オオワシ&オジロワシ

前回に引き続き、沙流川河口で見つけた野鳥シリーズ。
今回登場するのは、オジロワシやオオワシなどの猛禽類です。

強い風が吹き荒れるこの日 ちゃんと
ワシ達を見つけることができるかどうか心配していましたが、
心配は無用でした。
 
いるわ、いるわ。1羽、2羽‥6羽。
 

オオワシの成鳥1羽のそばに、5羽の幼鳥がうじゃうじゃ。
さながら、ワシの保育園のようです。

幼鳥達は、み~んなこのオオワシの子供なのでしょうか?


空中で戯れる2羽の幼鳥。
これは、オオワシの幼鳥か、はたまたオジロの幼鳥か?


こちらのチビッコは、オオワシ?それとも、オジロ?
迷いだすと、ますます区別がつかなくなってきますね。


これは間違いなくオジロワシの成鳥。
 

そしてこちらは、オオワシの成鳥。


で‥、こうなると、判らなくなってきます。
う~ん、難しい。どんどん自信がなくなってきたぞ。


嘴がここまでになれば、大丈夫。
そう、これはオオワシのチビッコに間違いありません。


後ろから見ると、こんな感じです。

いや~、オオワシとオジロワシ。
成鳥になれば簡単に判別できますが、
幼鳥時代となると難しいものですね。
  
以前長都沼で撮った写真も、不安になってきました。
オジロワシの幼鳥と断定しちゃったけど、大丈夫‥かな?

オジロワシとナマズ

抜けるような青い空。風のない穏やかなお天気。
今日は、絶好の鳥見日和でした。
 
久しぶりに訪ねた長都沼にも、カモ達が戻り
上空にはマガンやヒシクイの群れが飛び、
雪原にはシラサギやオオハクチョウが
のんびりと羽を休めていました。
 

長閑だなぁ‥と思っていたら、
突然現れた大きな鳥!

「お~!オジロだ~!」
 
「あ~残念。」行っちゃったなぁ‥。」
 

‥と、思っていたら、そのオジロワシ
近くの雪原でなにやら食べていました。

何だ~?長いヒゲが見える。しとめたのは、もしかしてナマズ?
うん。どうやらそうみたい。うわぁ~。

もう少し近づいて、獲物を食べているところの写真を撮りたい!
 
そろりそろりと近づいてみましたが、 残念ながら
オジロワシは対岸にバサバサと飛んで行ってしまいました。
 


もっとも餌(ナマズ)のほとんどはその場に放置され
オジロワシが持ち去ったのは、ほんの一部です。
 
これこれ、オジロワシや。
命を粗末にしてはなりませぬ。

というより、私が居たせいでゆっくり食べられなかったということかな。
ごめんね。オジロ。

オジロワシ 幼鳥

今回も、以前撮った写真から。

写真のオジロワシは、沙流川の帰り、苫小牧で見つけたもの。
小さな公園の木に、頼りなげにポツンと とまっていた。
まだ幼鳥のようだけど、心なしか痩せて見える。

 
近くに川なんてないけれど、ちゃんと餌を食べているんだろうか?
 


じわじわと寄ってみるが、全く逃げる様子がない。
 
「無害だよ。無害だよ。な~んにもしないからね。」
「怖がらなくていいからね~。」

 


近くで見たオジロワシの足と爪‥さすがにデカイ!
チビッコといえども、やっぱりオジロワシだ。

がんばれ、チビッコ。
立派な大人になるんだよ~。

幼鳥を見る度、どうしても同じことを叫んでしまう私であった。
‥母性本能のせいかなぁ?

