在庫から

石狩で撮ったシギの写真も底をつきました

で 今回は撮りっぱなしになっていった

トンボや身近な野鳥の写真をアップすることにしました

まずは セスジイトトンボ

8月中旬 安平町で撮りました

上がオスで 下がメスです

セスジイトトンボ

こちらも同じく8月中旬安平町で撮ったトンボ

ルリボシヤンマのメスです

ルリボシヤンマ(メス)

これは 9月1日に舞鶴遊水地で撮ったアオサギ

アオサギ  ペリカン目 サギ科

キジバトは 8月21日 近所の公園で撮りました

多分 今年生まれた若い個体だと思います

池の縁の岩を行ったり来たり

飛行練習をしているように見えました

キジバト  ハト目 ハト科

キジバト

こちらも同じ日 近所の公園で撮りました

今年生まれたハクセキレイの子です

のびのび~

ハクセキレイ  スズメ目 セキレイ科

今日は雨

窓を閉めていても 部屋の温度は20℃きっかり

カーディガンを羽織ってちょうどです

扇風機 そろそろ片づけるかな‥








ハマシギ

ハマシギです

鵡川漁港でヒドリガモと一緒にいるときは

ずいぶんなおチビちゃんと思っていたけれど

トウネンの中に混じっていると 立派に見えるから不思議です

ハマシギ  チドリ目 シギ科

海岸近くの水たまりで 食事をしたり

ハマシギ

トウネンと一緒に水浴びをしたり

ハマシギ ・ トウネン

バシャバシャバシャ!

ハマシギ ・ トウネン

バシャバシャ!

ハマシギ

ブルブルブル

ハマシギ

パタパタ

ハマシギ

カキカキ

ハマシギ

ぺこり

ハマシギ

見ているだけで なんだかとっても癒されました

ハマシギさん ありがとう

いい旅をね

撮影日 2017/9/3 ・ 撮影地 石狩市

アカエリヒレアシシギ

久しぶりのアカエリヒレアシシギです

夏も終わり トレードマークの「アカエリ」は見当たらず

足指についた「ヒレアシ」も 残念ながら水の中‥

それでも針のような細くて黒いくちばしは健在で

長距離を飛ぶにふさわしく 羽もりっぱなものでした

この個体は 目の周りの黒斑がくっきり

羽に色味が少ないので幼鳥かとも思いましたが

今ひとつ自信がありません

アカエリヒレアシシギ

キリッ!

アカエリヒレアシシギ

こちらは 夏羽から冬羽に換毛中の成鳥

アカエリヒレアシシギ

2羽 仲良く並んで まったり

アカエリヒレアシシギ

体長20弱の小さなアカエリヒレアシシギ

長い旅になるのだろうけど 気を付けて

また春に きっと元気な姿を見せておくれ

撮影日 2017/9/3 ・ 撮影地 石狩市

キリアイ

トウネンより ちょっぴり大きなキリアイ

長いくちばしの先端が少し下がり

白い眉斑が眼の前方で2本に分かれるのが特徴のようです

後になって それほど渡来数が多くないと知り

幸運だったんだと にんまり

少数派のキリアイちゃん

このときは さして人を気にする様子もなく

そばでバシャバシャと水浴びをしてくれました

キリアイ  チドリ目 シギ科

背中のV字 真っ白でした

もしかしたら幼鳥だったのかな

あ~ さっぱりした

トウネンの群れに混じっていた 1羽のキリアイ

越冬地は東南アジアとか

無事に渡れるよう祈っているよ

撮影日 2017/9/3 ・ 撮影場所 石狩市

ヨーロッパトウネン

そこにいるのがヨーロッパトウネンです

指し示された指の先を見ると トウネンのそっくりさんが1羽

よく見れば 確かに背中に白いV字が見えるから

それに違いはないのだろうけれど

いや~ 難しい

とても1人じゃ見つけられなかったな

ヨーロッパトウネン チドリ目 シギ科

近くには普通のトウネンが20羽ほどいて

よそ見をしていると ターゲットをすぐに見失ってしまいす

( ちなみに下の2枚はトウネン)

トウネン

特にトウネンの幼鳥は紛らわしくて‥

あれかな? これかな?

