キツツキ目キツツキ科

野良猫 VS アカゲラ君

投稿日:

5日ほど前、公園の林の中でノラ猫を見つけました。
風格のあるどっしりとしたその後ろ姿に、
なんだこの生き物は?もしや珍しい野生動物か?
とドキドキしましたが、
落ち着いてよく見れば、どうやら猫ちゃん。

後ろから「猫ちゃ~ん♪」と甘い声で呼んでも、微動だにしないふてぶてしさ。
機転を利かせて笹を揺り動かした知人のおかげで
その生物が間違いなく猫であることが納得できました。

おお~、まるまると太った貫禄たっぷりの猫殿‥こわ!

 

 
3日ほど前、カワセミを狙って待ち伏せしていたら、
なんとこの猫が倒木の上を悠然と歩いてくる。

     え~!あなた、何処に行くつもり?
  止めて!止めて!そっちにはアカゲラちゃんがいるのよ~!
  
慌ててカメラその他一式を抱えて、猫の後を追うおまさ。
もちろん、何かをしようってわけではなかったけれど
事の顛末を見届けないわけにはいかない。
アカゲラちゃんは、大丈夫かなぁ?
 
   


あぁ、いたいた。いや~、呑気にお昼寝? 
危機が迫っているのよ。早く気付いて~!
やきもき‥

 


のっし、のっし、のっし‥
普段野鳥を見慣れているせいか、
ドラ猫がまるでベンガルトラのように見える。

 


いや~、いよいよ近づいて来たよ~!
何?舌なめずりなんかして、何をするつもりなの~?
  

 
おぉ、アカゲラ君、やっと気付いたの?
野生のくせに、君ちょっと遅いよ~。
 


 ん?逃げないの?
もうちょい、高いところに逃げるとか
そういう選択肢もあると思うんだけどなぁ‥

 

 
とにかくノラ殿、早く何処かに消えておくれよ~。
 
あぁ~よかった。そうそう、その調子。
 ご苦労様でした~。 
 
 

え~!せっかく猫殿が見逃してくれたっちゅうに、
何であなたは後追いするわけ?
あ~ほら、早く隠れて~!
 

ほら~、隠れるくらいなら最初っから近寄らなきゃいいのに‥。

え?家を守るのは男の仕事だって?
お見逸れいたしました。

-キツツキ目キツツキ科

Copyright© おまさのこっそり野鳥日記 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.