沙流川の野鳥 その3(かっこいいオジロワシ幼鳥)

場面は再び、沙流川河口に‥。
仲良く並んだ、オジロワシの幼鳥とハシボソカラスの背景は、
太平洋とすっきりと晴れた青空。
  

幼鳥でも、さすがにオジロ。眼光鋭く、その顔は気高い‥かっこいい。


成鳥なら近寄ればすぐに逃げてしまいそうだけれど、
チビッコなので じりじりと距離を詰めることができる。
 
キリッ!‥やっぱり、かっこいい ♪


次の瞬間、
まるで重力なんて関係ないというように
ふわぁ~っと浮き上がって


青い太平洋に向かって飛び立った。


モモヒキはまだ茶褐色だけど、


その姿は、立派なものだ。


しっかり魚を食べて、元気にやっておくれよ。
写真に付き合ってくれて、ありがとう。

沙流川の野鳥 その2 (オオワシ)

「沙流川でワシタカ&コミミズクを撮るぞ~!」シリーズ、第2弾です。
 
 
オジロワシの幼鳥を夢中で撮っていたら、
写真仲間から
「あそこに、オオワシがいる。」と教えられキョロキョロ。
「あ!本当だ。少し離れた場所に、ちょこんとお座り(?)している。」

慌ててこちらもパシャリ。
電柱以外で撮るオオワシ‥緊張するなぁ~。
  
あっ!飛んだ。
 


あ~、対岸に行っちゃったかぁ‥。
ちょっと遠いなぁ。

でも、切り株の上のカラス と氷上のオオワシなんてちょっと面白いかも ♪

 いいですか~?お二人さん、撮りますよ~!
はい、チーズ。パシャ!


この後、オオワシはずっと対岸でした。

時々、マガモやカワアイサが飛び立っているのは
どうやら私達人間と タカの姿に驚いているせいのようです。
 
オオワシさんは、マガモたちにはあまり興味がないみたい。
もしかして、どちらかというとお魚が好きなのかなぁ?
よかったね。マガモさん。

沙流川の野鳥 その1(地味なオジロワシ幼鳥)

昨日、写真仲間の「ワシタカ、コミミズクを撮るぞ~!ご一行」に加えて頂き
念願の日高の沙流川に行ってまいりました。
  
恵庭にもオジロやオオワシがいるけれど、
ロケーションのよい場所で猛禽を是非撮りたいと思っていたので
もう期待でドキドキ、ワクワク ♪
 


あ!海が見えた。太平洋だ。カモメが飛んでるなぁ~。
トビもいっぱいだ。
 

ふ~ん、ここで見ると トビまでかっこよく見えるから不思議だなぁ ♪
 

いや~、いいね、いいね。トビの諸君、おはようさん ♪


おぉ、おぉ。あっちにもこっちにもトビがいるなぁ~。
‥ちょっとビッグサイズに見えるけど‥トビだよなぁ。

うん?ト‥トビかぁ?
 

あ~!違~う!トビじゃな~い!
オジロだ!

うわぁ~、あっちには結氷した川の上の2羽のオジロワシ?
なんて贅沢な‥。

1羽は成鳥だけど、もう1羽はチビスケみたいだ。
頭もまるで黒いし、尾羽なんてどこも白くない。

お~、今度は飛んで来た。
これもまだ若いオジロみたいだ。

さっきのよりは、ちょっと年上かもしれないなぁ。
 
猛禽のゆったりと飛ぶ姿は、なんとも優雅。


電線も、家屋も、枝の込み合った樹も。
川の上を遮るものは何もな~い。
滑るようにして飛ぶオジロワシ。いいねぇ~。

う~ん、最高の気分。
 

こうして、我を忘れてシャッターを切り続けた私は
1日に800枚以上の写真を撮ってしまったのでした。
あ~、目がしょぼしょぼする。

撮った写真の数が半端じゃなかったので、
何回かに分けてブログで紹介することにしますね。
では、また。

オジロワシ

気持ちの良いお天気の日、久しぶりに見つけたオジロワシ。
  
オオワシのような派手さはないけれど、
そのクールな目がたまらない。
思わず「ついて行きます!」と言いたくなってしまう。
 
「来なくていい。」と言われそうだけれど‥。 
 

込み合った枝のため、MFでパシャパシャ。

そうこうしていたら、いきなりふわりと飛び立った。
慌ててシャッターを切ったけど‥

あ~しまった、MFのままだ~!
ピ‥ピントが残念。 

それでも飛び上がったその姿は、かっこいい。
ちゃんと黒いモモヒキも写っている。
 

なんとかピントが合ったときには、
かなり遠くに飛び去ったあと。

でもオジロワシ、後ろ姿もステキかも ♪
 

オオワシ

再びオオワシです。
先日、やはり長都沼近くで見つけました。
 

おぉ~、何度見てもかっこいい。

のびをした後のポーズです。
 片足でも、この安定感。バランス感覚10・0!
   