なんて言いながら

見当違いの個体にレンズを向けていたら

トウネン(幼鳥)

あっちにいるのが ヨロネンですよ

と 先ほどの親切なお兄さん

しかし ほんとうに識別難しいですね と私

僕は昨日 1人で30分も ただのトウネンを撮ってました(笑)

そうか

みんな苦労しているんだ

ヨーロッパトウネン

海辺では仲良しだったシギ達も

限られた餌場(水たまり)では 小競り合い頻発

それはそれで微笑ましかったですけどね

私の見たところでは

ハマシギ > ヨーロッパトウネン > トウネン  の力関係

ヨウロッパトウネン

寄ってくるトウネンを蹴散らしていたヨロネンも

ヨーロッパトウネン

ハマシギには敵わず

ヨウロッパトウネン ・ ハマシギ

この後 水たまりを追いだされていました

ヨーロッパトウネン ・ ハマシギ

スタコラ

ヨーロッパトウネン

サッサ

ヨーロッパトウネン

ヨーロッパトウネン

迷鳥のヨーロッパトウネン

久しぶりに初めての鳥に出会え 嬉しかったぁ

現場でお世話になった皆様 ホントにホントに

ありがとうございました

撮影日2017/9/3 ・ 撮影地 石狩市

一番子 二番子

日本では 晩婚化や未婚化 少子化が問題になっていますが

他の動物達はみんな 自分の子孫を残すために必死です

恵庭にやって来たバンにも また新しい命が生まれました

こちらは一番子

かなり大きくなっていますが 羽は未熟で

飛べるようになるにはまだしばらく時間がかかりそうです

バン 幼鳥  ツル目 クイナ科

それでも冬が来る前には まだ時間があるので

渡りの時には親と一緒に飛び立てるだろうけれど

心配なのは二番子

風の噂に 去年も一昨年も 二番子は渡ることができず

ここに取り残されたそうで

ようやく黒味がとれてきたばかりのチビを見ていると

行く末が案じられて気が重くなってしまいます

バン ヒナ

厳しい寒さの中

親兄弟のいないくなった池に残された子の気持ちは どんなだろう

子を残して飛び立つ親鳥の気持ちは どんなだろう

バン 親鳥

今年は二番子も一緒に渡ることができますように

どうか どうか

撮影日 2017/9/1 ・ 撮影場所 恵庭市

キョウジョシギ

尻切れトンボになっていた 石狩のシギ

今回が最終回です

最後を飾るのは 2羽のキョウジョシギ

餌探しに夢中のようで

カメラを気にせず 一心不乱に土をほじくり返していました

キョウジョシギ  チドリ目 シギ科

ちょっと休憩

さあ また餌探しだ

みずたまりを ちゃぷちゃぷ

争いごとの少ないシギ

姿形が違っても 誰とでもすぐに仲良くなっちゃうし

ちょこちょこと走る姿は可愛いし

ホントに愛すべき鳥だなぁ って思っちゃう

癒されましたよ 今回も

シギさん ありがとう

撮影日 2017/8/27 ・ 撮影地 石狩市

チゴハヤブサ

キーキーキーキーキーキー

鳥見の帰り道 偶然 聞こえてきた 大きな鳥の鳴き声

正体は 電柱にとまったチゴハヤブサでした

盛んに鳴いているのは幼鳥のようで

数本先にとまっている個体に比べると

ちょっぴり小さく ずんぐりして見えます

チゴハヤブサが複数

どうやらファミリーのようです

チゴハヤブサ(幼鳥)  ハヤブサ目 ハヤブサ科

小さくっても 飛ぶのは上手

さすが チゴハヤブサですね

こちらは 遠くの 高~いアンテナにとまっていた別個体

右が親鳥で 左が幼鳥です

親鳥が下ごしらえしたトンボを ムシャムシャ

チゴハヤブサ親子

今度は 小鳥のヒナかな

かわいそうだけど 仕方ないよね

幼鳥が小鳥を咥えて飛び立ってすぐに

(激しいピンボケですみません)

