アカエリヒレアシシギ

初撮りの アカエリヒレアシシギです

海岸近くの水たまりにいました

夏羽のような艶やかさはありませんが

白と黒のシックな装いもなかなか ‥

とても美しい鳥ですね

アカエリヒレアシシギ  チドリ目 ヒレアシシギ科

アカエリヒレアシシギ  チドリ目 ヒレアシシギ科

写真を撮っているときには余裕がありませんでしたが

改めて見ると

足指にヒレのような水かきがついているのがはっきりと分かります

さすが 泳ぎの名人ですね

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

アカエリヒレアシシギ  チドリ目 ヒレアシシギ科

アカエリヒレアシシギ  チドリ目 ヒレアシシギ科

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

海上にいることの多いアカエリヒレアシシギ

この鳥に出会えたのも 地元のアマチュアカメラマンさんらのおかげです

多分このブログをご覧になることはないと思うけれど

その節は お世話になりました

撮影日 2016/8/28 ・ 撮影場所 石狩市

キョウジョシギ

朝晩冷え込むようになって

そろそろ夏も終わりかと思っていたのに

午後4時現在 室温は30℃越え

あ~ 蒸し暑い~!

一昨日も暑かったけれど

乾いた風が吹いていて気持ち良かったんだけどなぁ

そう

すっきりと晴れた一昨日は 浜辺でシギ探し ♪

いるわ!いるわ!

トウネンでしょ ハマシギでしょ トウネン トウネン トウネン‥

あっ ミユビシギだ

じゃあ これは?

キョウジョシギ  チドリ目 シギ科

キョウジョシギ  チドリ目 シギ科

これは キョウジョシギ

じっとしていると見分けがつかない 地味~な羽色をしていました

ちなみに座り込んだら こんな感じ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

手前) トウネン  奥) キョウジョシギ

これじゃあ きっと自力では見つけられなかったはず

カメラに収めることができたのも

ひとえに先客の皆さんのおかげですね

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

キョウジョシギ  チドリ目 シギ科

キョウジョシギ  チドリ目 シギ科

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

次回は アカエリヒレアシシギを紹介しますね ♪

撮影日 2016/8/28 ・ 撮影場所 石狩市

カルガモのヒナがいたよ

バンファミリーがいた同じ池に カルガモの親子もいました

この辺りでカルガモの繁殖を見ることは稀なので

最初はマガモだと思い込んでいたのですが

池で見たのはカルガモでした

カルガモ幼鳥  カモ目 カモ科

カルガモ幼鳥  カモ目 カモ科

それにしても 思い込みって怖いですね

目の前でカルガモの親を何度も見ているのに

家に戻って写真を確認するまで

あれはマガモの親子だったと 信じ切っていたのですから

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

手前 カルガモのヒナ  奥 バンのヒナ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

手前 カルガモのヒナ  奥 バンのヒナ

カルガモのヒナは全部で4羽でした

親鳥2羽と若鳥3羽 ヒナ5~6羽という大所帯のバン一家からすると

なんとも寂しく思えます

がんばって生き抜くんだよ

カルガモの子!