逞しい足に鋭い爪‥そして庶民的なモモヒキ姿。
あ~、また好きになっちゃいそうだ。

キリッ! 凛々しい。

飛び立った後の後ろ姿。
ピントはまずまずだったけれど、ロケーションが残念。
 

ロケーションはまずまずだったけれど、ピントが残念。
上手くいかないなぁ~。

こうして課題は、なおも続くのでありました。
 

オジロワシ 幼鳥

しばらくは愛媛で撮った野鳥を紹介しようと思っていましたが、
昨日ドキドキするようなことがあったのでちょっと中断です。

下の写真は、長都沼で撮ったものです。
一昨日とは打って変わって、昨日は暖かな1日でした。
沼にはたくさんのハクチョウやカモが長閑に過ごしておりました。

‥が、突然カモ達が一斉に飛び立ち大騒ぎ。

いったいどうしたんだろう?

と、そこに現れたオオタカ。

‥そうか 、オオタカのせいか‥。
オオタカに追われて逃げるカモの群れを見ていると、
なんと‥
オオタカとは別の 一回り大きな猛禽がやって来た!!

あ!オジロワシだ~!

カモさんにオジロか‥うわぁ~、ドキドキドキ!

ドキドキドキドキ!

さすがに白鳥は逃げたりしないけれど、 
頭上のオジロを揃って見上げています。

羽を広げると、実に大きい!
さすがオジロだなぁ~。

腹や胸は、白と黒褐色のまだら模様に見えるし
尾羽の先端もまだ黒い。
くちばしが黄色みを帯びてきているから、
生まれて3年目ってところ‥?


幼鳥と言えども、眼光鋭く精悍な感じ。
こんな猛禽に睨まれたら‥
私なら身がすくんでしまいそうだなぁ。
 

仲間と離れたマガモ1羽。
どうやら狙いは定まったみたい。
逃げるマガモを追いかけるオジロワシ‥。
どちらにとっても命をかけた真剣勝負です。
 

マガモとオジロワシの闘いは、しばらく続きました。
オジロが水面に浮かぶマガモを狙って急降下するたび、
マガモはひょいと水中に潜ります。

何度も何度も攻撃を繰り返す若いオジロワシでしたが、
結局この狩りでマガモを射止めることはできませんでした。


生きるために必死な野鳥達を見ていると、
小さなことでオロオロしている自分が恥ずかしくなります。

まだ若いオジロワシ‥どうか、立派な成鳥になれますように‥。

オオワシ

今回も北海道から‥。
 
本日なんと、オオワシに出会いました。
流氷の上に乗った‥というわけにはいきませんが、
それでもオオワシはオオワシ。
 

ほらね。トリミングすれば、なかなかのものでしょう?
王者の風格を感じさせる立派なオオワシです。
 

うわぁ~、かっこいい~!

よいしょっと。左足をちょっと上げて‥。
 

黄色いくちばしの大きなこと‥。

実はこのオオワシ、長都沼の近くの電柱におりました。

いよいよ飛び立つ気配。
さあ、いくよ~! 


とりゃ~!
 


おぉ、飛んだ、飛んだ!


あれ~!オジロが消えた~!
 


しまった~!計算ミスだ~!
飛び上がる前に、一度落ちるのか~??
しかも完全に、オオワシのスピードについていけてないじゃん。

せっかくのビッグチャンスを活かしきれないアホな私でありました。
よ~し、精進し~よっと!