ハマシギ

ハマシギです

鵡川漁港でヒドリガモと一緒にいるときは

ずいぶんなおチビちゃんと思っていたけれど

トウネンの中に混じっていると 立派に見えるから不思議です

ハマシギ  チドリ目 シギ科

海岸近くの水たまりで 食事をしたり

ハマシギ

トウネンと一緒に水浴びをしたり

ハマシギ ・ トウネン

バシャバシャバシャ!

ハマシギ ・ トウネン

バシャバシャ!

ハマシギ

ブルブルブル

ハマシギ

パタパタ

ハマシギ

カキカキ

ハマシギ

ぺこり

ハマシギ

見ているだけで なんだかとっても癒されました

ハマシギさん ありがとう

いい旅をね

撮影日 2017/9/3 ・ 撮影地 石狩市

アカエリヒレアシシギ

久しぶりのアカエリヒレアシシギです

夏も終わり トレードマークの「アカエリ」は見当たらず

足指についた「ヒレアシ」も 残念ながら水の中‥

それでも針のような細くて黒いくちばしは健在で

長距離を飛ぶにふさわしく 羽もりっぱなものでした

この個体は 目の周りの黒斑がくっきり

羽に色味が少ないので幼鳥かとも思いましたが

今ひとつ自信がありません

アカエリヒレアシシギ

キリッ!

アカエリヒレアシシギ

こちらは 夏羽から冬羽に換毛中の成鳥

アカエリヒレアシシギ

2羽 仲良く並んで まったり

アカエリヒレアシシギ

体長20弱の小さなアカエリヒレアシシギ

長い旅になるのだろうけど 気を付けて

また春に きっと元気な姿を見せておくれ

撮影日 2017/9/3 ・ 撮影地 石狩市

キリアイ

トウネンより ちょっぴり大きなキリアイ

長いくちばしの先端が少し下がり

白い眉斑が眼の前方で2本に分かれるのが特徴のようです

後になって それほど渡来数が多くないと知り

幸運だったんだと にんまり

少数派のキリアイちゃん

このときは さして人を気にする様子もなく

そばでバシャバシャと水浴びをしてくれました

キリアイ  チドリ目 シギ科

背中のV字 真っ白でした

もしかしたら幼鳥だったのかな

あ~ さっぱりした

トウネンの群れに混じっていた 1羽のキリアイ

越冬地は東南アジアとか

無事に渡れるよう祈っているよ

撮影日 2017/9/3 ・ 撮影場所 石狩市

ヨーロッパトウネン

そこにいるのがヨーロッパトウネンです

指し示された指の先を見ると トウネンのそっくりさんが1羽

よく見れば 確かに背中に白いV字が見えるから

それに違いはないのだろうけれど

いや~ 難しい

とても1人じゃ見つけられなかったな

ヨーロッパトウネン チドリ目 シギ科

近くには普通のトウネンが20羽ほどいて

よそ見をしていると ターゲットをすぐに見失ってしまいす

( ちなみに下の2枚はトウネン)

トウネン

特にトウネンの幼鳥は紛らわしくて‥

あれかな? これかな?

なんて言いながら

見当違いの個体にレンズを向けていたら

トウネン(幼鳥)

あっちにいるのが ヨロネンですよ

と 先ほどの親切なお兄さん

しかし ほんとうに識別難しいですね と私

僕は昨日 1人で30分も ただのトウネンを撮ってました(笑)

そうか

みんな苦労しているんだ

ヨーロッパトウネン

海辺では仲良しだったシギ達も

限られた餌場(水たまり)では 小競り合い頻発

それはそれで微笑ましかったですけどね

私の見たところでは

ハマシギ > ヨーロッパトウネン > トウネン  の力関係

ヨウロッパトウネン

寄ってくるトウネンを蹴散らしていたヨロネンも

ヨーロッパトウネン

ハマシギには敵わず

ヨウロッパトウネン ・ ハマシギ

この後 水たまりを追いだされていました

ヨーロッパトウネン ・ ハマシギ

スタコラ

ヨーロッパトウネン

サッサ

ヨーロッパトウネン

ヨーロッパトウネン

迷鳥のヨーロッパトウネン

久しぶりに初めての鳥に出会え 嬉しかったぁ

現場でお世話になった皆様 ホントにホントに

ありがとうございました

撮影日2017/9/3 ・ 撮影地 石狩市

キョウジョシギ

尻切れトンボになっていた 石狩のシギ

今回が最終回です

最後を飾るのは 2羽のキョウジョシギ

餌探しに夢中のようで

カメラを気にせず 一心不乱に土をほじくり返していました

キョウジョシギ  チドリ目 シギ科

ちょっと休憩

さあ また餌探しだ

みずたまりを ちゃぷちゃぷ

争いごとの少ないシギ

姿形が違っても 誰とでもすぐに仲良くなっちゃうし

ちょこちょこと走る姿は可愛いし

ホントに愛すべき鳥だなぁ って思っちゃう

癒されましたよ 今回も

シギさん ありがとう

撮影日 2017/8/27 ・ 撮影地 石狩市

トウネン・ソリハシシギ

水たまりに 小鳥が集まっています

トウネンの群れです

ちなみに背景の黄色い花は オオハンゴンソウ

旺盛な繁殖力が仇となり 特定外来生物に指定されていますが

花はルドベキアに似ていて なかなかきれいです

在来種を脅かさずにすめば 駆除されることもないだろうに‥

失礼 話しがそれました

トウネンの数は全部で20羽ほど

トウネン

陽だまりの中 のどかですねぇ

トウネン

水浴びが始まりました

ポンコツ写真ですが

左から ハマシギ1羽 トウネン3羽 キョウジョシギ1羽

トウネン1羽が写っています

ハマシギ ・ トウネン ・ キョウジョシギ

こちらは泥の上で休む小さなシギさん達

みんなトウネンかと思ったら

ハマシギ ・ トウネン

手前は夏羽のハマシギでした

ハマシギ(夏羽)