どこからともなくトビがやって来て

チゴハヤブサもやって来て

キーキーキーキー キーキーキーキー

空は まるで運動会

チゴハヤブサの剣幕にタジタジになったトビ

すごすごと立ち去り チゴハヤブサの勝ちです

ひと騒動が終わって チゴハヤブサの数を確認したら

親鳥が2羽 幼鳥が3羽 いました

思いがけずめぐり会ったチゴハヤブサファミリー

1年後 また会えるといいな

撮影日 2017/8/27 ・ 撮影地 恵庭市

トウネン・ソリハシシギ

水たまりに 小鳥が集まっています

トウネンの群れです

ちなみに背景の黄色い花は オオハンゴンソウ

旺盛な繁殖力が仇となり 特定外来生物に指定されていますが

花はルドベキアに似ていて なかなかきれいです

在来種を脅かさずにすめば 駆除されることもないだろうに‥

失礼 話しがそれました

トウネンの数は全部で20羽ほど

トウネン

陽だまりの中 のどかですねぇ

トウネン

水浴びが始まりました

ポンコツ写真ですが

左から ハマシギ1羽 トウネン3羽 キョウジョシギ1羽

トウネン1羽が写っています

ハマシギ ・ トウネン ・ キョウジョシギ

こちらは泥の上で休む小さなシギさん達

みんなトウネンかと思ったら

ハマシギ ・ トウネン

手前は夏羽のハマシギでした

ハマシギ(夏羽)

くちばしを隠してうずくまっていると ホントわかんないです

ハマシギ(夏羽)

海の上を 風の中を 飛ぶトウネン

気持ち良さそうー

トウネン  チドリ目 シギ科

たそがれて

忙しそうに走っているのは

ソリハシシギです

ソリハシシギ

それにしても 見事に反っていますねぇ

ソリハシシギ

撮影日 2017/8/27 ・ 撮影地 石狩市

※※※ ※※※ ※※※

ブログ更新中に 携帯から聞き慣れない音が聞こえてきました

Jアラートです

画面には

北朝鮮からミサイルが発射された模様です

頑丈な建物や地下に避難して下さい

とあって 絶句

とりあえず 更新を中断して

猫を抱き上げ TVの前でオロオロしていたら

再び Jアラート

先程 この地域の上空をミサイルが通過した模様です

とのエリアメールが配信されました

一応 ホッ‥

でも こんなの嫌だなぁ

オバシギ

久しぶりに ちゃんとした鳥見をしました

ターゲットは シギ チドリ

撮影場所は石狩方面です

写真の出来はともかく

とりあえず何種類かのシギに会えたので 順次紹介していきますね

初回に登場するのは

シベリアからやってきた 旅鳥のオバシギ

オバシギ  チドリ目 シギ科

体長 30cm 弱のがっしり体型のオバシギ

身体の大きさに対して足は短めで

なんだか親近感がわくわ~

ちなみに左後方にぼんやりと写っているのは ソリハシシギです

餌を食べるのに夢中のシギ達

しゃがみ込んでじっとしていたら どんどん近づいて来て

こんな具合に

一人ぼっちのオバシギは くっつき虫

どこに行くのも みんなと(トウネン)一緒です

オバシギ ・ トウネン

もっと 光を‥

2倍の身長差

まるで引率の先生ですね

トウネン ・ オバシギ

さしずめこちらは お母さんと幼児

オバシギ ・ トウネン

種を超えて仲良しのシギ達を見ていると

いつもほっこりした気持ちになります

写真をいっぱい撮らせてくれて

ありがとうー みんな!

撮影日 2017/8/27 ・ 撮影場所 石狩市