ツル目クイナ科

リベンジ

投稿日:

バンのリベンジに燃え、再び訪れた湖(?)は
どんよりとした曇り空でした。
ヒツジグサの白い花は、2日前よりも少し増えてきた気がします。
 待つこと40分。
葉陰からひょっこりと顔を出してくれたのは、
「真っ黒くろすけ」のお兄ちゃん(お姉ちゃん?)でした。
これも、お兄ちゃん。
お食事中です。
(遠い‥。)
後姿だけれど、立ち上がって‥
その大きな足も披露してくれました。
その後もしばらく粘ったけれど、現れるのは大きくなった幼鳥ばかり。
親鳥や「真黒くろすけ」は全く出て来ません。
幼鳥との距離も なかなか詰まりません。
 諦めて、湖岸を散策することにしました。
時おり吹く風で、柳の葉は大きく揺れます。
 けたたましい鳥の警戒声(アラームコール)が聞こえてきたので
辺りを見渡すと、
上空になにやら猛禽らしき姿が確認できました。
豆粒だけれど、チゴハヤブサです。
電線にとまっていたチゴハヤブサ。
これは前回来たとき、駐車場付近で撮りました。
湖周辺がテリトリーなのかもしれません。
結局この日は、1度も親鳥と真っ黒くろすけの姿を見ることができませんでした。
何処に行っちゃったんだろう‥。
リベンジ、とても成功とは言い難いなぁ。
また頑張ろうかな~。

-ツル目クイナ科

Copyright© おまさのこっそり野鳥日記 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.