カモ目カモ科

ヨシガモ

投稿日:

ヨシガモを初めて公園(恵み野中央公園)で見たのは、
今年の5月7日でした。
このヨシガモ、右羽が傷んでいて飛ぶことができません。
冬の完全結氷までに傷が癒えるだろうか‥。
心配ですが、見守るしかありません。
撮影日 5/14

正面から見ると
右羽が傷んで、だらりと垂れ下がっているのが分かります。

下の写真は8月になって撮ったものです。
冬羽(非繁殖羽)に換毛中で、
同じ鳥とは思えない外観になっていましたが
垂れ下がっていた右の羽は 、いくらか良くなっているようにも見えました。
撮影日 8/7

この写真は、今からひと月前に撮りました。
換毛が完了し、冬羽になっています。

撮影日 9/10

羽を広げました。

さぁ、どうだ?

‥ダメです。右の羽は傷んだまま。
これじゃあ、まともに飛べそうにありません。

そして、4日ほど前(10/3)。

閑散としていた池は、カルガモの群れで賑わっていました。
ヨシガモを探しますが、姿がありません。
手前に写っているのは、マガモとカルガモの混血ハイブリッドガモです。
もしかして、飛んで行った?
期待と不安の入り混じった落ち着かない気持ちで、
慎重に池を探しました。
いました‥。
カルガモの群れに混じって、羽を休めています。
くちばしを背中に埋めて、すっかりリラックスした様子です。(写真左)
カルガモ達が水の中に入ると‥

ヨシガモも後に続きます。

仲間ができて嬉しそうに見えるのは
私の勝手な思い込みかもしれませんが、
それは とても長閑で平和な光景に見えました。

あっ、羽ばたいた。

祈るような気持ちで写真を確認しましたが、
右羽は傷んだままでした。
完全結氷までに飛べるようになる見込みは、
残念ながらが なさそうです。

撮影日   2013/5~10
撮影場所   恵庭市

-カモ目カモ科

Copyright© おまさのこっそり野鳥日記 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.