スズメ目ヒタキ科

ヒヨドリの子

投稿日:2014年7月29日 更新日:

雨の降る前日だったから、先週の木曜日かな。

放置していたランブラーローズのシュートを切り落としていたら、

ヒヨドリの雛がこっちに向かって飛んで来ます。

余裕もなにもない、必死の飛行です。

きっと巣立ったばかりの雛なのでしょう。

目と鼻の先のユーパトリウム(草丈2m)の中に、バサバサと落ちました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

上手く飛べないせいなのか、人に対する警戒心が薄いせいか、

雛はじっとして飛び立つ様子がありません。

夕方の7時前。 もう写真は無理かも‥。

そう思いながら、カメラを取りに家に戻りました。

数分後、庭に雛の姿は見当たりませんでした。

そうだよな‥。

と次の瞬間、黒い塊がこちらに向かって飛んで来ました。

ヒヨドリの雛です。

私のそばをすり抜け窓枠に向かいましたが、着地失敗。

真下のペンステモンの花茎にとまりました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

尾羽が短いですね。

あどけない顔というより、どちらかというと新生児のようなシワシワ顔に見えます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ゆらりゆらりと揺れる茎の上に、しばらく身を任せていました。

こちらは翌日のヒヨドリの雛。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

この辺にはカラスが多いから、この飛び方じゃ危なくてしようがありません。

巣立ち、早すぎたんじゃないの。

ヒヨドリの雛を見る度、いつもそんなふうに思ってしまいます。

撮影日  2014/7/24  ・  撮影場所  恵庭市

-スズメ目ヒタキ科

Copyright© おまさのこっそり野鳥日記 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.