宮島沼へ

沼のほとんどが結氷したままだというのに

既に宮島沼周辺の畑には

数え切れないほどのマガンやハクチョウで賑わっていました

マガン  カモ目 カモ科

なにかの拍子に それが一斉に飛び立ちます

マガン

こちらは雪山とハクチョウ

白と白の取り合わせって 優雅ですね

ハクチョウ

雪どけの進んだ畑には

マガン

マガンやハクチョウの他にも

シジュウカラガンの姿が確認できました

マガン ・ シジュウカラガン

間もなく訪れる 宮島沼の沼開け

宮島沼

楽しみです

撮影日 2018/4/10 ・ 撮影地 美唄市








渡り鳥 舞鶴遊水地

一昨日 舞鶴遊水地にいたオナガガモの大群です

これだけの数だと 迫力満点ですね

オナガガモ

群れには ポツリポツリとヒドリガモも混じっていました

オナガガモ

よし次は ハクチョウとマガン ヒシクイだ! と

張り切って土手を走りましたが

どこに行ってしまったのか ハクチョウ達の姿は まったくなし

それじゃあと 長都沼に寄ってみましたが

いたのはヒシクイだけ(150羽程度)でした

ヒシクイ  カモ目 カモ科

ヒシクイ

あとは アオサギとダイサギがちらほら

アオサギ  ペリカン目 サギ科

そうそう

上空を通過したマガンの群れに

シジュウカラガンが6羽ほど混じっていました

(ポンコツ写真で恥ずかしいのですが)

マガン・シジュウカラガン

長都沼周辺の畑は いつ行っても閑散としています

ハクチョウさんやマガンさん達は

いったいどこでご飯を食べているのでしょう

寂しい~

撮影日 2018/3/27 ・ 撮影地 長沼

渡りの季節

渡りの季節がやってきました

オオハクチョウ に コハクチョウ マガン に ヒシクイ

北に戻る前にひと休みです

オオハクチョウ  カモ目カモ科

こちらはヒシクイとマガン

風よけになってくれたヒシクイさんに 感謝ですね

ヒシクイ・マガン  カモ目 カモ科

恵庭岳を背景に

恵庭岳

こんな美しい鳥を 間近に見られるなんて

誰かにお礼しなきゃいけない気分です

ハクチョウさん マガンさん ヒシクイさん

長旅に備えて たっぷり食べて ゆっくり休んで

十分な体力をつけてくださいね

写真を撮らせてくれて ありがとう

撮影日 2018/3/21 ・ 撮影地 長沼

ハクチョウ

みにくいアヒルの子は ほんとうはハクチョウであった

というけれど ハクチョウの子は とても美しくて

みにくいという印象から かけ離れています

ヒナのから成鳥間近の時まで一貫して美しい

そんな印象です

オオハクチョウ 幼鳥

今季はあまりハクチョウを見ていません

長都沼に飛来するハクチョウの数が格段に減った気がするのは

私だけでしょうか

寂しい限りです

撮影日 2017/12/30 ・ 撮影地 千歳市

川霧

明けましておめでとうございます

2018年 最初に登場する鳥はマガモとオナガガモ

冷え込んだ去年の暮れに 近所の公園で撮りました

川霧を朝日が照らして それはそれは神秘的でしたよ~

マガモ ・ オナガガモ  カモ目 カモ科

こちらの2羽はオナガガモのオス

仲良く並んで お食事中です

夜が明けて 明るくなってくると

まるで温泉みたい(笑)

湯加減は どうかな?

マガモ(メス)

枝という枝に 氷の結晶

美しいですねぇ

カルガモさんや

カルガモ

ヒドリガモさん

ヒドリガモ

コガモさんに

コガモ

オナガガモ君

オナガガモ(オス)

豆粒でしたが ウソ君や

ウソ(オス)  スズメ目 アトリ科

ダイサギさんの姿も ♪

ダイサギ  ペリカン目 サギ科

 ヒヨドリ ツグミ ハシブトガラ ヤマガラ

シジュウカラ アカゲラ カワアイサ

珍しい鳥というわけではないけれど

たくさんの野鳥が憩う公園は なんとも平和で心癒されました

みんな ありがとうね~

撮影日 2017/12/31 ・ 撮影地 恵庭市

おまけ

さわら (アメショー メス 7才)

本年もよろしくお願い申し上げます

小さな池にやって来た

近所の小さな池に 今季もやって来ました

カワアイサです

カワアイサ メス  カモ目 カモ科

どちらかというと臆病なイメージがあるんだけど

何故かここではフレンドリー

しゃがみ込んでじっとしていると 向こうから近づいて来ます

そうそう 私は空気のようなもの

さあ 気にしないで

気にしないで

この日は寒い日で 池の半分が凍りついていました

残り半分に カルガモやヒドリガモ マガモ コガモの群れ

それに先ほどのカワアイサ1羽と

カルガモ  カモ目 カモ科

ハイブリッドガモ オス( マガモ × カルガモ )

