でした

明日の天気は 曇りかぁ

どうするかな

撮影日 2017/2/27 ・ 撮影地 苫小牧市

コサギ

娘の家で過ごしたひと月は とにかくよく歩きました

買い物に行くのも 鳥見に行くのも 何処に行くのもほとんどが歩きでした

お気に入りの散歩コースにはOLYMPUS DIGITAL CAMERA

海岸沿いにある総合公園が入っていました

緑豊かな美しい公園ですOLYMPUS DIGITAL CAMERA

珍しい鳥こそ居ませんでしたが

道内ではあまりお目にかかれない鳥も見ることができました

このコサギもそのひとつ

園内のビオトープで見つけました

婚姻色というわけではありませんが

一応 冠羽が見えています

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

レース状の飾り羽 いいですね~OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

隠れた獲物を捕らえるためでしょうか

水中に入れた片足を 小刻みに震わせていました OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

この公園で 他にも何種類か鳥の写真が撮れたので

残りは次回に‥

撮影日  2015/2/27  ・  撮影場所  千葉県

川霧

冷え込んだ昨日の早朝、川霧が撮りたくて
近所の公園に行って来ました。
池にはカルガモや
ハイブリッドガモ
 それにマガモなどのお馴染みの面々がいました。
最初それほどでもなかった川霧でしたが、
時間を追うごとに濃くなって 
とても幻想的でした。
何の気なしに振り返ると、
そばの大木にダイサギがとまっているのが見えました。
飛び立たないかとしばらく待っていましたが、一向に飛ぶ気配がありません。
逃げないで欲しいときは、すぐ逃げちゃうのに‥。
こんなもんですよね。
寒い寒い11月の朝。
美しい冬の光景がありました。

チュウサギ

日曜日から降り続いている雨。
明日になっても、お天気は回復しそうにありません。
仕方なく、先日撮った在庫写真を引っ張り出してきました。

北海道では稀な夏鳥と言われている、チュウサギ。

黄色いくちばしの先端が、確かに黒くなっています。
遠くからの撮影となりましたが
数の少ないチュウサギ、見られただけでも幸運だったと思わなきゃダメですね。

ただ‥
できることなら飾り羽の美しい春に
その姿を見てみたい‥です!

渡り鳥 Ⅱ

日中は、餌を求めて移動する渡り鳥。
沼に行っても必ずいる、という確証はありません。
でもこの日は、運よくヒシクイに会うことができました。
こっそりと車から写真を撮ったにもかかわらず
彼らは すぐに沼にスタスタ。
怪しい者じゃないんだけどなぁ‥。
逃げなくっても大丈夫だってばぁ‥。
夕方になって、マガンの群れが沼に戻って来ました。
仲良く並んでいるのは、ダイサギとアオサギ。
夕暮れ時に見る野鳥の美しさは格別です。
 

マガンにヒシクイにオオハクチョウ。
これからしばらく、また長都沼が賑やかになりそうです。

ダイサギ

近年渡来数が増えているらしいダイサギ。

もともとは夏鳥か旅鳥だったようだけれど、
冬になっても あちこちで姿を見かけます。

こちらは人馴れしているダイサギ。
静かにしていると、逃げないで写真を撮らせてくれます。

こんにちは~ ♪
こちらは、用心深いダイサギ。
木の上で ひと休み。
散歩している人の気配に驚き、
バサバサと飛び立ってしまいましいた。

空の上を泳いでいるようで、ちょっと可笑しい。(笑)

‥で、再び人馴れしているダイサギ。
見事に折りたたまれた、長~い首。
ホントに 自由自在な首ですね。

北海道では繁殖の記録がないとか‥。
本州のバーダー、羨ましいなぁ~。

ダイサギ

数日前に見た、ウトナイ湖のダイサギです。
湖岸で7羽ほどが羽を休めていましたが
そのうちの2羽が、近くで華麗な舞を披露してくれました。
その美しさに圧倒されながらも、必死にシャッターを切ったのですが‥
この日の朝、恵庭には14cmの積雪があり
露出補正+1で、雪の中の猫を撮っておりまして‥。
うっかり忘れてそのままだったものですから、
写真は全滅。(涙)
慌てて設定し直し、撮り直しましたが
1羽は飛び去り、
残りの1羽は地味にじっと立っているだけでした。
 
あ~、おまさのバカ。
それでも、陽の光で
ダイサギはとてもキレイに見えました。

下は、オナガガモ。

観光客相手に餌を売っていた人が居なくなり
一時姿を消していましたが、また戻っていました。
なんだかちょっと、ホッとしました。
 

ダイサギ

長都沼近くの土手で、ダイサギが日向ぼっこしていました。
 

 

斜面にいたダイサギは、上手く降りられず
   

 

バランスを崩してバタバタ‥‥
 
 
バタバタ!
 
 
おっとっとっと。
 

ちょっぴりドジなダイサギに、親近感を覚える私でした。

 
 
 
撮影 2/8 長都沼

ダイサギ

ハクチョウが飛ぶ姿も美しいけれど、
ダイサギの飛翔もなかなかのもの。

北大演習林の小さな池に居たダイサギは、
小さな池の周りをグルグルと回り
「 さあ、お撮りよ!」 と大サービス ♪


ところでこのダイサギ、私の持っている図鑑によると
旅鳥もしくは夏鳥とあるんだけど‥
この時期に見られるということは、やはり温暖化の影響なのでしょうか?
 
そういえば長都沼でも去年の暮れに見たような ‥。

どちらにしろ、美しいダイサギを真冬でも見られるとというのは
ありがたいことです。

長い首を見事に折りたたんで、
長い足を真っ直ぐに伸ばして、
真っ青な空を飛んでいたダイサギさん。
ホントにキレイでした。
 

撮影 1/2 苫小牧 北大演習林