カモ目カモ科

張碓のシノリガモ

投稿日:

先日アオバト狙いで、写真仲間と張碓へ行って来ました。
海岸で待つこと2時間とちょっと。
1度だけ遠くでアーオー、アーオーという鳴き声を聞いたけれど、
さっぱり姿は見えず。
惨敗です。
この日確認できた野鳥は、
岸壁で子育てをしていたオオセグロカモメと
ウミウ、ハクセキレイ‥
それに、アマツバメだけでした。
 まぁ、こういう日もあるさ‥と、帰り支度をしていたら‥
あれ?
もしかして、あれは‥シノリガモじゃ‥。
夏の海にもシノリガモっていたっけ?
とりあえず、写真を撮っておこう~。

 羽づくろい
ぼんやり
 かきかきかき‥
ぼんやり
羽づくろい 
パタ‥
パタ‥
パタ‥
家に戻って調べてみたら
シノリガモのほとんどは、夏 アラスカやシベリア(東部)へ
繁殖のために渡って行くそうです。
少数が北日本で繁殖するようですが、
繁殖地は海でなく内陸の森の渓流だとか‥。
じゃあやっぱり、この時期海で見たシノリガモって珍しかったのか‥な?

-カモ目カモ科

Copyright© おまさのこっそり野鳥日記 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.