未分類

ダイサギ

投稿日:

昨日行った苫小牧の研究林。
あまり珍しい鳥を見つけることはできませんでしたが
カラ類以外にもいろいろ居ました。
 まずは ツグミ
久々のダイサギ
のんびりと羽づくろいをしていました。
小魚を咥えているのかと思いましたが、よく見ると自分の足でした。
身だしなみは、大事よね。
池の縁にある木に もたれかかってダイサギの写真を撮っていたら、
すぐそばにホオジロガモのメスが居ました。
どうも私に気づいていないようです。
これはチャンスと思いましたが、
近くて動き回る被写体って思いの外フォーカスしにくいものなんですね。
なんとか使えそうな写真は、たった2枚でした。(涙)
ホオジロガモ(メス)
 こちらは奥の池に居たホオジロガモのオス。
1羽だけで泳いでいました。
他にも オジロワシ、ウソ、キバシリ、コゲラ、シマエナガ、ヒヨドリ、マガモ、オナガガモ
シジュウカラ、ハシブトガラ、ヤマガラ、ゴジュウカラ、ヒガラなどが居ました。
聞き慣れない鳴き声も聞こえてきてテンションが上がりましたが、
残念ながら姿を見つけることができませんでした。
またお天気のいい日に、のんびりと森を散策しよう。
そんなふうに思える心地よい研究林でした。

-未分類

Copyright© おまさのこっそり野鳥日記 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.