シマエナガ

今シーズンは冬の小鳥をあまり見ることができませんでした

アトリもベニヒワもさっぱり

キレンジャクは札幌で写真を撮ることができましたが

地元では結局1度もお目にかかっていません

ツグミも例年よりは数が少ない気がします

で ちょっぴり小鳥に飢えています

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

シマエナガ  スズメ目 エナガ科

そんな中 ホッとさせてくれるのが

カラ類やシマエナガ・キバシリの存在です

楽しそうにじゃれ合うカップルや

美しいさえずりが心を和ませてくれます

シマエナガ

シマエナガ

シマエナガ

ヒガラ

ヒガラ  スズメ目 シジュウカラ科

ヒガラ  スズメ目 シジュウカラ科

ゴジュウカラ

ゴジュウカラ  スズメ目 ゴジュウカラ科

ゴジュウカラ  スズメ目 ゴジュウカラ科

キバシリ

キバシリ  スズメ目 キバシリ科

キバシリ  スズメ目 キバシリ科

撮影日 2016/3/14 ・ 撮影場所 苫小牧市

キバシリ

雪が少ないでしょうか

冬鳥をあまり見かけません

目につくのは カラ類 ミヤマカケス ヒヨドリ ばかり

最近になってやっとシメやツグミが増えてきましたが

ウソやマヒワはさっぱりです

久しぶりにキバシリを見ました

細く澄んだ声で チー ツリリ と鳴きます

写真をクリックしてみてね

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

キバシリ  スズメ目 キバシリ科

木肌にそっくりのキバシリ

カサカサと木を登る音や鳴き声が 発見の大きな手がかりになります

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

湾曲した細長いくちばし

どこかで見たと思ったら

飼い猫 (さわら) の爪にそっくりでした

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

撮影日  2016/1/29 ・ 撮影場所 苫小牧市

水浴び

朝晩の冷え込みに順応できなかったのか、数日前から風邪でよれよれです。

年のせいかなぁ‥。

遅れいてた野鳥ブログ、とりあえず更新します。

キバシリとハシブトガラOLYMPUS DIGITAL CAMERA

キバシリOLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ハシブトガラOLYMPUS DIGITAL CAMERA

ヤマガラOLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ゴジュウカラOLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA

次々と水浴びにやって来る小鳥達。

みんな、かわいかったなぁ。

キバシリは小さかったし、

ヤマガラは思った以上に大きく見えた。

窓の外は土砂降り。

今頃みんなどうしているかなぁ。

撮影日  2014/9/3  ・  撮影場所  苫小牧市

キバシリの子

先日、巣立って間もないキバシリのヒナに出くわしました。

親鳥が一緒です。

キバシリ   スズメ目キバシリ

キバシリ   スズメ目キバシリ科

ちょっぴり小さくて、丸くて、黄色いくちばしのヒナ。

あどけないですね。

キバシリ   スズメ目キバシリ科

キバシリ   スズメ目キバシリ科

独り立ちするまで、あとどれくらいあるんでしょう。

強くてやさしくて賢い、お父さんとお母さん。

キバシリ   スズメ目キバシリ科

キバシリ   スズメ目キバシリ科

別れのときが来るまでに、しっかり生きるすべを学ぶんだよ。

キバシリ   スズメ目キバシリ科

キバシリ   スズメ目キバシリ科

おちびちゃん、おちびちゃん。

外の世界にようこそ。

キバシリ   スズメ目キバシリ科

キバシリ   スズメ目キバシリ科

撮影日   2014/5/11   ・   撮影場所   恵庭市

キタキツネ

さて、前回の続きを‥。

ウトナイの自然観察路を散策した後で、厚真の発電所に寄ってみました。

珍しい水鳥が来てないかと野心満々でしたが、

遠くにホオジロガモやヒドリガモ、ウミウなどがポツリポツリと見えただけ。

諦めて帰ろうとしたら、ひょっこりキタキツネが出てきてくれました。OLYMPUS DIGITAL CAMERA

しっぽの毛が抜けて細く見えます。

かわいそうに、疥癬に罹ってしまったようです。

しっぽの細い子に出会う度、いつも気持ちが重くなってしまいます。

ええい、憎っくきヒゼンダニめ!OLYMPUS DIGITAL CAMERA

気持ちを切り替え、ハンドルを握り北大研究林に。

春の陽射しの中、カラ達が楽しげに飛び交っています。

ミズバショウを背景に、ゴジュウカラは得意のイナバウワー OLYMPUS DIGITAL CAMERA

チョウがひらひらと空を舞い、樹液を吸っています。

帰宅してから少しだけ図鑑と にらめっこしました。

多分‥、エルタテハ?OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こちらは、お馴染みさんのキバシリです。OLYMPUS DIGITAL CAMERA

この日は2羽の鳴きながらじゃれ合う姿が見えました。OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今日は午前中、雪まじりの冷たい雨が降りました。