ホオジロガモのつがい1組

左がオスで 右がメスです

ホオジロガモ  カモ目 カモ科

どこに行くのも一緒

ははは

くっつき虫だ

そうそう忘れるところでした

毎年冬にやって来るダイサギが1羽

ダオサギ  ペリカン目 サギ科

夢中で小魚を食べていました

池の周りから カラやヒヨドリの鳴き声が聞こえてきます

あれは アカゲラ

こっちは ツグミ  向こうのは シメ

またみんなに会えて嬉しいよ

厳しい冬だけど がんばろうね

撮影日 2017/12/9 ・ 撮影地 恵庭市

ハクチョウの季節

庭でハクチョウの群れを何組も見てはいたけれど

長都沼周辺を探しても なかなか会えず

いったい何処へ行ってしまったのだろうと 寂しく思っていましたが

この日 ようやく会えました

美しいオオハクチョウです

オオハクチョウ  カモ目 カモ科

黄葉した木々を背景に

空を背景に

こちらはオオヒシクイ

この日沼には かなりの数のオオヒシクイやマガンがいました

オオヒシクイ

周辺の農地にも

100羽~200羽ほどのハクチョウの群れがいましたが

こちらにはマガンやヒシクイの姿は見えず

あちらこちらで繰り広げられる ハクチョウの挨拶

にぎやかです

こちらは 今年生まれた若鳥

オオハクチョウ 若鳥

そしてこの子は オオハクチョウの群れに混じった コハクチョウ

コハクチョウ  カモ目 カモ科

ハクチョウに会えました

ヒシクイやマガンにも会えました

とりあえず よかったぁ

撮影日 2017/10/27日 ・ 撮影地 千歳市

オシドリ

娘の出産に合わせ ひと月ほど家を離れていました

10日ほど前に帰宅しましたが

荒れ放題の庭の手入れや雑事に追われ

未だに まともな鳥見ができずにいます

庭仕事の最中 頭上をオオハクチョウの編隊が飛んでゆくのを見て

長都沼に向かったこともありましたが

沼は閑散としており 静かなもの‥

この間 わずかに撮った鳥の写真は

近所の公園で見つけたアカゲラやダイサギと

円山のオシドリくらい

オシドリくらい と言ってはオシドリに失礼かな‥

オシドリ(オス)

オシドリ(オス)

オシドリ(オス)

こちらは一見メスに見えますが

くちばしが赤いので 多分 若鳥のオス

オシドリ(オス)

え~と こっちは‥

くちばし 微妙だなぁ

おまえは メスなの? それとも?

オシドリ

春になれば識別できるんだろうけれど

あはは

おまえを見つける術がないか‥

撮影日 2017/10/19 ・ 撮影地 札幌市

はらはら

「 3日前は 5 羽 いたんだ 」

池の縁に立った老人が 何度も何度も繰り返します

母さんカルガモに寄り添って泳いでいるのは

ぽわぽわの 2羽のヒナ

カルガモ親子  カモ目 カモ科

母さんと離れちゃダメだよ

そうそう ぴったりくっついて

くっついて

すぐそこにカラスがいるよ

2 羽じゃ危険

1 羽じゃ もっと危険

そうそう 草陰に隠れて

ぽわぽわのチビ

どうしたって肩入れしちゃう

母性本能のせいかなぁ

カラスに恨みはないんだけどね

ごめんね

撮影日 2017/6/7 ・ 撮影地 恵庭市

シマアジ

旅鳥のシマアジ

それほど数は多くありません

遊水地で 何年か前から見てはいましたが

いつも100m以上の距離の豆粒ちゃん

撮った写真は 出来損ないの証拠写真ばかりでした

昨日 ようやく

なんとかブログにアップできそうな写真が撮れたので

いくらか選んでみました

シマアジ  カモ目 カモ科

シマアジ  カモ目 カモ科

トレードマークの白い眉斑

白と黒と青灰色の 美しい肩羽

派手な色彩ではないけれど なかなかのイケメン君でしょ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こちらは つがい

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

オスはわかりやすい外観をしているけれど

メスの方は慣れないとコガモと間違えちゃいそう

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

でも よーく見ると 目の辺りとかがちょっとコガモと違います

過眼線と目の下の黒いラインが くっきり すっきり!

シマアジ(メス)

シマアジ(メス)

この写真だと大きく見えますが サイズはほとんどコガモと同じです

ハシビロガモ 斜めになっているからね

目の錯覚って怖い

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

遠くで オス集団を発見

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

どうやらまだカップリングできていないメス狙いのようです

ちなみにシマアジのメスの近くで泳いでいるのは コガモのオス

この状況だと コガモのメスだと勘違いしちゃいますよね

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

かくして1羽のメスをめぐり

4羽のオスによる熾烈な恋の戦いが繰り広げられたのでした

もてもて

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

撮影日 2017/4/25 ・ 撮影地 長沼町