くちばしを隠してうずくまっていると ホントわかんないです

ハマシギ(夏羽)

海の上を 風の中を 飛ぶトウネン

気持ち良さそうー

トウネン  チドリ目 シギ科

たそがれて

忙しそうに走っているのは

ソリハシシギです

ソリハシシギ

それにしても 見事に反っていますねぇ

ソリハシシギ

撮影日 2017/8/27 ・ 撮影地 石狩市

※※※ ※※※ ※※※

ブログ更新中に 携帯から聞き慣れない音が聞こえてきました

Jアラートです

画面には

北朝鮮からミサイルが発射された模様です

頑丈な建物や地下に避難して下さい

とあって 絶句

とりあえず 更新を中断して

猫を抱き上げ TVの前でオロオロしていたら

再び Jアラート

先程 この地域の上空をミサイルが通過した模様です

とのエリアメールが配信されました

一応 ホッ‥

でも こんなの嫌だなぁ

オバシギ

久しぶりに ちゃんとした鳥見をしました

ターゲットは シギ チドリ

撮影場所は石狩方面です

写真の出来はともかく

とりあえず何種類かのシギに会えたので 順次紹介していきますね

初回に登場するのは

シベリアからやってきた 旅鳥のオバシギ

オバシギ  チドリ目 シギ科

体長 30cm 弱のがっしり体型のオバシギ

身体の大きさに対して足は短めで

なんだか親近感がわくわ~

ちなみに左後方にぼんやりと写っているのは ソリハシシギです

餌を食べるのに夢中のシギ達

しゃがみ込んでじっとしていたら どんどん近づいて来て

こんな具合に

一人ぼっちのオバシギは くっつき虫

どこに行くのも みんなと(トウネン)一緒です

オバシギ ・ トウネン

もっと 光を‥

2倍の身長差

まるで引率の先生ですね

トウネン ・ オバシギ

さしずめこちらは お母さんと幼児

オバシギ ・ トウネン

種を超えて仲良しのシギ達を見ていると

いつもほっこりした気持ちになります

写真をいっぱい撮らせてくれて

ありがとうー みんな!

撮影日 2017/8/27 ・ 撮影場所 石狩市

ハマシギがいっぱい

道内でも一部は越冬するそうだけど

大抵は旅鳥扱いのハマシギ

真冬になっても

三番瀬には ちゃんとおりました

ハマシギ  チドリ目 シギ科

ハマシギ  チドリ目 シギ科

1羽?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

2羽?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

いいえ もっと

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

もっと

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

もっと!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

撮影日 2017/1/28 ・ 撮影地 千葉県

ハマシギ

ありふれた鳥だけど

鵡川漁港でハマシギを見つけると いつも嬉しくなる

常連さんのヒドリガモに混じって 波打ち際をちょこまかと歩く

3年くらい前までは ここでよくコクガンを見たけれど

最近はさっぱり

どうしているんだろうね あの子達

ハマシギ  チドリ目 シギ科

ハマシギ  チドリ目 シギ科

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

おまえ 今日は1羽なんだね

風が冷たいね

撮影日 2016/11/29 ・ 撮影地 むかわ町

アメリカウズラシギ

このところ ちょこちょこ鳥見に出かけて

写真はたまる一方なのだれけど

なんやかんやあって思うようにブログの更新ができません

で とりあえず今回は 先日調整池で撮った野鳥の写真を

まとめて出すことにしました

まずはアメリカウズラシギ

なかなか見ることのできない稀な旅鳥だそうです

何も知らないで写真を撮っていたら

隣で双眼鏡を覗いていたバードウッチャーさんが

「 あれは アメリカウズラシギよ 」 と教えてくださいました

このアメリカウズラシギさん スターという自覚はないようで

一回り小さなトウネン達と一緒に ガツガツと餌を食べていました

アメリカウズラシギ  チドリ目 シギ科

アメリカウズラシギ  チドリ目 シギ科

ちなみに一緒に餌を食べていたのは

トウネンによく似たヒバリシギと

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ヒバリシギ  チドリ目 シギ科

ヒバリシギ

ヒバリシギ

トウネンと

( 過去の写真から)

トウネン  チドリ目 シギ科

トウネン  チドリ目 シギ科

前回アップしたオジロトウネンです

オジロトウネン チドリ目 シギ科

オジロトウネン チドリ目 シギ科

調整池には他にも

左足を痛めたオグロシギや

オグロシギ  チドリ目 シギ科

オグロシギ  チドリ目 シギ科

オグロシギ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

アオサギと豆粒のツルシギ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

それに 石像のようなヘラサギ

ヘラサギ  ペリカン目 トキ科

ヘラサギ  ペリカン目 トキ科

タカブシギや コアオアシシギなどがおりました

鳥見中に1度ハヤブサが飛んだのですが

その時のシギ達の慌てぶりといったら 見ていて気の毒なくらいでしたよ

タカブシギは 猛ダッシュ!

タカグシギ  チドリ目 シギ科

タカグシギ  チドリ目 シギ科

ハヤブサが飛び去ったあとも

しばらくこの場所を離れることができませんでした

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

みんな生きることに一生懸命です

ガンバ~~!

撮影日 2016/9/19 ・ 撮影場所 いしかり調整池