ブッポウソウ目カワセミ科

越冬カワセミ?

投稿日:

インターネットがやっと繋がりました!
久しぶりのブログの更新は、10日ほど前の恵庭発電所で見た風景から‥

今日の恵庭も湿った雪が降っているけど、
この日も同じように寒~い日でした。
横殴りの雪が降りしきるなか恵庭発電所に向かったのは
ヤマセミを狙ってのこと。

雪は長続きせずに止み、重い雪はすぐに解けていきました。
でも、辺りはまるで水墨画のような白と黒の世界。 
しぶいね。

しばらくヤマセミの姿を探しましたが、出てくる気配はゼロ。
ホオジロガモ(雌)が遠くで、トップン、トップンと潜る姿が見えるだけでした。

そうすると不思議なもので、寒さがよけい身にしみてきます。
「仕方ない、出直すとしよう。」

お天気の回復を待って再度訪れた恵庭発電所。

なんだい、このトビの数は。
目に入ってきたのは、上空を舞う無数のトビの姿でした。

差し込む陽の光に照らし出されたトビ
やるじゃん、なかなかキレイ。
 

ヤマセミは相変わらず見あたりません。
今日はここには来ないのかなぁ~。
と諦めホ オジロガモの写真を撮っていたら‥

なんだか青い鳥が、水面近くを一直線にやって来ます。

おぉ~!もしやあれは、カ・ワ・セ・ミ??
え~!この時期に?

これが噂の越冬カワセミというやつなのか‥?
そうか、こんな所にいたのか‥。

枝に止まったカワセミは、心なしか幼い顔に見えました。
こんなんで、厳しい冬を乗り越えられるのかなぁ。
頼りなげな姿が自分とダブって見えて、なんとなく肩入れしてしまいました。

「あなたはそんなにかわいくない!」って?
あはっ、やっぱり?ごめんなさい。
 

-ブッポウソウ目カワセミ科

Copyright© おまさのこっそり野鳥日記 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.