スズメ目アトリ科 スズメ目シジュウカラ科 スズメ目スズメ科

巣立ち雛

投稿日:2014年6月2日 更新日:

 ウトナイ湖の道の駅で買った巣箱のキット。

思いの外、組み立てるのに手こずりました。

雪の残る早春、庭のカエデにかけてみました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

晩春になって、巣材を運んでいるシジュウカラを見るようになりました。

庭仕事で鉢合わせすると、「ジージージー!」と叱られます。

そのうち虫を咥えた姿を見るようになりました。

シジュウカラ  スズメ目 シジュウカラ科

シジュウカラ  スズメ目 シジュウカラ科

ヒナが孵ってしばらくは、巣箱は静かでした。

やがて親鳥が巣箱に入る度、細い鳴き声が聞こえるようになりました。

鳴き声は徐々に力強くなっていきました。

※※※ ※※※ ※※※

最近になって何度か大騒動がありました。

巣の近くでカワラヒワが騒いでいます。

カワラヒワ

カワラヒワ    スズメ目 アトリ科

スズメも大きな声で騒いでいます。

シジュウカラの親鳥は、ヒステリックに鳴き続けていました。

あっ、カラス!

ハシボソガラスが庭を、バサバサと飛んで行くのが見えました。

親鳥は大変です。

スズメ   スズメ目 スズメ科

スズメ   スズメ目 スズメ科

小さな巣箱の鳴き声は、日に日に大きくなっていきます。

巣立ちも近いな‥。

※※※ ※※※ ※※※

今日、鳥見から戻って着替えていたら、玄関のチャイムが鳴りました。

「シジュウカラのヒナが、ウチの梅の木にとまっているみたいなの。どうも巣立ったみたい。」

と、隣の奥さん。

慌ててカメラ持参でお隣へ走りました。

ヒナは既に 梅の木から網戸や窓枠、電線に移動していました。

1、2、3、4、5、6。

巣立ったヒナは全部で6羽。

残念ながら背景は網戸になってしまったけれど、

巣箱から飛び出す瞬間は見逃してしまったけれど、

ぽわぽわのちびっこは文句なく可愛いかったです。

シジュウカラ

シジュウカラ (巣立ち雛)  スズメ目 シジュウカラ科

シジュウカラ 

シジュウカラ (巣立ち雛)

シジュウカラ

シジュウカラ (巣立ち雛)

シジュウカラ

シジュウカラ (巣立ち雛)

シジュウカラ

シジュウカラ (巣立ち雛)

それにしてもご近所ってありがたい。

巣立ちを知らせてくれたお隣さんに、心から「ありがとう」です。

撮影日  2014/6/2  ・  撮影場所  恵庭市

-スズメ目アトリ科, スズメ目シジュウカラ科, スズメ目スズメ科

Copyright© おまさのこっそり野鳥日記 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.