ミソサザイ

鳥のさえずりが聞こえてきます

冬枯れの森に響く この声は

そう ミソサザイ

いました いました

ミソサザイ  スズメ目 ミソサザイ科

お願い 逃げないで

何もしないよ 私は木 私は草 私は空気‥

そろーり そろーり 近づいて パシャ パシャ パシャ

地味なようで 実はなかなかお洒落なミソサザイ

羽色はシックでも 模様は実に複雑で細かです

ピンと立てた尾羽

小さくて丸いボディー

つぶらな丸い瞳

うーん やっぱりめんこい

写真を撮らせてくれて ほんとうに うれしかったよ

ありがとう ミソサザイ

撮影日 2018/11/11 ・ 撮影地 苫小牧市








シルエット

立ち込める霧

早朝のウトナイ湖は神秘的です

ひょっこりと顔を出したウミウも

どことなく いつもと違う感じ

ウミウ  カツオドリ目 ウ科

湖面に上がる水しぶきの 溢れんばかりの光と

漆黒のウミウのシルエット

きれいだ

早起きは三文の得

たまには こういうのもね

撮影日 2018/11/11 ・ 撮影地 苫小牧市

クロガモ

久しぶりの鵡川漁港で クロガモに会えました

「真黒くろすけ」のオスが1羽だけかと思ったら

クロガモ(オス成鳥)

少し離れた所にメスも1羽いて

あぁ つがいだったんだ と ほっこり

クロガモ(オス幼鳥)  カモ目 カモ科

でも家に戻って 撮った写真をよく見たら

くちばしが まだらに黄色いし

ちょっと隆起もしていて‥

オスの幼鳥だったんですね この子

クロガモ(オス幼鳥)

港は ししゃも漁から戻った漁船で 活気にあふれていましたよ

カモメ達もうれしそう

港猫もうれしそう

道中 むき出しになっているサイロの骨組みや

亀裂が入ったり 陥没したりしている道路を 数え切れないほど見たけれど

通行止めになって 入れない場所もあったけれど

太平洋はとてもきれいだし

空だって文句なし

大好きなむかわ

1日も早く この傷が癒えますように

撮影日 2018/11/7 ・ 撮影場所 むかわ町

渡り鳥 ヒシクイ マガン編

ここ数年 長都沼で羽を休める雁の数が激減しました

沼の環境が変わり 渡りの中継地に適さなくなってしまったのでしょうか

それとも よりよい場所が見つかったのでしょうか

長都沼ファンの1人としては 少々寂しい思いをしています

それでも この日 沼周辺の畑には

けっこうな数の渡り鳥がいました

落雁(マガン)

恵庭岳とマガン

ヒシクイ

ヒシクイ カモ目 カモ科

こちらは マガンの群れに混じっていた1羽のハクガン

豆粒ですが 証拠写真ということで

ハクガン マガン

なにかの拍子にいっせいに飛び立つマガン ヒシクイ

マガン

マガン

マガン

いつまでも続いて欲しいなぁ この光景

撮影日 2018/10/30 ・ 撮影地 千歳 長沼








タンチョウ

あっ タンチョウだ

偶然出会った大物に ドキドキが止まらない

車で移動中 たまにこういうことがあるのだけれど

大抵そういうときにはカメラを持っていない

車を停める場所がない

でも 今回は鳥見中

カメラだってちゃんとあるし 駐車スペースも十分にある

タンチョウ  ツル目 ツル科

驚かさないように 慎重に 慎重に‥

息を止めて パシャ パシャ パシャ

大して警戒するそぶりも見せず

のんびりと餌をついばむタンチョウ

いいね いいね きれいだよ

この個体 右足に318と書かれた黄色いリングがついていた

どこからやって来たのかわからないけれど

根雪になるまでにはまだたっぷり時間がある

どうか ゆっくりしていって

写真を撮らせてくれて ありがとう

撮影日 2018/10/30

ダイサギと紅葉と

鮮やかに色づいた モミジやカエデ

よかった 間に合った

まだ散ってない

写真は 自宅から徒歩5分の所にある恵み野中央公園で

一昨日の午後 撮りました

カエデ

モミジ

ドウダンツツジ

こちらは お馴染みのダイサギ

ダイサギ  ペリカン目 サギ科

のんびりとリラックスのダイサギは

マツの上で羽繕いです

顔は向こうだけれど 羽はきれい

今日は夜明け前から嵐のような悪天候

あのダイサギはどうしているかしら

美しかったモミジやカエデは 散ってしまったかしら

カエデ

撮影日 2018/10/25 ・ 撮影地 恵庭市

ウトナイ湖

庭仕事の合間をぬって ウトナイ湖へ

渡り鳥で賑わう湖畔は 観光客でいっぱいでした

ウトナイ湖

湖面すれすれに飛ぶマガンやヒシクイの群れや

間近に見られたオオハクチョウの姿に 皆さん大満足の様子

オオハクチョウ  カモ目 カモ科

鳥獣センター近くでは コハクチョウやヒドリガモ

コハクチョウ・ヒドリガモ

それにマガンを 近くで見ることができました

マガン

※※※ ※※※ ※※※

湖岸(道の駅側)でよく見ていた

羽を損傷したオオハクチョウやヒシクイを

この日は1度も見かけませんでした

しばらく姿を見ていない 飛べないヒシクイは

今も元気でいるのでしょうか?

ホルンのような野太く低い鳴き声 あれは切なかったな

オオハクチョウ

撮影日 2018/10/21 ・ 撮影地 苫小牧市

ハロ現象とマガンとハクガンと

写真仲間の誘いで 2度目の宮島沼

前回は雨が降る中の出発にもかかわらず 夕日に恵まれたけれど

今回は晴天の予報なのに 終始どんよりと曇り空

沼に近づくにつれ雲は厚くなり

テンションは下がる一方

それでも宮島沼に向かう途中

薄曇りの中にハロ現象が確認できたのは ちょっと幸運だった

ハロ現象

現地に着いても ハロ現象はまだぼんやりと残っていて

豆粒ではあったけれど マガンの群れも飛んでくれた

ハロ現象とマガンの群れ

ハロ現象とマガンの群れ

周辺の田畑には 採餌中のマガンの群れ

マガン 幼鳥

沼のすぐ近くの畑で 豆粒ではあったけれど

ハクガンの幼鳥2羽も確認できた

ハクガン  カモ目 カモ科

これでもう少し日の光があればなぁ‥

撮影日 2018/10/5 ・ 撮影地 宮島沼

宮島沼

愛媛から遊びに来ていていた妹と姪と一緒に宮島沼へ

宮島沼

初めて見るマガンの大群と 美しい沼の景色に

「うわぁー」が止まらない妹ら

何度見ても薄れることのない感動

宮島沼は やっぱりすごい

撮影日 2018/10/3 ・ 撮影地 宮島沼

ダイサギとトンボ

久しぶりの恵み野中央公園

小さな池に ダイサギが戻って来ました

小魚を見つけてはパクリ

長閑な風景です

ダイサギ  ペリカン目 サギ科

光に透けるくちばしの なんと美しいこと

輝く純白の羽の なんと眩しいこと

君はホントに きれいだよ

ダイサギの頭の上にとまった赤とんぼ

ずいぶん呑気に見えるけれど

食われる心配はないのかしらん

緑の葉を揺らす乾いた風は 秋のそれ

落ちた松ぼっくりの上に イトトンボが1匹

えーとこれは オツネトンボ ?

オツネントンボ?

ゆっくりと進む季節の中で のんびりと日向ぼっこ

好きだな こういうの

撮影日 2018/9/21 ・ 撮影地 恵庭市