恵み野中央公園 晩夏編

今日もまずまずの良いお天気でした。
暑くなる前に、近くの公園へてくてく。
ハマナスの実が、真っ赤になっていました。
夏もそろそろ終わりかな‥。
今日は、池に何もいないなぁ。

な~んて思っていたら、
10分ほどでカワセミがビューンと飛んできてくれました。

うわぁ~、お胸がくすんでいる。

あんよも黒ずんでいる。
どこから見ても、ちびっこですね。

こちらは、コサメビタキ。
何故か毎年この時期になると、公園に現れます。

まあるいお目目が かわいいね!

うじゃうじゃ居たハクセキレイは、すっかり数が減ってしまいました。
お前は、ここに残るつもりなの?

そして、宿敵スズメバチ。
最近TVで「恵庭にスズメバチが大発生!」
といった内容のニュースが流れていました。

皆様、くれぐれもスズメバチにご用心のほどを‥。
っていうか、気を付けるの自分でした。

アオバト

アオバト狙いで、小樽の張碓海岸に行ってまいりました。

着いて間もなく雷雨に見舞われ、40分ほど雨宿り。
天候の回復を待って、再びアオバトを待ちました。


線路の裏手にある山から、時折聞こえてくるアオバトの鳴き声。
でも、姿はなかなか見えません。
2度ほど数羽が線路近くまで飛んできましたが、
海までやって来ることはありませんでした。

今日は来ないのかもしれない‥。

半ば諦めかけたとき、突然アオバトの群れが背後からやって来ました。

50羽近くの美しい緑の鳥が、私のすぐそばをすり抜けて行きます。
距離にして4~5mくらいでしょうか。
大きな羽音を立て飛んでいくアオバトの群れを見送りながら、
言葉にできないような感動で ざわざわと鳥肌が立ちました。


海水を飲むアオバト。

こうして、頭を海の中に沈めてしまうのですね。
ずいぶんダイナミックな飲み方だなぁ。

この日岩の上に降りて海水を飲んだアオバトは、わずかでした。
岩に降りるまで、できるだけ刺激しないように
忍法「死んだふり」を使っていたのに効果がなかったようです。
おかげで飛んでいるまともな写真もゼロ。
これは、リベンジをせねば!
密かに決意を固めるおまさなのでした。

カワセミ

 
今日は久しぶりに平岡公園へ。

最近は2度ほど空振りだったので、
「どうかなぁ‥。」と思いながら出かけたのだけれど
現地に着いた時にちょうどカワセミが出ていて、テンションはマックスに!

使い慣れない新しいカメラ。
あ~でもない、こ~でもないと いじくりながら
現れたカワセミをカメラに収める。

下の写真は、近くの木の枝にとまってくれた時のもの。
背景は申し分なかったけれど、
ちょっと顔が暗くなってしまった。

何度もダイブしてくれたのに、まともな写真はゼロ。
う~ん、悔しい‥。

諦めずに、練習、練習!
頑張るぞ~!

精進しなくっちゃ! カワセミ&ヤマセミ

今日は久しぶりに良いお天気。
昨日届いたカメラとレンズを試すには
絶好のコンディションです。

実は昨晩の天気予報を見て、
今日は早朝から鳥見に行くぞ~!と決めていました。
で‥午前2時前には目が覚めてしまった私。
いくらなんでもまだ暗い‥。
明るくなるのを待って、一式持ってお出かけです。

まずはカエデをパシャ!

続いて、セリ科らしき植物をパシャ!

カメラはオリンパスE5。
レンズは、ZUIKO DIGITAL ED150mm F2.0。
鳥見のついでに撮ったので、
どちらもテレコンEC-20を付けたままで撮りました。

フォーカスも早いし、写りもまずまずかな。

さあ、いよいよ次は鳥さん。
ターゲットは、数日前からその姿を確認していたカワセミ夫人です。

後姿だけれど、とりあえずパシャ!

あっ、逃げた。
青い羽根がキレイだなぁ‥。
   
こんどは横顔を‥パシャ!