強い風の吹き荒れる中、庭に用意した巣箱をシジュウカラが入念にチェックしています。

どうぞそうぞ、いい物件ですよ。

今年は自宅で子育てが見られるといいな。

撮影日 2014/4/8  ・  撮影場所  苫小牧市

キバシリ

苫小牧でシマエナガを見た同じ日、
カサカサと音を立てて幹を登るキバシリにも何度か出くわしました。
この日氷点下20℃まで気温の下がった恵庭でしたが、
苫小牧の最低気温は氷点下10℃。
日中は氷点下1℃前後まで上がり、
風がなく陽射しもあって暖かく感じました。
そのせいでしょうか。
キバシリも水浴びがしたくなったようです。
入浴後は、羽を広げ
ブルブルブル‥
あっ、ここにもキバシリが居た!
 2週間ほど前にはカラ類しか相手をしてくれませんでしたが、
この日は他にもキクイタダキ、マヒワ、ホオジロガモの親子などにも会えました。
続きは次回に‥。
撮影日  2014/1/21
撮影場所    苫小牧市

キバシリ

チー、ツリリ。
細く澄んだ声で鳴くキバシリ。
樹皮にそっくりの羽色をしているので、
鳴き声がなければ 見つけるのは大変です。
目を皿のようにして、やっと‥居た!居た!
横から見れば、見つけやすいんですけれどね‥。
よく見ると、つぶらな瞳が可愛い ♪
こちらはシマエナガです。
この時期、樹液を飲む姿を目にすることが多い気がします。
ホバリングしてくれないかとしばらく待ちましたが、ダメでした。

同じ木に、アカゲラ(メス)も居ました。
写真は先日、苫小牧の北大研究林で撮りました。
駆け足の鳥見でしたが、
他にもミヤマカケスやカラ類、コゲラ、
ホオジロガモ、マガモ、ダイサギなどを見ました。

コゲラ ときどき キバシリ

シマエナガに負けず劣らず 可愛い顔をしている、コゲラ。

鳴き声は、シマエナガが「ジュルジュル」で、コゲラは「ギィー」。
どちらもよく鳴いて、気前よく居場所を教えてくれます。

コゲラ

こちらはキバシリ。
大きさや色合いはコゲラに似ていますが、
湾曲した細長いくちばしや、ちょっとキツそうな眼で
可愛いというようりは、独特の雰囲気を持っています。
キバシリ
コゲラもキバシリも、それほど人を恐れないように見えます。

じっとしていると、向こうからすぐそばに飛んでくることも度々です。
でもそういう時に限って、カメラを持ってなかったりするんですよね。

キバシリ

木肌そっくりのキバシリ。

じっとしていれば見つけられないし、
動いているときは 早くてピントを合わせづらい。

へなちょこバーダーにとっては、かなり手強い相手です。

このキバシリ、
樹皮の中に隠れている虫を探しながら
ちょこまかと幹を登っていきます。

あぁ、忙しい。忙しい。

ちょいと~、もう少しじっとしてくださいよぉ。(おまさ)

えっさ ほいさ ♪ 

登り終わったら、次の木の根元に ビューンと移動。
そして、またちょこまかと移動しながら虫探し。

実は私、この地味でバーダー泣かせのキバシリが
可愛くって仕方がありません。
何でですかねぇ‥。

キバシリは、不思議な魅力のある鳥なんです。

キバシリ

ずっと探し続けていたキバシリを
やっとのことで見つけたのが、今月の6日。
それから1週間しか経っていないというのに
昨日再び、キバシリに遭遇するという幸運に恵まれました。
 
しかも、ち‥近い!距離にして4~5mだったでしょうか‥。
お天気もいいし、最高のシュチュエーション。
 
「まるで“ キバシリの神 ”が、舞い降りたのかのようだ。」
と興奮しつつ、震える手でシャッターを切った私だったのでした。
  

コゲラやゴジュウカラに混じって、樹皮をつついて夢中で餌探し。
 

嘴も、くっきりだぁ~。
 
う‥うわぁ~、めんこ~い!
 
こうなると、チョコボール体型になっちゃうんだよなぁ。
まぁ、それもかわいいんだけど ♪
 
あはは‥忍者だ。
よく見ると、羽毛がちょっぴり乱れてる‥かわいいなぁ。


この日美形のキバシリ達は、ずいぶん長い間
私のへなちょこ撮影に付き合ってくれました。
後で撮った写真の枚数を確認したら、なんと200枚超え。

めったに無いチャンスをつかめたのは、
偶然現地で一緒になった写真のお師匠さんのおかげです。
「キバシリがいるぞ。」の一言がなければ、
気付かず通り過ぎてしまっていたかもしれません。

師匠に感謝しつつ、お先にキバシリの写真を掲載させて頂きました。
まいど!