撮影日 2016/8/20 ・ 撮影場所 恵庭市

二番子 バン編

バンの1番子に出会って 50日後

同じ池で2番子を見つけました

黒いポワポワが 1、2、3 ‥

少なくても5羽はいるようです

バン ヒナ  ツル目 クイナ科

バン ヒナ  ツル目 クイナ科

6羽いた1番子は 3羽になっていました

3羽とも もう立派な若鳥です

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

バン 若鳥  ツル目 クイナ科

バン若鳥  ツル目 クイナ科

バンの若鳥は ヒナの子育てを助けるヘルパーとして有名です

立派な若鳥が3羽

きっと親鳥は大助かりでしょうね

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

バン つがい

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

撮影日 2016/8/20 ・ 撮影場所 恵庭市

二番子 ツバメ編

子供の頃 ツバメは身近な存在でした

毎年 家の軒下に巣を作り 人のすぐそばで子育てをしていました

親が餌を運んで来ると ヒナ達が一斉に口を開けて大騒ぎ

懐かしい思い出です

時代が変わり 住まいを北海道に移したことで

ツバメを見る機会は激減しました

先日 そんなツバメの二番子に出会いました

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ツバメ  スズメ目  ツバメ科

ツバメ  スズメ目 ツバメ科

手前 ツバメ親鳥  奥 ツバメ幼鳥

ツバメ  スズメ目 ツバメ科

手前 ツバメ親鳥  奥 ツバメ幼鳥

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

左 ツバメ幼鳥

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ツバメ幼鳥

巣立ったヒナは全部で6羽

身体は大きく見えますが

まだ親鳥から餌を貰っています

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

独り立ちまでのわずかな時間

父さん 母さんツバメの見守る中

二番子達は元気に育っています

撮影日 2016/8/18 ・ 撮影場所 恵庭市

翡翠 幼鳥

今年もカワセミに会えました

大きな頭に長いくちばし

胸も足もくすんでいるけれど 背中はきれいなコバルトブルーをしています

カワセミ  カワセミ目 カワセミ科

カワセミ  カワセミ目 カワセミ科

餌だって もうちゃんと1人で捕れるんです

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

しっかり体力をつけて がんばって渡って行くんだよ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そうしてまた ここに戻っておいで

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

撮影日 2016/8/12 ・ 撮影場所 恵庭市

バン親子

ずいぶん更新が遅れましたが

6月下旬に撮ったバン親子の写真をアップします

暑くなると どうも怠け癖が出て いけません

バン親子を見たのは 恵庭市内の小さな池

こんな所でバンが子育てをしていたとは 驚きです

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

バン  ツル目 クイナ科

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

池には 生まれて間もないヒナが6羽いました

頭頂部はまだ地肌が見えているけれど

赤い嘴は親鳥とそっくりですね

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

親鳥のあとを追って

あっちへ うろうろ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

こっちへ うろうろ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 親鳥を追いかけていたヒナ達が

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

カラスの声に驚いて U ターン!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

バン ヒナ

大急ぎで物陰に身を隠します

カラスが天敵だということ こんなに小さな時から知っているんですね

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

しばらくして 葦原からぞろぞろと出てきたヒナ達

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

目立たないように池の縁沿いを泳ぎますが

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

親鳥の所にたどり着くには

どうしても 目立つ場所を泳がなくてはなりません

カラスがいないことを確認して‥

あっ お母さんだ!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

親鳥の姿を見て 力を得たヒナ達

よかったね~

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

あれからずいぶん経ちました

あのヒナ達 どうしているでしょうか

みんな無事に大きくなっているといいなぁ

撮影日 2016/6/29 ・ 撮影場所 恵庭市

てんこつとルリビタキ

「てんこつ」を調べると

「天骨」

生まれつきの気骨 天性

また、生まれつきの才能。 とあった

いや 違う これじゃない

北海道 方言 と 入力してみる

「てんこ」 「てんこつ」は てっぺん 頂上 の意味 とある

これだ!

リリビタキ  スズメ目 ヒタキ科

リリビタキ  スズメ目 ヒタキ科

望岳台でナキウサギを待っているときに 何度も ルリビタキを見た

すぐそばで鳴いているように聞こえたが

大抵は遙か遠くのマツの上にいた

現場で知り合った男性が

「 ダメだ てんこつだ 」 と言うので

思わず 「てんこつって何ですか?」と尋ねたが

照れ笑いをするばかりで ついに返事は返ってこなかった

‥‥‥

「 ダメだ てんこつだ 」 は きっと

遠い 空抜けのマツのてっぺんじゃ いい写真は撮れない

のような意味合いだったのだろう

ルリビタキ(オス)  スズメ目 ヒタキ科

ルリビタキ(オス)  スズメ目 ヒタキ科

エゾナキウサギは2箇所に現れた

片方に出ると 小さな声で 「出たよ」 と知らせてくれる

ほとんどが初対面の人ばかりだったけれど

仲良く助け合っての写真撮影というのは ほんとうに楽しい

茶色のチョッキを着たエゾナキウサギと

ナキウサギ

エゾナキウサギ

毛の生え変わりが進んだエゾナキウサギ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

エゾナキウサギ

現場でお世話になった方々

多分ネットはやっていないと思うけれど

その節はありがとうございました

撮影日 2016/7/20 ・ 撮影場所 上川郡美瑛町