恵庭公園 野鳥で賑わう

大型連休の初日は雨

2日目の今日は 時折雪の混じるあいにくのお天気となりました

下の写真は5日前 恵庭公園で撮ったものです

アカゲラのドラミングが響き渡る森には

春の花が咲き乱れ 野鳥のさえずりが飛び交い

それはそれは活気にあふれていました

林の中を駆けまわっていたのは 3匹のエゾリス

元気いっぱいです

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

エゾリス

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

アズマイチゲ

アズマイチゲ

エゾエンゴサク

エゾエンゴサク

林縁でシマエナガを見かけました

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

シマエナガ  スズメ目 エナガ科

口に咥えているのは どうやら巣材のようです

美しい羽が薄汚れ どことなくみすぼらしく見えるのは

子育ての準備に追われているせいかもしれません

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

シシシシシシ‥

笹薮のそばを歩いていると虫のような鳴き声が聞こえてきます

ヤブサメです

写真 中央右上にいます

ヤブサメ  スズメ目 ウグイス科

ヤブサメ  スズメ目 ウグイス科

アカバナエンレイソウ

アカバナエンレイソウ

桜の木の近くにシメの群れが集まっていました

一瞬 イカルかと思いましたが 残念!

なんて言ったら シメに失礼かな‥

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

シメ  スズメ目 アトリ科

他にも アオジ ニュナイスズメ  キバシリ アカゲラ コゲラ

クロツグミ ウグイス ヒヨドリ ハクセキレイ ツツドリ(カッコウだったかも)

ハシブトガラ ゴジュウカラ シジュウカラ ヤマガラ 等々

恵庭の森は賑やかでしたよ

撮影日 2016/4/25 ・ 撮影場所 恵庭市

観察小屋とパップ剤

今日はからりと晴れました。

風もなく、ぽかぽかと気持ちの良いお天気です。

あの水飲み場もきっと賑わっているだろうな‥。

湿布剤を貼った太ももを撫でながら、

昨日出かけた野鳥観察小屋を想いました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

観察小屋の覗き窓は、微妙な位置にあって

しつらえた椅子に座って見るには高すぎるし、立って見るには低すぎます。

それではと、足元にタオルを敷き膝立ちをしてみたら、これがどんぴしゃり。

疲れると椅子に座り、野鳥の気配を感じると膝立ちになる。

これを5時間弱繰り返していたら、帰る頃にまともに歩けなくなってしまいました。

よちよちと歩きながら、駐車場に戻る私。

引くわ~。

次は絶対三脚を持って行こうっと。

さて、話を野鳥に戻して‥。

珍しい鳥が入ったとの情報を戴いて駆けつけた観察小屋。

あいにくこの日は肌寒い1日でした。

水浴びにはどうだろうという気温でしたが

なんだかんだと 10種類ほどの野鳥が姿を見せてくれました。

順序はバラバラですが、撮った写真を並べてみます。

まずは、ルリビタキ(幼鳥)OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そして、クロジ(メス)OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA

ウグイスOLYMPUS DIGITAL CAMERA

ノゴマ(メス)OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ハシブトガラOLYMPUS DIGITAL CAMERA

他にもヤマガラ、ゴジュウカラ、ヒガラ、アオジ、アカハラなどが出てくれましたが、

結局、お目当ての野鳥は現れませんでした。

残っていた皆さんは、あれから あの鳥に出会えたのでしょうか。

それとも今日、出会えたのでしょうか。

いい写真が撮れていると嬉しいんだけどな。

撮影日  2014/10/78  ・  撮影場所  千歳市

ウグイス幼鳥

ウグイスの幼鳥に縁があるようです。

前回は島松のフィールドでしたが、今回はウトナイ湖。

薄暗い茂みの中から飛び出して、低木の枝にとまってくれました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

黄色みがかった胸や腹、どことなくあどけなさが残った表情。

可愛いですね~。

ウグイス幼鳥

現れた幼鳥は2羽でした。

チャッ、チャッ!と大きな声で鳴きながら、藪と低木を行ったり来たり。

これがウグイスの笹鳴き(地鳴き)かぁ。

来年の春には上手にさえずるようになるのかなぁ。

もし君がオスならの話だけれどね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

撮影日  2014/7/24  ・  撮影場所  苫小牧市




研究林の夏鳥たち

春めいてきました。

ぽかぽかと暖かな陽射しの中、北大研究林(苫小牧市)を歩いてきました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

川面に映り込んだ森はもうひとつの世界。

指を入れた途端に消えてしまう、儚くて不思議な世界です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ベニマシコの声が聞こえてきました。

