ゴジュウカラ

道内ではあまり顧みられることのないゴジュウカラですが

本州では数が少ないなのでしょうか?

見たことがないと

夢中で写真を撮る方に出会うことがあります

念のため図鑑で調べてみると

北海道のシロハラゴジュウカラは低地にいるが

本州中部では1000mくらいの山地の落城樹林に多い とあります

なるほど‥納得です

それじゃあと 桜とゴジュウカラの写真でも と試みたのですが

へたくそですね~

結局 こんな写真しか撮れませんでした

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ゴジュウカラ  スズメ目 ゴジュウカラ科

おぉ~い こっちを向いてくれ~

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

花散らしの雨で桜は終わってしまいました

ゴジュウカラと桜の写真は来年までお預けになりそうです

撮影日 2016/5/8 ・ 撮影場所 恵庭市

シマエナガ

今シーズンは冬の小鳥をあまり見ることができませんでした

アトリもベニヒワもさっぱり

キレンジャクは札幌で写真を撮ることができましたが

地元では結局1度もお目にかかっていません

ツグミも例年よりは数が少ない気がします

で ちょっぴり小鳥に飢えています

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

シマエナガ  スズメ目 エナガ科

そんな中 ホッとさせてくれるのが

カラ類やシマエナガ・キバシリの存在です

楽しそうにじゃれ合うカップルや

美しいさえずりが心を和ませてくれます

シマエナガ

シマエナガ

シマエナガ

ヒガラ

ヒガラ  スズメ目 シジュウカラ科

ヒガラ  スズメ目 シジュウカラ科

ゴジュウカラ

ゴジュウカラ  スズメ目 ゴジュウカラ科

ゴジュウカラ  スズメ目 ゴジュウカラ科

キバシリ

キバシリ  スズメ目 キバシリ科

キバシリ  スズメ目 キバシリ科

撮影日 2016/3/14 ・ 撮影場所 苫小牧市

水浴び

朝晩の冷え込みに順応できなかったのか、数日前から風邪でよれよれです。

年のせいかなぁ‥。

遅れいてた野鳥ブログ、とりあえず更新します。

キバシリとハシブトガラOLYMPUS DIGITAL CAMERA

キバシリOLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ハシブトガラOLYMPUS DIGITAL CAMERA

ヤマガラOLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ゴジュウカラOLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA

次々と水浴びにやって来る小鳥達。

みんな、かわいかったなぁ。

キバシリは小さかったし、

ヤマガラは思った以上に大きく見えた。

窓の外は土砂降り。

今頃みんなどうしているかなぁ。

撮影日  2014/9/3  ・  撮影場所  苫小牧市

キタキツネ

さて、前回の続きを‥。

ウトナイの自然観察路を散策した後で、厚真の発電所に寄ってみました。

珍しい水鳥が来てないかと野心満々でしたが、

遠くにホオジロガモやヒドリガモ、ウミウなどがポツリポツリと見えただけ。

諦めて帰ろうとしたら、ひょっこりキタキツネが出てきてくれました。OLYMPUS DIGITAL CAMERA

しっぽの毛が抜けて細く見えます。

かわいそうに、疥癬に罹ってしまったようです。

しっぽの細い子に出会う度、いつも気持ちが重くなってしまいます。

ええい、憎っくきヒゼンダニめ!OLYMPUS DIGITAL CAMERA

気持ちを切り替え、ハンドルを握り北大研究林に。

春の陽射しの中、カラ達が楽しげに飛び交っています。

ミズバショウを背景に、ゴジュウカラは得意のイナバウワー OLYMPUS DIGITAL CAMERA

チョウがひらひらと空を舞い、樹液を吸っています。

帰宅してから少しだけ図鑑と にらめっこしました。

多分‥、エルタテハ?OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こちらは、お馴染みさんのキバシリです。OLYMPUS DIGITAL CAMERA

この日は2羽の鳴きながらじゃれ合う姿が見えました。OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今日は午前中、雪まじりの冷たい雨が降りました。

強い風の吹き荒れる中、庭に用意した巣箱をシジュウカラが入念にチェックしています。

どうぞそうぞ、いい物件ですよ。

今年は自宅で子育てが見られるといいな。

撮影日 2014/4/8  ・  撮影場所  苫小牧市

バードフィーダー

庭に植えたノイバラの実が、真っ赤に色づいてきました。
夏の間お休みしていたバードフィーダー。
そろそろ虫もいなくなる頃だと、
ノイバラの枝にぶら下げ ヒマワリの種を入れてやりました。
 1番にやって来たのは、シジュウカラ。
警戒しつつ、餌をゲット。
近くの枝にとまって前足で種を固定し、器用に皮をはがして中身を食べます。
種目当てに、ゴジュウカラもやって来ます。
我が家の庭で見るのは今年初めてのことですが、この子は強い。
私と2mも離れていないのに、平気でヒマワリの種を持って行きます。
しかも、1度に2個3個と。
 なんだか丸っこくて、かわいい‥。
ヤマガラはバードフィーダーの種を、まき散らし
実の詰まった種を選ぶ贅沢者です。
同じカラ類でも個性はいろいろ。
見ていて飽きるということがありません。
近くの電線にシメを見つけました。
そのうちシメもバードフィーダーにやって来るでしょうか。
そうなると、きっと1番強いのはシメ。
シメ>ゴジュウカラ>ヤマガラ>シジュウカラ
力関係は、↑のような気がします。