カワセミは10mから20mくらいの距離で撮りました。
写真はいずれもトリミングしています。

E520とED70-300mmF4.0-5.6で撮ったものと比べると、
羽根の鮮明さがやっぱり違うと感じました。
2倍のテレコンをつけても、AFが遅いと感じることもなくてホッ‥。

カワセミが出てきてくれたことに気を良くし、
久しぶりに漁川上流にも行ってみました。

お~、ヤマセミだぁ。
でも、こちらはとにかく遠い‥。
撮った写真のほとんどは、ちょっと残念な出来でした。
比較的近くで撮れた写真が下の写真ですが、背景が‥こんなです。

ここにもカワセミがいて、ロープにちょこんと とまってくれました。

写真は全て E5+ED150mmF2.0+EC-20 で撮りました。

早く機材の扱いに慣れて、もう少し良い写真が撮れるように頑張ります ♪
それまでカワセミさんやヤマセミさん、居てくれるといいなぁ‥。

鳥さんが撮れない

鳥見には厳しい季節。
暑さに負けずフィールドを歩いても、なかなか思うように野鳥に出会えません。
そんな中元気な姿を見せてくれるのが、小さな虫さん達です。
カラスアゲハや
  
カマキリの子
お~い、こっち向いてよ~!
オニヤンマのメスに‥(間違っていたらごめんなさい)
クジャクチョウや
セミの抜け殻‥。
キアゲハに
ひょうもんチョウの仲間
それから、大きな蜘蛛さん。
みんな暑い夏を喜んでいるように見えます。
タフだなぁ~。

鳥はというと‥
家に来たハクセキレイのチビちゃんくらい。
(窓越しに、さわらと鳥見中に撮りました。)

 もう少し涼しくなれば、鳥も人間も元気になれるんだけどな‥。
あと少しの辛抱かな。

お腹すいた!

ずいぶん更新が遅れましたが、
望岳台で撮ったナキウサギの続編を‥。
今回はモグモグ編。
初めて見た生の食事風景は、予想通りのかわいらしさでした。
 
岩についた苔を舐めたり

可憐なイワブクロの花をパクリと食べたり
 
草をモグモグ食べたりと、
ナキウサギの食欲はかなりのものでした。
 
↓ ナマズのヒゲみたい‥。
憧れの紋次郎風
 
長い草も‥。
あっという間に平らげちゃいます!
おとぼけ顔のナキウサギ。

下は、親ナキウサギ。
さすが、食べっぷりが違いますねぇ。
夏に出会った、ナキウサギ親子。 
お食事中、どうもお邪魔致しました。

ナキウサギ その2

前回に引き続き、ナキウサギ特集です。
今回は、面白い仕草を集めてみました。

寝床から出てきたちびっこナキウサギ。
岩の上で休憩かと思ったら‥

いきなり、ビロ~ン!


足を踏ん張って~!
  

変~身!ダンゴムシ~!
 

おいしょ!
 
まん丸で~す ♪
 
そして、時には物思いに耽るのでした。

次回は、モグモグタイムの様子を掲載予定で~す。

ナキウサギ その1

あ~、久しぶりの望岳台。

写真仲間の皆さんからの、「行くかぁ?」のお誘いに
「是非に!」と後をついてまいりました。
           

この日のお天気は薄曇り。
ガレ場のあちらこちらに咲く薄紫色の花が、とても美しく見えました。

   
ナキウサギの出も まずまずで、
幸運にもナキウサギ親子に出会うことができました。
時々「ピチィ~!」と鳴きあう姿が見られ、思わずデレデレに‥。
ちなみに上5枚がちびっこ、下2枚が親です。(多分)
 

先ほどの美しい野草の話の続き‥
  
現場にいたカメラマンが、「これはイワブクロです。」と教えてくれました。
家に戻って野草図鑑を調べたら、学名にペンステモンの文字が。
なるほど‥そう言われてみれば確かにペンステモンの花によく似ていると納得。
で、ペンステモンを調べたら、「オオバコ科・イワブクロ属」とありました。

‥ん?

‥つまりは、ペンステモンとイワブクロは仲良しってことですかね?
ごめんなさい。意味のないことをウダウダと‥。
どうもまた風邪をぶり返してしまったようです。
 
写真をたくさん撮ったので、数回に分けて掲載します。
次は‥仕草編ってところかな‥。