赤い胸と腹をした、とびっきりのハンサム君です。

ベニマシコ(オス)OLYMPUS DIGITAL CAMERA

アオジのチッ!チッ!という鳴き声が、

森のあちらこちらで聞かれるようになってきました。

アオジ(オス)OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ホーホケキョ  ♪

声はすれども姿は見えず。

ウグイスを見つけるのは骨が折れます。

探して、探して、ようやく見つけたウグイス。

非情にもシャッターを切る前にパッと飛んで行ってしまいます。

ウグイスOLYMPUS DIGITAL CAMERA

次にやって来るのは誰でしょうか。

愉しみです。

撮影日  2014/4/20  ・  撮影場所  苫小牧市

アカハラ

ウトナイ湖での鳥見のあと、北大研究林に寄りました。
研究林に近づくにつれて雲行きが怪しくなり
今にも雨が落ちてきそうな雰囲気です。

車から降りると、冷え切った空気が体を包み込みます。

慌ててウィンドブレーカーを羽織りましたが、
それでも肌寒いくらいでした。
ほんの少し離れただけなのに、不思議です。
研究林での散策は1時間ほどだったので
それほど多くの野鳥には出会えませんでしたが、
新緑の美しさは格別で心が洗われる思いでした。
アカハラ(スズメ目ヒタキ科)
サメビタキ
 コサメビタキ
 ウグイス
 不明
最後の鳥はメボソムシクイでしょうか?
鳴いてくれないと、お手上げです。
時間をかけて ゆっくりと鳥見を楽しみたかったのですが、
所用があって お昼過ぎには帰路につきました。
大好きな春。
1日が30時間くらいあればいいのになぁ‥。
撮影日 2013/8/19
撮影場所 苫小牧 

ウグイス・ムシクイの仲間

識別の難しい、ウグイスやムシクイの仲間。
そんな時、鳴き声は大きな手掛かりになります。
昨日見つけた彼らは、実によく鳴いてくれました。
チヨチヨビー♪ と鳴いていたのは、センダイムシクイ。 
ピッ、ピッ!(地鳴き) と鳴くのは、エゾムシクイ。
そして、ホー、ホケキョ♪ は、誰もが知っているウグイス。
鳴き声だけで姿の見えないことの多いウグイスですが、この日は
大サービスでした。
角度を変えると、こんな感じ。

最後に超ポンコツ写真ですが、木道‥
じゃなくて、ヤブサメを。
突然、木道の上に飛び出して来たヤブサメ。
めったにないチャンスに緊張しすぎ、MFが間に合いませんでした。
センニュウの仲間、ヨシキリの仲間、ムシクイの仲間。
以前はそれら全てウグイス科に属していましたが、
新しい分類では、それぞれが、センニュウ科、ヨシキリ科、ムシクイ科と別れました。
ちなみにヤブサメは、ウグイス科のままです。
シシシシシシシシ‥。

撮影日 2013/5/19
撮影場所 苫小牧

ウグイスの子

暑くて外に出るのも億劫だった日が嘘のように
ここ数日は 吹く風の心地よい涼しい日が続いています。

茂った木々の葉も、そよそよと気持ちよさそう‥。

林縁を歩いていて、
藪の中から、チャッ、チャッ!チャッ、チャッ!
力強い鳴き声が聞こえてきました。

ずいぶん にぎやかだ。
何だろう?

キョロキョロと辺りを見回していると
いた、いた!
枯れ枝の上に2羽。
他にも何羽か いるみたい。

ムシクイの仲間かな?
お腹が黄色い。

くちばしを見ると、幼鳥っぽい‥。

帰宅して調べたところ、
鳥の正体はウグイスの幼鳥と判明しました。
成鳥よりも、ウグイス色のイメージに近い印象の幼鳥、
ひと目見て大好きになりました。
藪から出て来てくれて、どうもありがとう~♪

春の恵庭公園 ヤブサメ

春の恵庭公園には、桜以外にも見所がいっぱいです。
林床一面に咲き乱れるニリンソウやエゾエンゴサクの
素朴で凛とした佇まいには、華やかな桜とは一味違った美しさを感じます。
身をかがめて野草の写真を撮っていると‥
近くの笹藪からひょっこりと姿を現した、小鳥が1羽。
ヤブサメです。
普段は藪にまぎれてその姿を見つけるのは至難の業ですが
人の気配に驚いたのか、ひょこっと目の前に現れてくれました。
丸い小さな体と、短い尾羽。
そうか‥おまえが虫のような声で鳴いているんだね‥。

初撮りのヤブサメは、とっても可愛い小鳥でした。

キクイタダキ

ちょこまかと せわしく動き回るキクイタダキ。
ほんのちょっと じっとしていてくれれば、
もっと かわいく撮ってあげられるのになぁ‥。
愛嬌のある正面顔
飛んでる姿も、ぷくぷくだぁ ♪
 横顔だってかわいいよ!
黄色い帽子の中央が、鮮やかな橙色。
見よ、これぞオスの証ぞ!
「かわいい」という言葉は、キクイタダキのためにあったのか‥。
と思わせるほどの愛らしさ。
いつか納得のいく写真、撮れるといいな~。
 

コヨシキリ

あちらこちらで賑やかなコヨシキリの鳴き声が
 聞こえるようになりました
ちっとも珍しくないコヨシキリですが
私はこの美しい鳥が大~好きです
 

 
コヨシキリのさえずりは 精一杯です
そんなに鳴き続けたら 疲れてしまうんじゃないかと
聞いているこちらが心配になるほどです
だから尚更 惹かれてしまうのかな‥