未分類

千古園で その2(エゾリス編)

投稿日:

前回に引き続き、舞台は千古園です。
  
関矢孫左衛門翁なる人の屋敷跡につくられた という千古園。
広くはありませんが、緑豊かな美しい公園には生き物がいっぱいです。
   

敷地を覆いつくすような樹木は、まるで天然の屋根のようです。
 

樹木の屋根の下、ほの暗い場所で見つけた生き物のシルエット。
エゾリスです。

暗がりをチョロチョロと走りまわるエゾリスの ‥

大好物といえばは、クルミ。


ここには立派なオニグルミの木があって
地面のあちこちに たくさんの実が落ちています。
ドングリもいっぱい。栃の実もいっぱい。
( 栃の実は食べないか‥。)
 

にゃにゃ、見つかった!

あっち、行こうっと。
バイバ~イ ♪

あやや‥また来たの? しょうがないなぁ~。

ふ~ん、恵庭から?
まぁ、楽しんで行ってよ。

千古園にはツガイのエゾリスがいて、
この日も仲良く一緒に走り回っていました。
カラ類やアカゲラ、コゲラ、コサメビタキ、
公園のすぐ近くにはオオタカも出るのだとか‥。

お気に入りの場所がまた増えたな。
葉が色づく頃、またお邪魔しようっと ♪

-未分類

Copyright© おまさのこっそり野鳥日記 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.