ヒバリ

長都沼周辺でノゴマの写真を撮ったのだけれど

それはそれはひどい枝かぶりで

ノゴマのちゃんとした写真を撮るなら

やっぱり はまなすの丘公園に行くのが早いと

昨日石狩まで出かけてきました

駐車場に着くなり ノゴマのさえずりが聞こえてきて

早起きした甲斐があったというものだ

と気をよくしていたのですが

いつまで経ってもノゴマは藪の中

なかなか思うような所に出てきてくれません

ようやく撮れた写真も なんだか枝だらけのツンツンでした(涙)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ノゴマ  スズメ目 ヒタキ科

あるいは 枯れマツの空抜け~

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

結局 この日1番きれいに撮れたのはヒバリ

少々悔いの残る鳥見となりましたが

ヒバリだけでもきれいに撮れてよかった と思う事にしたのでした

ヒバリ  スズメ目 ヒバリ科

ヒバリ  スズメ目 ヒバリ科

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

撮影日 2016/5/26 ・ 撮影場所 石狩市

フレンドリー

笹薮の中からヤブサメの声が聞こえてきます

林の奥では ウグイスやセンダイムシクイ クロツグミが鳴いています

ニュウナイスズメやアオジが 元気いっぱいに飛び交っています

一昨日は オオルリの姿も見ました

そして

くりくりお目目のコムクドリもやって来ました

落葉樹の新芽を食べるのに夢中で レンズを向けても平気です

コムクドリ(オス)OLYMPUS DIGITAL CAMERA

早春にやって来たヒバリ

来て間もない頃はなかなか近寄れませんでしたが

最近は様子が違います

何か理由があるのでしょうが ヒバリは教えてくれません

もしかしたら 近くに巣があるのかもしれません

ヒバリOLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

撮影日 2015/4/29 ・ 撮影場所 恵庭市

冠羽

長雨とぎっくり腰とで、しばらくお休みしていた鳥見。

昨日ちょっとだけ、長都沼周辺を走りました。

ノゴマやベニマシコの姿は見えませんでしたが、

赤い目をしたキジバトや

キジバト   ハト目 ハト科

キジバト   ハト目 ハト科

 水浴びをするカワラヒワ、

カワラヒワ    スズメ目 アトリ科

カワラヒワ    スズメ目 アトリ科

 巣立って間のないノビタキのヒナや

ノビタキ(ヒナ)   スズメ目 ヒタキ科

ノビタキ(ヒナ)   スズメ目 ヒタキ科

堆肥の山のヒバリが相手をしてくれました。

ヒバリ   スズメ目ヒバリ科

ヒバリ   スズメ目ヒバリ科

ちなみに、ヒバリの冠羽は立っていました。

警戒しているときに立つイメージの強い冠羽ですが、

ヒバリの場合は立っているのはリラックスしているとき。

緊張したときに冠羽を寝かせるようです。

堆肥の上でリラックスかぁ‥。

私なら冠羽、ビンビンに逆立っちゃうかもしれないなぁ。

撮影日  2014/6/16  ・  撮影場所  千歳市

冬から春へ その3

このところ気持ちの良いお天気が続いています。

こういう日は、外に出ているだけで気分爽快!

 

久しぶりの沙流川。
雪はほとんど解け、辺りはすっかり春の景色に変わっていました。

車から降りて一番に聞こえてきたのは、なんとヒバリの鳴き声でした。

まるで未来にタイムスリップしたような気分 ♪

歌って、歌って ♪ 遠いあの地まで、その声が届くように!

 

撮影 3/28 沙流川

ヒバリの砂浴び

久しぶりにすっきりと晴れた昨日は、
乾いた風がとても気持ちの良い日でした。
  

農道のアスファルトの上に溜まった乾いた土。
とことこ歩いて来たヒバリは、その土の上にちょこんと座り込みました。

ん?何が始まるの?

 
外敵が来るとじっとうずくまるというけれど‥
 

あっ、砂浴びだ!
ちょっぴりだけど 土ぼこりが見える。 かわいい ♪
 

あ~、気持ちよかった~。

いいお風呂でした。
お先に失礼~♪

砂浴びは水浴び同様、寄生虫や余分な油を取り除く働きがあるそうです。
スズメは水浴びも砂浴びもするので有名ですよね。
そう言えば、人間にも砂風呂ってあったよな‥。

ヒバリもがんばっている

早春から、美しいさえずりを披露してくれているヒバリです。
 
う~ん、冠羽が立派ですねぇ。

くちばしの先に見えるのは、美味しそうな芋虫‥かな?

子育てをする親鳥の姿が感動的なのは、何故だろう。
 
 
芋虫、落とさないように気をつけてね。

おぉ、ヒバリ~♪

 
自宅から200mほどの場所で、ヒバリに遭遇!
歩道をとことこ歩いていたら、すぐ近くからひょいと現れたヒバリです。

今日のヒバリは人見知りしないみたい。

全然逃げない。

 
立派なモヒカン、軽快なダンス。
コミカルなお顔‥。

  
でも、横から見ると全然違う。
スタイル抜群で、端正な顔立ち‥。
 

 
あっ‥どちらにいらっしゃるのですか?
 

 
ちょっと、そこまで‥虫さがし。
 
うん? 冠羽が目立たなくなっちゃった。
こうなると、またイメージが違うなぁ‥。

(西島松)
まだ若いヒバリのように見えました。
春に、一生懸命追いかけたヒバリだけれど
まともな写真は1枚も撮れなかった。
無欲だと、案外上手く撮れるのかもしれない‥気のせい?

写真は全てトリミングしています。