タカ目タカ科

樹氷と野鳥と

投稿日:

 

昨日今日と厳しい冷え込みが続いています

 

樹氷を背景に飛んでいるのは オジロワシ

昨日 長都沼で撮りました

時間は11時くらいだったでしょうか

既に氷の結晶がハラハラと剥がれ落ち始めていましたが

なんとかギリギリセーフかな?

ピン あまいけど

オジロワシ

 

家を出てすぐ(9時過ぎ)の頃の樹氷は ほんとうに見事でしたよ

 

日差しはありましたが 気温は-10℃以下

無風だったのが幸いして

ダイヤモンドダストまで見ることができました

 

こちらは 再び長都沼周辺の景色です

 

てっきり沼は 完全結氷しているものと思っていましたが

思った以上に開いている所があり

マガモやヒドリガモ オオハクチョウなどが のんびりと羽を休めているのが見えました

 

マガモ他

 

オオハクチョウ

 

ジュルジュル

帰り道 久しぶりにシマエナガの鳴き声を聞きました

込み合った枝の間から 見え隠れするシマエナガ

かろうじてシャッターを切りましたが

残念ながらチャームポイントのお顔が 少ししか見えな~い

美しかった樹氷は すっかり冬枯れの木に戻ってたしなぁ

でも 後ろ姿も そこそこかわいいシマエナガ

出て来てくれて ありがとう

撮影日 2019/12/23 ・ 撮影地 恵庭市 千歳市

 

 

-タカ目タカ科
-, , ,

Copyright© おまさのこっそり野鳥日記 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.