ブッポウソウ目カワセミ科

カワセミ物語 愛媛編 Ⅱ

投稿日:

カメラを持って動いていると、よく声をかけられます。
「何かいますか?」とかで始まって、たまには長話になることも ♪ 
以前に掲載したカワセミの写真は、
偶然出会って意気投合した女性と一緒に撮りました。
初対面の方の車に乗り込み、冒険ができるなんて‥これもカメラのおかげです。
   
今回は、道後公園のお堀で見つけたカワセミの写真をアップします。  
まずは外堀にいた2羽のカワセミから。
 
ひとつ枝に仲良く並んで。
右のカワセミ君、羽を広げてツバメになりました。  
「よ~し、今日は羽を広げて「ツバメ」のお稽古だ ♪」
「まぁ あなた、カワセミとしてのプライドは?」
  

見てみろ、このポーズ。どうだ、なかなかなもんだろう?
ダメだわ、もう付き合ってらんない。

あっ‥


なにも怒ることないじゃないか‥。
男のロマンを解ってくれよぉ。

な~んてことを言ったかどうか定かではありませんが、
なかなかに面白い光景でした。

下のカワセミも、道後公園の外堀で見つけた女の子。
下の嘴が赤いのが はっきりと判ります。

「うふっ、どう?私の後ろ姿?」

「これは 私が川エビをゲットしたときの写真。
かわいいだけじゃなくて、狩りの腕もなかなかのものなのよ。」

で‥下の2枚は内堀にいたカワセミ君です。
なんでも内堀はドブさらいをしたせいで餌がなくなってしまったとかで
もっぱら出没するのは外堀ばかりでした。
北海道に戻る日が迫った頃、やっと内堀でその姿を発見!
あぁ、もうちょっと早くここで見つけたかったなぁ。

尾羽にちょっぴり日の光が‥。

たくさんの人がベンチに座って景色を楽しんだり、本を読んだり。
その前で、カワセミ君はダイビング!
写真を撮っている私を見て、初めてカワセミの存在に気付く人々。
「へぇ、ここに こんな鳥がいるんですか?」

そうなんです。そんなものです。
見ようと思わなければ気付かないものって たくさんあるんです。
そういう私も ついこの間まで、カラスとスズメと鳩くらいしか知りませんでした。

ずいぶん時間がかかってしまいましたが、
故郷愛媛で見た野鳥の紹介も終わりました。
いよいよ次回からは北海道で見つけた野鳥の登場です ♪
う~ん、何の写真を載せるかなぁ。

-ブッポウソウ目カワセミ科

Copyright© おまさのこっそり野鳥日記 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.