カモ目カモ科

渡り鳥のこと

投稿日:

 

きのうの長都沼は閑散としていました

カモも ヒシクイも マガンも コハクチョウも オオハクチョウも ダイサギやアオサギも

まったく姿が見えません

いったいどこへ行ってしまったんでしょうか

 

というわけで 舞鶴遊水地へ移動

おぉ いたいた

コハクチョウやオナガガモの姿こそ見えませんが

カモやオオハクチョウ それにヒシクイ サギ類はいました

 

下の写真はミコアイサのオスです

この日はオスメス合わせて 20羽くらいはいたでしょうか

北へ渡る前に集結しているのかもしれませんね

ミコアイサ(オス)

他にも ヨシガモ ヒドリガモ アメリカヒドリ コガモ ホシハジロ キンクロハジロ カルガモ マガモ

と 数はそれほどでもありませんでしたが多彩な顔触れのカモ類でした

 

こちらは 恵庭岳を背景に飛ぶ オオハクチョウ

 

ノスリ

 

夕張岳もきれいでした

 

 

さて ここからは日を遡って‥

そのうちアップしようと思いながら出しそびれていた写真を 一挙公開です

 

3/9 長都沼

この頃 沼の朝晩は渡り鳥でひしめき合っていました

 

コハクチョウ

オオヒシクイ ・ ハクガン

 

3/18 舞鶴遊水地

オナガガモ

 

3/19 舞鶴遊水地周辺

この日は強風の吹き荒れる日でしたが おかげでハクチョウの正面顔が撮れました

向かい風で こちらに向かってくるのもゆっくりです

 

ハクチョウさん がんばれ~

 

ふわりとソフトランディングのオオハクチョウ

 

シジュウカラガン

 

とりあえずこれで たまった写真のアップは一段落

皆さまには まとまりのないブログに最後までお付き合いさせることになり申し訳ありません

以後 気をつけます

えへっ

 

 

-カモ目カモ科
-, , ,

Copyright© おまさのこっそり野鳥日記 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.