スズメ目ヒタキ科

キビタキの縄張り防衛

投稿日:

原生林の残る神秘の森や、
湧き水からできた美しい小川の流れる恵庭公園。
 
そこここから聞こえて来る野鳥の鳴き声。
う~ん、癒されますねぇ。
おぉ、いたいた。君はキビタキか?
 
澄んだよく通る声でさえずるキビタキ君。
いいねぇ~。実にいい!

ブ~ン!ブ~ン!ブ~ン!
突然聞こえてきた、蜂の羽音に似たもの。
何、今の音?

ブ~ン!ブ~ン!ブ~ン!

「あ~、チカレタ。」
 
「なんて、休んでる場合じゃないぞ。
そ~れ、ブ~ン!ブ~ン!
 

もしかして、この羽音ってキビタキ君が出してるの?
キビタキといえば、キレイな鳴き声でさえずるものとばかり思っていたけれど‥
 
あっ!あそこにもう1羽、キビタキがいるぞ!

そうか、そういうことだったのね。
羽でブンブン音を立てて、

2人して縄張り争いをやっていたんだ。

お~、にらみ合っていますねぇ。
アカゲラ達もあちらこちらで小競り合いをやっているけれど、
キビタキ君達も、なかなか大変なんだね。
 
ブンブンブンの羽音は、私にとっては恐怖の音。
できればもう少し違う形での縄張り争いをして欲しかったなぁ‥。

-スズメ目ヒタキ科

Copyright© おまさのこっそり野鳥日記 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.