スズメ目アトリ科

ここにもウソがいた!

投稿日:

久しぶりに晴れたので、
散歩がてら 近所の公園に出かけてきました。
日中も気温が上がらず、ご近所の窓には 霜の花がきれいに咲いていました。
( 許可を得て写真を撮らせて頂きました。)
 公園に入ってすぐにカラとシマエナガの混群が現れましたが、
あっという間に飛び去ってしまい眺めるだけ。
ヒヨドリやアカゲラ、ハクセキレイなども見かけましたが、出方はポツポツでした。
「今日は野鳥、少ないなぁ。」と思いながら歩いていると‥
足元に小鳥の羽が散乱していました。
襲われて間がないと思われる羽の付け根には、鮮血が付着していました。
襲われたのはスズメで、襲ったのはハイタカ?オオタカ?
キョロキョロと周りを見渡しましたが、既に辺りには野鳥の気配ゼロでした。
帰り道、1羽のウソ(オス)を見つけました。
よほど桜の花芽が気に入っているのか、
私を気にする様子もなく 黙々と新芽を食べ続けるウソ。
 春の桜の花つきはどうだろうと
ちょっぴり不安になりましたが、1羽だけだし大丈夫だよね。
今季、ウソはよく見ますが
この公園でウソを見たのは何年かぶりでした。
この調子でキレンジャクやイスカにもお目にかかれるといいなぁ‥。

-スズメ目アトリ科

Copyright© おまさのこっそり野鳥日記 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.