ゴジュウカラ

久しぶりにスッキリと晴れた、気持ちの良い日でした。
朝は薄氷ができるほどの冷え込みでしたが、
日差しの中ではそれも気になりません。

せっかくのお天気なので、恵庭公園に行ってみることにしました。
 

お馴染みのゴジュウカラです。
首周りが太く、まるでラグビーのフォワードのようです。
(私、昔ラグビー部のマネージャーをやっておりました。) 
 
バスト、ウエスト、ヒップ‥いずれも同サイズ!
こうはなりたくないものだ、と思っていたら‥ 
 

羽づくろいの姿を見れば、
ありゃりゃ‥
な~んだ、普通の小鳥と同じ体形なんだ。 
 
でもこの写真だけでは、(駆け出しバードウォッチャーなら)
“見たことのない鳥”となってしまうかも‥。

ネコヤナギとハシブトガラ

4月と思えないような、穏やかで暖かな一日でした。
明日から、どうやら天気は下り坂とか‥。
「よ~し、今日は野鳥観察の日だ!」と決め込んで、
のんびりといつものコースを散策しました。

沼にはマガモが2羽、コガモが3羽いただけで、猛禽類の姿はなし。
ヒヨドリ、カラ類、カワラヒワの 賑やかな歌声が心地よかったです。

沼の裏手には、いつものようにコチドリが‥。
巣作りの件、よろしくお願いいたします。
と、一応挨拶をしておきました。

ノビタキ君は 相変わらずかわいい笑顔で私の心を乱しますが、
距離を詰めることができず写真は諦めました。 
 

ネコヤナギに、ハシブトガラを発見。
いつもならすぐに逃げ出すハシブト君なのに、
今日は警戒心が消えてなくなったかのように見える。 
 
‥もしかして、ネコヤナギマジック? 
 
 

うなじがセクシー。う~ん、完全に負けているなぁ‥。
 
ん?ちょっと、待てよ!今、ネコヤナギの奥で何かが動いた!
地味な茶色だけど、結構大きい。くちばしと足が、極端に長い。 
 何だろう?とにかく写真に撮っておこうっと!
 
で、帰宅後ボケボケ写真を右から左から眺めた結果、 
オオシギかタシギではないかという結論に‥。
 


先日のミズバショウの写真が好評で、庭仲間から案内を頼まれ
再度「南の里緑地散策路」に行ってまいりました。
そこで仲間と一緒に見た、ゴジュウカラです。
前からと‥

後ろから‥

散策路は仲間にも好評でした。
ミズバショウの他にもエンレイソウが見られるようです。 
 その頃、また行ってみようかな ♪

フクロウ、ゴジュウカラ、ミヤマカケス

昨日、フクロウを見に行って来ました。
3連休の中日でお天気も最高!
フクロウを取り巻くたくさんのアマチュアカメラマンの姿を予想していましたが、
神社の裏に回っても人影はなく拍子抜け。
ん‥?何処だ?フクロウちゃ~ん ♪
キョロキョロ辺りを見回して、やっとカメラマンを一人発見!
彼の指し示す方向に、いました!いました!正真正銘のフクロウです。
思った以上に羽が美しくて、ポワポワした感じ。
寝ているようだけれど、かわいい~!


生い茂る葉に囲まれているものの、なんとか顔を捉えたつもりでいましたが、
さりげないモザイクがかかったような できばえにガッカリ‥。
ちなみに、雌のフクロウがいるという木のうろはスッカラカンでした。
でも念願かなって生フクロウを見ることができたのだから、
欲を出しすぎてはいけません。素直に喜ばなくっちゃ~♪
やっほ~!

こちらはゴジュウカラ。
足の踏ん張り具合と、伸びた体のラインがゴジュウカラらしいですね~。
キビキビ!

ミヤマカケスです。
このカケス君の鳴き声は、超ユニーク。

他にも、アカゲラ、コゲラ、カラ類などがたくさんいましたよ。
そうそう、6月になれば赤ちゃんフクロウを見ることができるとか‥。

次は一人で行ってみるかな。

ゴジュウカラ

北大演習林はとても美しく、何処を見ても絵になります。
 
ここは円錐樹種の並ぶ場所。
落葉した木々の中に常緑樹を見つけると、
ホッとするのは私だけでしょうか。 
   

こちらはゴジュウカラです。
くちばしから眼にかけて黒い線がつながります。
指に止まって、まるで息子の顔色を窺っているかのよう‥

視線が少し下がり

手の中のヒマワリの種に移ります。

大丈夫だよ。このお兄さんは、優しいお兄さんだから。
安心して食べてね。